水利科学
Online ISSN : 2432-4671
Print ISSN : 0039-4858
ISSN-L : 0039-4858
57 巻 , 2 号
No331
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
近年の土砂災害シリーズ
一般論文
  • 小林 政広
    2013 年 57 巻 2 号 p. 13-35
    発行日: 2013/06/01
    公開日: 2017/07/07
    ジャーナル フリー
  • 末次 忠司, 橋本 雅和
    2013 年 57 巻 2 号 p. 36-48
    発行日: 2013/06/01
    公開日: 2017/07/07
    ジャーナル フリー
  • 山口 晴幸
    2013 年 57 巻 2 号 p. 49-78
    発行日: 2013/06/01
    公開日: 2017/07/07
    ジャーナル フリー

    地盤を構成する土の水質浄化機能,汚染物質への緩衝作用,地下水・土中水への化学成分供給能力などに関する土の環境化学的特性を解明するためには,各種化学成分の主要な供給源となる植物の枯死・腐植化に伴う化学成分組成の変質を把握し,地盤の深さ方向における主要化学成分の動態について評価することが重要となる。

    ここでは,まず樹葉を対象に,「生葉」が枯死し「枯葉」として落葉し,さらに生物的腐植・分解作用を経ていずれは安定した土壌有機物となる,土壌形成に転化する一連の過程について,元素レベルからの考察を試みている。さらに植物起源とする土壌有機物の腐植・分解過程で生成・溶脱される多種多様な化学成分は,土や土中水の化学成分組成を支配する重要な要因となっていることを,深度方向における地盤の主要な化学成分組成の推移傾向との因果関係から明らかにしている。

  • 土屋 信行
    2013 年 57 巻 2 号 p. 79-96
    発行日: 2013/06/01
    公開日: 2017/07/07
    ジャーナル フリー

    The suggestion about ways of protection for flood exceeding the designed level in the eastern part of Tokyo Lowland(below sea level area). The East Tokyo inundation area will be seriously damaged if once the dyke is destroyed because there is densely populated with highly economically activated. In order to increase the safety against the flood, super dyke would be the most effective countermeasure, which aims to achieve the protection of dyke from the excessive flood. The super dyke would be enough strong for the excessive flood and seepage failure as the width would be 30 times of its height. At the same time, this dyke with soil improvements against liquefaction could be enough strong for the earthquake and would be possible to protect the low land below sea level from flood. Furtherer more, the dyke could produce the safe high land as an evacuation area to protect human lives and properties from flood and high tide. From these characteristics, the main effectiveness and objective of the super dyke can keep the evacuation area for the citizens in the east lowlands in Tokyo. Nakagawa river is the most urgent area to equip the super dyke among East Tokyo basin because it is located at the lowest elevation with highly dense populations. Therefore, the author would like to propose to Arakawa river let to increase flood through capacity enough to use the space of Nakagawa for construction the super dyke. This plan would be the only way to protect human life and properties in Edogawa district from the coming excessive flood and high tide.

  • 岡本 芳美
    2013 年 57 巻 2 号 p. 97-120
    発行日: 2013/06/01
    公開日: 2017/07/07
    ジャーナル フリー
feedback
Top