中部日本整形外科災害外科学会雑誌
Online ISSN : 1349-0885
Print ISSN : 0008-9443
ISSN-L : 0008-9443
最新号
選択された号の論文の68件中1~50を表示しています
第134回中部日本整形外科災害外科学会演題
原著
  • 射場 英明, 中西 一夫, 内野 和也, 渡辺 聖也, 三崎 孝昌, 長谷川 徹
    2020 年 63 巻 4 号 p. 511-514
    発行日: 2020/07/01
    公開日: 2020/11/05
    ジャーナル 認証あり

    【目的】今回われわれは,腰部脊柱管狭窄症に対するmicroendoscopic over the top laminoplasty(ME-OTT)において,硬膜癒着の存在を示す術前所見について検討を行った.【対象】症例は2016年以降に,内視鏡下椎弓形成術を施行された75例とした.【方法】評価項目は,年齢,罹患期間(月),画像所見(Redundant nerve root,椎間板ヘルニア,石灰化,嚢胞,術後瘢痕)とした.癒着は形状から直接型と,索状物が介在した間接型に分類し,比較検討を行った.【結果】硬膜の癒着が認められた症例は39例で,癒着の形状は,直接型が15例,間接型が24例であった.年齢では直接型群に高齢化が認められ,罹患期間(月)においては癒着群に長期化の傾向が認められた.各画像所見において42~99%に,手術歴のある症例では100%に,硬膜癒着が認められた.【結論】本検討の結果から,75歳以上の高齢者や,3年以上の罹患期間,RNR,椎間板ヘルニア等の画像所見は,硬膜癒着の可能性があり,術前計画を立てる上で参考所見となり得る.

ショートトーク1 脊椎・脊髄希少疾患
ショートトーク2 腰椎椎間板ヘルニア
一般演題1 脊椎・脊髄腫瘍
一般演題2 上位頚椎
一般演題3 頚椎椎弓形成術
一般演題4 骨粗鬆症性椎体骨折
主題1 骨粗鬆性椎体骨折に対する治療方針
一般演題5 腰椎除圧術
一般演題6 腰椎内視鏡
ショートトーク4 小児
一般演題12 小児
ショートトーク5 膝関節①
主題3 TKAにおける靱帯バランス
主題4 TKAにおける術後疼痛対策
ショートトーク7 THA
ショートトーク8 股関節①
一般演題15 THA①
一般演題18 THA②
ショートトーク9 症例報告:骨折(大腿骨)
ショートトーク10 骨折(大腿骨)
一般演題19 骨折(大腿骨頚部骨折)
一般演題20 骨折(骨盤・股関節)
一般演題21 骨折(大腿骨)
feedback
Top