原子力バックエンド研究
Online ISSN : 2186-7135
Print ISSN : 1884-7579
ISSN-L : 1343-4446
2 巻 , 1-2 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
研究論文
  • 松村 勝秀, 平井 輝幸, 北島 英明, 林 勝, 金川 裕, 谷口 俊夫, 岡本 道明
    1996 年 2 巻 1-2 号 p. 153-181
    発行日: 1996/02/01
    公開日: 2014/10/01
    ジャーナル フリー
      原子力発電所から発生する低レベル放射性廃棄物のうち、固体状の廃棄物は、気体、液体系の廃棄フィル夕、取り換え消耗器材、定期点検、改良工事に伴う各種廃材、消耗資材等からなり、その材質、構造、形態、放射性汚染条件等が広範にわたるので、一義的に定義することが難しい。これを埋設処分するためには、その発生実態、廃棄物の物理化学的特性をよく把握して、合理的に廃棄体を製作する技術の確立が必要である。ここでは、保管廃棄物の代表性を考慮した実廃棄物サンプリング調査、その分別確認試験と代表的模擬廃棄物の設定、埋設規則技術基準への適用、合理的な廃棄体形態の考え方、実大模擬廃棄体試作による製作方法の確証試験、廃棄体の非破壊放射能測定法の適用性について体系的に調査研究を実施したので、その概要を紹介する。
  • 宮川 公雄, 田中 靖治
    1996 年 2 巻 1-2 号 p. 183-197
    発行日: 1996/02/01
    公開日: 2014/10/01
    ジャーナル フリー
      クンガラウラン鉱床における地質・水理構造特性の解明に資するためにボアホールTVによる片理方向と割れ目の計測、この結果に基づいた三次元地下水流動解析を実施した。片理の方向からはサイトスケール褶曲構造が明らかとなった。この構造のトレンドは割れ目の卓越方向や割れ目の頻度分布、透水性の大きい方向と一致している。三次元地下水流動解析では片理面の垂直方向の透水性が最小となるように条件を与えた。解析結果による流向は干渉試験による透水性の大きい方向と調和的であり、褶曲構造に支配された水理地質構造モデルが検証された。
feedback
Top