堆積学研究
Online ISSN : 1882-9457
Print ISSN : 1342-310X
検索
OR
閲覧
検索
75 巻 , 1 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
カバー・ストーリー
論説
  • 伊藤 拓馬, 中島 崇裕, 薛 自求
    75 巻 (2016 - 2017) 1 号 p. 3-15
    公開日: 2016/09/09
    ジャーナル フリー

    長岡CO2 圧入実証試験サイトの貯留層におけるコア試料の堆積相解析から堆積環境と粒度組成·間隙径分布特性を把握し,CO2 圧入性の支配要因を検討した.貯留層には6つの堆積相が認められ,堆積組相からデルタフロント∼プロデルタ堆積物の一部と解釈される.圧入性の良好な地層は,デルタフロントに挟在する分流チャネル河口州堆積物(堆積相3)を主体とする.一方,圧入性の不良な地層は,デルタフロントに挟在する分流チャネル河口部堆積物(堆積相2)とプロデルタ堆積物(堆積相5)からなる.中央粒径値と淘汰度値の分散図より,堆積相3は堆積相2や堆積相5と比べて相対的に淘汰度値が小さく,中央粒径値が大きいことで特徴づけられる.また堆積相3の間隙径分布は,堆積相2と堆積相5と比べて流体の流路となる10Φより粗い間隙の占める割合が高い.貯留層の堆積環境に関連する粒度組成·間隙径分布特性は,CO2 圧入性の支配要因となることが判明した.

    抄録全体を表示
ノート
学会参加報告
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top