日本神経回路学会誌
Online ISSN : 1883-0455
Print ISSN : 1340-766X
検索
OR
閲覧
検索
19 巻 , 4 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
巻頭言
論文
  • 川島 学, 島田 敬士, 長原 一, 谷口 倫一郎
    19 巻 (2012) 4 号 p. 167-174
    公開日: 2013/02/08
    ジャーナル フリー
    In this paper, we propose a new gesture recognition method which is helpful for a man-machine interface. The most of traditional methods need the whole part of a gesture sequence. Therefore, a system has to wait for the end of gesture to start the recognition process. It causes a time delay between the user's action and the machine's response. Early recognition determines the recognition result before the end of the gesture. Proposed method needs the detection of neither the beginning nor the end of the gesture by detecting the unique posture for a gesture class. In our experiment, we confirmed that the result is determined quite early with high recognition accuracy.
    抄録全体を表示
解説
  • 渡辺 英治
    19 巻 (2012) 4 号 p. 175-181
    公開日: 2013/02/08
    ジャーナル フリー
    捕食者は持てる感覚器を総動員して生き餌を識別し,そして捕獲する.その際,視覚系の情報処理機能は決定的な役割を果たしていることが多い.本稿で紹介する研究では,被食者の運動パラメータを元にして計算機モデルを合成し,それを捕食者に視覚提示することによって,捕食行動を誘引する最適視覚刺激を検討した.結果,捕食者であるメダカは被食者であるミジンコの動きから1/f揺らぎの速度分布パターンを瞬時に抽出し,これをハンティング行動に活用しているという仮説を導くことに成功した.本研究は,計算機モデルによる新しい動物行動学のスタイルを提案するものである.
    抄録全体を表示
報告
受賞概要
会報
編集後記
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top