日本温泉気候物理医学会雑誌
Online ISSN : 1884-3697
Print ISSN : 0029-0343
ISSN-L : 0029-0343
51 巻 , 4 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 吉崎 秀夫, 鈴木 仁一, 村中 一文
    1988 年 51 巻 4 号 p. 181-193
    発行日: 1988年
    公開日: 2010/08/06
    ジャーナル フリー
    Seven continuous days of balneotherapy was applied to 17 patients with psychosomatic disease or neurosis at Sukawa Spa in Iwate prefecture. Several physiological parameters (e. g. blood pressure, heart rate, T wave amplitude of ECG, plasma catecholamines, and CVR-R) were measured before and after that therapy. Subjective symptoms were also surveyed through a questionnaire and the correlations with the changes in such physiological parameters were studied. The subjects were divided into the effected group and non-effected group according to the evaluation of therapeutic effect.
    Physiological paramenters other than plasma catecholamines tended to converge into a constant direction during the balneotherapy. While the physiological paramenters of the effected group tended to converge, those of the non-effected group did not show a trend. These results suggest that therapeutic effect of balneotherapy on psychosomatic diseases and neuroses is based upon not only the psychological effect of the environment of a hot spring but also the biological effect of non-specific alterative action of autonomic nervous system due to hot spring bathing itself.
  • 千田 富義, 中村 隆一
    1988 年 51 巻 4 号 p. 194-198
    発行日: 1988年
    公開日: 2010/08/06
    ジャーナル フリー
    A cutaneous electrical stimulation (CES) was applied to the skin over the left and right anterior tibial muscles of eight normal subjects, and the effect on reaction times (RTs) of finger extensions on the left and light hands was studied. RTs of fingers of both hands decreased significantly after receiving CES on the left while RTs of fingers of the right hand only decrease after receiving CES on the right. These results suggest that the left and right CESs differ from each other in the effect on behavioral alertness. If it is assumed that the pain relieving effect of CES is generated via the central arousal mechanism, this finding is critical in clinical application of the CES for relieving pain.
  • 浅沼 義英, 藤屋 秀一, 井出 肇, 阿岸 祐幸
    1988 年 51 巻 4 号 p. 199-206
    発行日: 1988年
    公開日: 2010/08/06
    ジャーナル フリー
    この研究は, 温水浴が人の静脈血中のα-Atrial Natriuretic Peptide (ANP), cyclic GMP, Arginine Vasopressin (AVP), plasma Renin Activity (PRA) および Aldosterone におよぼす急性効果について検討した。10名の健常な男性 (平均年齢: 20.5歳) で40℃の入浴を, 安静座位で10分間行った。ANPは前値の19pg/mlから, 温浴10分目に最高値34pg/mlへと有意に上昇した (p<0.001)。これは, その後の20分のあいだ有意に増加していたが, 次第に減少して, 50分目には入浴前のレベルに回復した。C-GMPはANPとよく似た時間経過の反応を示した。また, 両者には有意の正相関がみられた (p<0.001)。AVPは水浴の直後には変化はなかったが, 20分後に上昇する傾向がみられた。PRAと Aldosterone は前値からの変化率で, ANPより少し遅れて15から30分後に上昇したが, その変化度の有意性はANPより低かった(p<0.05)。これらの結果から, 水浴によるANPの分泌は, 中心静脈血量の増加の持続時間が短くても, 温熱刺激によって増強されると思われた。水浴によるAVPやレニン-アルドステロン系への抑制効果はわずかであったが, 逆に, 温浴ではそれらの反跳的な上昇をもたらした。C-GMPはANPの変化と密接に関連する指標の一つであると考えられる。
  • 加茂 幸介
    1988 年 51 巻 4 号 p. 207-209
    発行日: 1988年
    公開日: 2010/08/06
    ジャーナル フリー
  • 島田 欣二
    1988 年 51 巻 4 号 p. 210-212
    発行日: 1988年
    公開日: 2010/08/06
    ジャーナル フリー
  • 陸 徳銘
    1988 年 51 巻 4 号 p. 213-219
    発行日: 1988年
    公開日: 2010/08/06
    ジャーナル フリー
feedback
Top