土壌の物理性
Online ISSN : 2435-2497
Print ISSN : 0387-6012
89 巻
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 岡崎 正規
    2002 年 89 巻 p. 1-
    発行日: 2002年
    公開日: 2021/10/19
    ジャーナル フリー
  • Rasiah Velu, 山本 太平
    2002 年 89 巻 p. 3-13
    発行日: 2002年
    公開日: 2021/10/19
    ジャーナル フリー
    粘土分散の変化に作用する物理的•機械的なストレスは特に規模が大きく集約的な農業生産系におい て大きな持続的及び環境的問題である〇しかしながら粘土の分散はストレスが減少し最小になるか除去 されたとき安定する可能性が高い〇本研究の目的は,(i)ストレス負荷の有無のそれぞれにおいて,異な る土性の土壌における分散性粘土 (DCmax)と安定性粘土(SCmax)の可能最大量を定量すること,(ii) DCmaxおよびSCmaxに影響する固有土壌変数(S)を求めることである〇粘土分散の測定は種々の作物条 件下において6種類の土性の土壌を用いて3年間の間毎月行われた。研究に用いられた作物圃場は慣行的に耕作され,連作下のコーン(CTCC)と牧草であり,1989年に設定された。そこは実験以前10年以上CTCC条件下にあった。CTCCは負荷を加えた時のシステム,牧草は負荷を減らした時のシステムをあらわす。全粘土量(TC)が6.4〜33.8%に比べて,負荷を加えたとき土壌のDCmaxは3.2〜16.6%の範囲であった。DCmaxはTCの増加,土壌の有機物(SOM)の減少に伴って大きくなった。負荷を減らしたとき土壌のSCmaxは1.2〜4.5 %の範囲でありTC, SOM, pHの増加に伴って大きくなった。DCmaxの11〜37 %は牧草の導入でストレスが減少したとき3年間安定していた。CTCCから牧草へ切り替える時期,すなわちストレスが減少させられる時期に存在するSOMの量は同程度のTCをもつ土壌中の分散粘土の安定化に大きな役割を演じた。この結果はストレス減少後の分散粘土の安定性が分散粘土含量とSOMに左右されることを示している。
  • 岩田 幸良, 成岡 市
    2002 年 89 巻 p. 15-24
    発行日: 2002年
    公開日: 2021/10/20
    ジャーナル フリー
    Since macropores significantly influence the movement of water and air in the soil, it seems that the structure of macropores should determine the processes of drainage. A study was conducted to investigate the structure of macropores and the associated drainage process. The drainage characteristics of volcanic ash and paddy field soils were investigated, and the following results were obtained. (i) The structure of entry pores depended on the direction of sampling. We constructed a model of entry pore structure, and found that this phenomenon is thought to reflect the shape of drainage macropores, especially the joints of tubular pores that have different diameters. (ii) The results of drainage experiments using a 100 cm3 cylindrical sampler were thought to have been greatly affected by the inner wall of the sampler. Nevertheless, it could be said that wall-affected results show soil drainage characteristics better than non-wall-affected results. We constructed a model of drainable macropores structure to explain this phenomenon. The shapes of pF-distribution curves were different depending on the direction of sampling when soil was sampled using a 100 cm3 cylindrical sampler. This could be explained by assuming that large tubular pores in the network of macropores were in a vertical direction and smaller tubular pores were in a horizontal direction.
  • 亀山 幸司, 松川 進, 石田 朋靖, 加藤 秀正
    2002 年 89 巻 p. 25-33
    発行日: 2002年
    公開日: 2021/10/20
    ジャーナル フリー
    The prediction method of ion concentration in the effluent during pH 3 sulfuric acid solution permeation into the air-dried volcanic ash soil column was examined in this study. The method for prediction was composed of chemical reactions between acid solution and soil, and mixing cell model. The chemical reactions were composed of aluminum dissolution, cation exchange between dissolved aluminum and basic cations, bicarbonate formation, sulfate ion adsorption, charge valance and mass balance of sulfate ion and basic cations. Cation exchange between dissolved aluminum ion and soil bases were lumped together with the mineral weathering as acid buffering effect. Mixing cell size depends on dispersivity and that value was determined by the breakthrough curve during KC1 and pH 3 sulfuric acid solution permeation. Characteristics of the variable charge on volcanic ash soil were considered in the simulation model by applying the anion adsorption equation (Wada,1981)in which adsorbed amount of sulfate ion depends on pH and sulfate ion concentration. The simulation results agreed well with the measured values of pH, aluminum ion concentration and cumulative release of basic cations in the effluent. These represent the most serious effects of the acid deposition on the soil. Therefore, parameters used in this simulation model are useful for predicting the main effect of the acid deposition on the Kanto loam subsoil. However, it could not estimate basic cations concentration of the effluent with good accuracy. This discrepancy may reflect the assumptions that cation exchange treated as aluminum-divalent basic cation exchange, the equilibrium constant was assumed and exchange between hydrogen ion and cation was not included. Therefore, it is necessary to describe the cation exchange in more detail.
  • ディサタィポーン チャイアナム, ヤコバ カン, 三原 真智人, 安富 六郎
    2002 年 89 巻 p. 35-42
    発行日: 2002年
    公開日: 2021/10/20
    ジャーナル フリー
    東北タイのコンケン地域では土壌の塩類化が著しい。これは地下水からの塩類(NaCl)供給が原因の一つである。土壌塩類化の進行した地域において,最も自然環境に適した土壌修復と土地利用を進めるための土地分類の手法を提案した。 地下水位と塩分濃度を3年間にわたりフィールドで観測を行った結果,調査対象地域の場合,自然状態で毛管水の地表への影響を少なくするには,年平均の地下水位を2 m以深の状態に保つ必要があることを確認できた。これを基準として地下水位が塩分含量に及ぼす影響程度に応じて環境的土地分類を行い,農地としての土壌修復と土地利用の方向性について述べた。
  • ディサタポーン チャイヤナム, 成岡 市, ヤムクリー プラモート, アルニン ソムスリ
    2002 年 89 巻 p. 43-53
    発行日: 2002年
    公開日: 2021/10/20
    ジャーナル フリー
    地盤電磁誘導計(EITCM)の原理を概説するとともに,東北タイ塩性土壌地域において塩分査定に応用された実例を述べた。本論では,地形および土壌内塩分濃度分布の概要を把握する目的で,最深30mに対するEITCMの適応性について検討した。水文データおよび現在の土地利用形態に合わせて,EITCMにより得られた情報は,東北タイにおける塩性土壌管理の基礎資料として有益であることを論議した。事例研究では,Nakhonratchasima州におけるいくつかの主要な塩性土壌地域でEITCMによる測定を行い,種々検討した。その結果,塩類土壌生成過程にある塩分の源泉を見いだすことができた。本手法の応用により,標高の高い地域では,塩類土壌生成過程に対して水分供給あるいは地下水動態が重要な役割を果たしていることが明らかとなった。これについて,塩分含有量,土壌水分含有量および土壌型が基礎情報として加えられた。測定精度については,今後さらに詳細な検討が行われなければならず,とくに土壌断面における高い粘土含有量および低い水分含有量を有する地域では,慎重な考慮を要することを述べた。
  • 花山 奨
    2002 年 89 巻 p. 61
    発行日: 2002年
    公開日: 2021/10/20
    ジャーナル フリー
feedback
Top