堆積学研究
Online ISSN : 1882-9457
Print ISSN : 1342-310X
検索
OR
閲覧
検索
73 巻 , 2 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
カバー・ストーリー
研究報告
  • 大村 亜希子, 池原 研
    73 巻 (2014) 2 号 p. 121-135
    公開日: 2015/02/24
    ジャーナル フリー
    この論文では,南海トラフ沿いの前弧海盆周辺において,海底扇状地のタービダイトを含む堆積物と海底谷から離れた海盆底のタービダイトを含まない堆積物を対象に,半遠洋性泥に含まれる有機炭素の沈積流量変化に注目して,それらの堆積場による違いと時代変化を検討した.海水準変動の影響を受けてタービダイトの堆積頻度が変化する場所でも,タービダイトは認められず半遠洋性泥が連続して堆積したと見られる場所でも,半遠洋性泥に含まれる有機炭素の沈積流量は同様の変化を示した.すなわち,最終氷期最盛期末期には有機炭素沈積流量が大きく,陸源有機炭素の割合が比較的高い.後氷期以降には有機炭素沈積流量は小さくなりそのほとんどが海洋プランクトン起源の有機炭素であった.
    抄録全体を表示
  • 船引 彩子, 納谷 友規, 斎藤 広隆, 竹村 貴人
    73 巻 (2014) 2 号 p. 137-152
    公開日: 2015/02/24
    ジャーナル フリー
    関東平野西部には武蔵野台地に代表される中期更新世後期以降の段丘地形が広がり,段丘堆積物の下位に鮮新世末から中期更新世に堆積した海成層を主体とする上総層群が分布することで知られている.本研究は武蔵野台地のうち,立川面に位置する東京都府中市おいて掘削された,CRE-TAT-1及びCRE-TAT-2コアについて堆積相の観察を行い,含水比,懸濁液のEC·pH,珪藻分析,蛍光X線分析による元素の含有率などの測定を行い,堆積環境を推定した.本研究では,対象地において実験用の熱交換井50m分を掘削する際に同深度のボーリングコア試料を採取し,堆積相の詳細な記載を行い,堆積物の各種物性値を計測し,堆積環境の復元を行った.その結果,対象地の地下50mに分布する地層は複数の堆積サイクルからなることが明らかになった.
    両コアは主に3枚の礫層とそれに挟まれた砂層および泥層からなり,下位よりユニット1〜7に分けられる.このうちユニット2·4·6は砂礫層からなり,河川堆積物を形成する.ユニット1は主に砂質の河川チャネル堆積物から構成される.ユニット3は主に砂〜シルト層からなり,淡水生の珪藻や生痕が含まれ,氾濫原〜チャネルのような環境を示す.ユニット5は下部で陸域の環境を示すが,中部は青灰色のシルト層で海生の珪藻を産出する.硫黄の含有量,ECともに高い値を示し,海成層と考えられる.このシルト層は上方に向かって砂質のチャネル·氾濫原堆積物へと漸移的に変化し,浅海化の傾向が見られる.各ユニットは大まかにはユニット1〜4が陸成,ユニット5が海成〜陸成,ユニット6·7が陸成の堆積物からなる.ユニット6は立川面を構成する段丘礫層,ユニット7が立川ローム層,またユニット1〜5は上総層群の舎人層である可能性が高い.
    抄録全体を表示
学会参加報告
書籍紹介
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top