環境感染
Online ISSN : 1884-2429
Print ISSN : 0918-3337
ISSN-L : 0918-3337
10 巻 , 1 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 高尾 翠, 佐田 通夫, 濱田 悌二
    1995 年 10 巻 1 号 p. 1-6
    発行日: 1995/06/30
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    当院の医療従事者に起きた汚染事故の実態を調査した. 1989年から1992年までの4年間に, 医療行為, あるいは処置後のあと片付けなどに伴って発生した179件の事故報告があった.
    汚染原因としては注射に関連した行為や縫合針の誤刺がもっとも多かった. 被汚染者は医師がその40%, 看護婦が50%を占めていた. 医療従事期間と事故発生との関連をみると, 医師の場合には研修医に, また看護婦では就職後3年目までに事故の発生が目立った. 発症予防として, B型肝炎ウイルスの汚染事故に対して被汚染者がHBs抗体陰性の場合, HBIG剤の単独投与やHBワクチンとの併用投与が行われた. またC型肝炎ウイルスの汚染事故には無処置で定期的観察が行われたが, 今回の対象に発症者はいなかった. 事故は不注意によるものが多く, 汚染事故にかかわる情報の早期伝達と現場教育の継続は, 事故や感染を未然に防ぐための最良の対策だと思われた.
    事故未届けの調査から, 欧米に比べて事故件数が少ないのは届け出義務がないことも1つの要因と考えられた. 医療従事者におけるウイルス感染が関心を集めている中で, 医療従事者自身が感染源にならないためにも, 客観的な評価ができる汚染事故報告の公的基準を整備し, それをふまえたデータの解析が必要であることを今回の調査は示唆している.
  • 山田 和子, 山口 茂美, 及川 泰子, 阿部 三枝子, 福島 洋子, 佐藤 清, 清水 義徳, 秋沢 宏次, 吉田 繁
    1995 年 10 巻 1 号 p. 7-13
    発行日: 1995/06/30
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    MRSA院内感染対策として,(1) 病室環境の汚染状況と清掃・消毒後の除菌効果,(2) MRSA発生率が高い病棟での医療従事者の保菌状況および看護ケア後の感染状況,(3) シーツ等のリネン類および予防衣における従来布と抗菌加工布の汚染状況の比較, について調査した. 病室環境ではベッド周囲床, 窓付近床, 床頭台上, ベッド棚よりMRSAが検出された. 清掃後の床では0.02%塩化ベンザルコニウム使用の床でMRSAが2%検出され, 0.5%グルコン酸クロルヘキシジン+エタノール使用ではMRSAは検出されなかった. 医療従事者の保菌調査ではMRSAの保菌者は調査した34名中1名 (3%) が認められ, 吸引を含む看護ケア後の手指 (ディスポ手袋) にはMRSAが36%検出された. 従来布と抗菌加工布の汚染状況の比較では, 抗菌加工布からは使用5日目以降に重度汚染 (集落数100個以上) が検出されなかった. 我々はこの調査結果を院内の啓蒙活動の0端として医師や看護婦に報告し, MRSA対策につとめた. さらに看護部門では副看護婦長を中心とした組織的な取り組みを進めている. 調査開始後のMRSA発生状況の推移を1993年4月~1994年3月までの1年間でみたところ, MRSAの発生率は3.15%から1.34%に低下し, MRSA陽性患者入院のべ日数も短縮した.
  • 小林 寛伊
    1995 年 10 巻 1 号 p. 17
    発行日: 1995/06/30
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • G. A. J. AYLIFFE
    1995 年 10 巻 1 号 p. 18-19
    発行日: 1995/06/30
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 新 太喜治, 宮川 久子, 稲松 孝思, 青木 眞, 柴田 清, 三宅 寿美, 呉 香順, 渡辺 都貴子, 藤田 晃三, 大久保 憲, 永井 ...
    1995 年 10 巻 1 号 p. 21-42
    発行日: 1995/06/30
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 金政 泰弘, 石井 明, 藪内 英子, 宇田川 俊一, 吉田 和子, 勝部 泰次, 近藤 力王至, 川端 眞人
    1995 年 10 巻 1 号 p. 43-50
    発行日: 1995/06/30
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 1995 年 10 巻 1 号 p. 51-113
    発行日: 1995/06/30
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
feedback
Top