獣医臨床皮膚科
Online ISSN : 1881-2236
Print ISSN : 1347-6416
ISSN-L : 1347-6416
最新号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
原著
  • 福山 泰広, 西山 優太, 上野 宥那, 依田 信一朗, 田村 咲絵, 岩田 和也, 近藤 佑衣, 川原井 晋平, 圓尾 拓也
    2022 年 28 巻 4 号 p. 199-205
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/12/15
    ジャーナル フリー

    自壊した皮膚腫瘍(出血,感染,悪臭)は局所腫瘍の進行病変で治療困難なことがある。この治療のためにカルボキシメチルセルロース(CMC)を基剤とした変更Mohsペースト(moM-CMC)1.0を作成したが,保存できないという問題があった。塩化亜鉛 5 g,蒸留水 2.5 ml,CMC 0.75 gを混合し湯煎すると糊状ゾルとなり直ちに使用可能であるとともに3ヶ月保存できた。このmoM-CMC 2.0を犬8頭,猫2頭の自壊した皮膚腫瘤に対して使用した。臨床徴候として全例で自壊に加えて悪臭があり,7頭で出血が認められた。診断は乳腺癌2頭,耳介の肥満細胞腫,口腔扁平上皮癌,皮膚扁平上皮癌,皮膚組織球肉腫が各1頭ずつ,病理検査を行なっていないものは,耳道の腫瘤2頭,乳腺腫瘤,頸部皮膚腫瘤が各1頭であった。塗布すると水分を吸収しゲルとなった。治療時間は中央値30分(幅,10–60分),回数の中央値2回(幅,1–11回),間隔は1週毎,治療期間の中央値2週間(0–20)であった。治療反応は一時的には完全奏功3頭,部分奏功1頭,安定5頭,増大1頭であった。出血は7頭中6頭で改善し,臭いも全例で改善した。合併症として潰瘍部の拡大が4頭で認められ,自傷行為が2頭で認められた。このことから合併症はあるものの保存していたもので直ちに使用が可能であり,自壊した皮膚腫瘍の緩和治療が容易になる可能性がある。

feedback
Top