日本神経回路学会誌
Online ISSN : 1883-0455
Print ISSN : 1340-766X
検索
OR
閲覧
検索
17 巻 , 3 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
巻頭言
解説
  • 鯉田 孝和, 小松 英彦
    17 巻 (2010) 3 号 p. 93-100
    公開日: 2010/10/21
    ジャーナル フリー
    サル下側頭皮質(TE野)からの単一ニューロン活動記録実験と行動実験を組み合わせることで,色選択ニューロンと色知覚との関係について理解が進んだ.本解説では,行動とニューロン活動の比較により定量的に明らかになった相関性,電気刺激による色判断行動への影響,判断ルールの違いによる応答の変化について紹介する.特に,ルールを切り替える認知コントロールはニューロン活動に非常に大きい影響を与えることがわかり,TE野ニューロンはこれまで知られていたよりも,より動的に情報伝達の調整を行っている可能性が示された.
    抄録全体を表示
  • 熊野 弘紀, 宇賀 貴紀
    17 巻 (2010) 3 号 p. 101-111
    公開日: 2010/10/21
    ジャーナル フリー
    Studies using single-unit recording play a significant role in understanding the neural mechanisms of higher brain function such as perception and decision-making. The middle temporal visual area (MT) contains a rich concentration of motion direction- and binocular disparity-selective neurons, along with topographic maps for these features, making it a useful model system for studying the neural mechanisms underlying visual perception and visually guided behavior. Here we review recent cutting-edge research aimed at understanding the representation and processing of visual information by MT neurons, as well as the relationship between neural activity in MT and cognitive behavior.
    抄録全体を表示
  • 高橋 宏知
    17 巻 (2010) 3 号 p. 112-123
    公開日: 2010/10/21
    ジャーナル フリー
    Heterogeneity of functional units for neural computation has been well documented at all the level of hierarchy from individual neurons to entire brain. This heterogeneity has been gained in an adaptive manner, which is far different from the design principle of artificially developed computer. In this review, we first introduce empirical proofs of multi-scale heterogeneity in the neural representation based on our information theoretical analyses in the auditory cortex of rats. Second, our decoding-based analyses investigate how various kinds of neuronal activities are orchestrated in the representation. In light of these results, we discuss about the significance of common characteristics in the sensory cortex, such as the heterogeneity, sparse coding and columnar organization, in terms of an adaptive strategy of neural representation.
    抄録全体を表示
  • 龍野 正実
    専門分野: —理論から実験にフィールドを広げた一研究者のケース・スタディ—
    17 巻 (2010) 3 号 p. 124-138
    公開日: 2010/10/21
    ジャーナル フリー
    脳は極めて多くのニューロンから構成され,ニューロンが互いに連絡を取り合いながら情報が処理される.したがって,その情報処理の原理を解明するためには,脳からできるだけ多数のニューロンを同時に記録することが重要である.自由行動中の動物からの多電極記録はこのような要請によって発展し,電気生理における標準的な手法の一つとなりつつある.一方,多電極記録により得られるスパイク列をどのように解析するかは決して簡単な問題ではない.本稿では記憶の固定化の研究を例に,著者の海外修行の体験も交えながら,多電極記録の実際とスパイク列の解析方法の一例を紹介する.
    抄録全体を表示
学会報告
連載
会報
編集後記
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top