季刊地理学
Online ISSN : 1884-1252
Print ISSN : 0916-7889
最新号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
研究ノート
  • 髙橋 未央, 小野 映介, 小岩 直人
    原稿種別: 論説
    2018 年 70 巻 3 号 p. 117-126
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/10/10
    ジャーナル フリー

    小川原湖東岸に位置する野口貝塚周辺において,地形環境の変遷を明らかにするために遺跡発掘時のトレンチ断面観察,機械ボーリングを実施し,堆積物の放射性炭素年代測定,粒度分析,珪藻分析を行った。野口貝塚の南側に位置する開析谷は,褐色と暗色を呈する砂層の互層からなる層厚約12 mの堆積物により充填される。この砂層は後氷期の海進に伴って形成された海水~汽水環境の溺れ谷に,背後の段丘崖や開析谷から間欠的にもたらされた土砂であり,その堆積は8,400~7,150 cal BPの間に急速に行われたことが明らかになった。野口貝塚周辺の人々は,縄文海進に伴って湖岸部での土砂の堆積が急速に進む環境の中で生活を営んでいたと考えられる。

教材紹介
書評・紹介/春季大会記事/学会記事
feedback
Top