堆積学研究
Online ISSN : 1882-9457
Print ISSN : 1342-310X
検索
OR
閲覧
検索
69 巻 , 2 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
カバー·ストーリー
論 説
  • アーティ トマー, 武藤 鉄司
    69 巻 (2010) 2 号 p. 63-72
    公開日: 2011/04/12
    ジャーナル フリー
    海水準上昇に対する河川デルタ系の応答様式を明らかにするための幾何モデリングと水槽実験とから,オートブレイクを伴わない海岸線自動後退過程が示唆される.陸側基盤斜面がデルタフォーセットよりも高勾配となる特殊な地形条件のもとで成長する河川デルタ系が速度一定の相対的海水準上昇を経験すると,自動後退の末に系全体が水没する瞬間を必然的に迎える(オートドロウニング).また,与えられた相対的海水準上昇速度のもとで,水没している初期堆積系のデルタ化を妨げる臨界初期水深Hcrtが存在する.当初水深H0Hcrtであれば,初期堆積系はデルタ化する瞬間を必然的に迎え(オートイマージェンス),その後オートドロウニングを経験する.堆積物供給速度と相対的海水準上昇速度の大きさはこれらの現象の生起時間やそのときの系のサイズを規定するだけであり,現象の生起それ自体には関わらないと予想される.
    抄録全体を表示
研究報告
ノート
学会参加報告
書籍紹介
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top