観光研究
Online ISSN : 2189-7530
Print ISSN : 1342-0208
ISSN-L : 1342-0208
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
論文
  • 岡野 雄気, 倉田 陽平, 直井 岳人
    2019 年 30 巻 1 号 p. 5-18
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/04/01
    ジャーナル オープンアクセス
    観光地への再訪意向に影響する様々な要因が研究されており、観光地への愛着はその1 つである。本研究では、京都府と沖縄県への訪問経験のある人を対象に、彼らの各府県での経験、観光地としての各府県への愛着と過去の訪問経験、滞在期間に関する回答を質問票調査で回収した。そしてデータ分析の結果、観光地に接する時間や過去の訪問回数に加え、観光地においてどのような経験をしたかが観光地への愛着形成に大きな影響を与える可能性が示唆され、特に、飽きのこない魅力を感じたことが大きな影響を示していた。観光地への飽きに関する研究は少ないため、さらなる調査が望まれる。
  • 蔵本 祐大, 十代田 朗, 津々見 崇
    2019 年 30 巻 1 号 p. 19-28
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/04/01
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では、先進的に国際グリーン・ツーリズムに取り組む12 の農村地域を対象に、アンケート調査やヒアリング調査を行うことで、外国人観光客の受入状況及び受入態勢、国際グリーン・ツーリズムの展開を明らかにした。結論として、外国人観光客を受入れる際の言語や文化の違いによる不安を感じている地域は少なく、日本人客に提供しているメニューを活用することで、外国人の受入れを行っていた。また、新たな客層・旅行形態の受入れへと展開を見せている地域が多い一方で、個人旅行者の獲得に消極的な地域もあり、個人旅行者が農村を気軽に訪れられる受入態勢の構築にはまだ時間がかかることが推察された。
資料
  • 森重 昌之, 海津 ゆりえ, 内田 純一, 敷田 麻実
    2019 年 30 巻 1 号 p. 29-36
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/04/01
    ジャーナル オープンアクセス
    観光まちづくりにおいて関係者間の合意形成や規律の調整などは重要であるが、観光をめぐるガバナンスについて国内ではほとんど議論されていない。本研究では、ガバナンスの論点から観光まちづくりを整理した上で、国内外の先行研究をレビューし、その動向や特徴を分析した。その結果、国家や企業、地域社会レベルごとに多様な研究が見られるが、観光ガバナンスを明確に定義した研究は少ないことを示した。また、先行研究に共通した特徴として、問題解決の複雑さへの対応、多様な関係者の参加への対応、マネジメントの限界への対応をあげた。その上で、観光ガバナンスを「不確実性の高い移動を伴う来訪者も含めた、観光にかかわる多様な関係者の意思決定や合意形成を促すとともに、その活動を規律・調整するためのしくみやプロセス、考え方」と捉えた。最後に、今後国内でも理論・実践両面での観光ガバナンス研究が求められることを指摘した。
論説
  • 八木 良太
    2019 年 30 巻 1 号 p. 37-44
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/04/01
    ジャーナル オープンアクセス
    ミュージックツーリズムは、さらなる成長が期待される日本の観光産業を後押しする切り札になると同時に、地域経済を活性化させる起爆剤にもなり得、低迷する音楽産業を救う事業戦略としての可能性をも秘めている。本稿は、次の4 つの課題に取り組む。第一に、ミュージックツーリズムの類型化を行い、ミュージックツーリズムの概念(特徴、影響・効果、意義)について考察する。第二に、ミュージックツーリズムの先駆的な取り組みを見せる英国の事例を取り上げながら、ミュージックツーリズムが音楽産業、観光産業、および国家に与える経済的影響について考察する。第三に、ミュージックツーリズムの日本導入の可能性を探る。そして最後に、ミュージックツーリズムを日本で振興する上での課題について検討する。
feedback
Top