生産研究
Online ISSN : 1881-2058
Print ISSN : 0037-105X
検索
OR
閲覧
検索
67 巻 , 2 号
選択された号の論文の30件中1~30を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
特集1 ITSの社会実装される次世代モビリティ社会へ
特集に際して
研究解説
  • 須田 義大, 長谷川 史彦, 桑原 雅夫, 池内 克史, 大口 敬, 鈴木 高宏, 中野 公彦, 小野 晋太郎, 大石 岳史, 山邉 茂之, ...
    67 巻 (2015) 2 号 p. 81-86
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    本研究グループでは,エネルギー・モビリティ統合マネジメントシステムの構築を目指し,2012 年より東北復興次世代エネルギー研究開発プロジェクトを進めている.情報収集やデータベースシステム,情報統合化処理,情報提供,人間行動のモデル化などに関する各研究を進めるとともに,それらを連携統合させたシステムを構築する.平時にはEV 充電も考慮した地域のエネルギー平準化を行い,災害時には車も用いた円滑な避難誘導を可能とするような,東北復興地域に貢献でき,かつその他多くの地域に展開できる新しいサービスの実現を目指している.本稿ではその最新状況を報告する.
    抄録全体を表示
  • 大島 大輔, 山田 康右, 竹之内 篤, 山下 浩行, 中野 公彦, 鈴木 高宏, 小野 晋太郎, 平沢 隆之, 洪 性俊, 杉町 敏之, ...
    67 巻 (2015) 2 号 p. 87-92
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    近年,運転支援,さらには自動運転など,従来は人間が行ってきた運転動作に深く介入する技術の開発が求められており,その中でドライビングシミュレータが担う役割はますます大きくなることが予想される.本研究では,関係機関へのヒアリングや文献調査等により,ドライビングシミュレータの今後の活用ニーズや,関連する先進的技術について調査を行った.また,その結果をもとに,ドライビングシミュレータに必要な新たな機能開発のロードマップを作成した.
    抄録全体を表示
  • 池内 克史, 大口 敬, 桑原 雅夫, 小野 晋太郎, 上條 俊介, 大石 岳史, 小出 公平, 堀口 良太, 花房 比佐友, 飯島 護久, ...
    67 巻 (2015) 2 号 p. 93-98
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    道路交通からのCO2 排出を削減するため,CO2 の排出状況を地域の一般市民に実感してもらい,環境負荷の低い交通行動を促す仕組みについて報告する.路側カメラやプローブなどから地域の交通状況を断片的に収集し,補間推計により網羅的なCO2 排出状況を算出し,さらに分かりやすく加工・可視化した「生活活動情報」としてWeb 配信する仕組みである.千葉県柏市における社会実験の結果,CO2 排出量8% 削減を概ね達成する可能性を確認することができた.
    抄録全体を表示
  • 高野 照久, 松下 侑輝, 小野 晋太郎, 川崎 洋, 池内 克史
    67 巻 (2015) 2 号 p. 99-104
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    自動車のバックカメラや監視カメラで,魚眼カメラの搭載が広がっている.このような魚眼カメラは一般のデジタルカメラに比べて解像度が低く,レンズの収差等による画質の劣化が起こりやすい.本稿では,魚眼カメラの画像を複数枚使った超解像処理により,魚眼カメラで欠損しやすい高周波成分を復元する手法を提案する.そのために,魚眼カメラの歪みを補正して位置合せし,歪補正後の画像で超解像を行う.超解像に用いる劣化行列には,レンズのブラーと歪補正による拡大・縮小を合わせたブラー行列を用いる.実際に魚眼レンズを取り付けたデジタルカメラで撮影した画像を用いて実験を行い,本手法の有効性を確認したので,その結果を報告する.
    抄録全体を表示
  • 福元 和真, 川崎 洋, 小野 晋太郎, 子安 大士, 池内 克史
    67 巻 (2015) 2 号 p. 105-111
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    近年,ドライブレコーダーなどの車載カメラの増加とWeb による画像や動画の共有サービスの一般化により,世界中の都市の風景画像や映像をインターネットから取得することが出来るようになってきた.これらの情報は,都市の三次元モデル生成への応用や,地図の頻繁な更新,あるいは景観シミュレーションへの応用が期待出来るが,そのためには撮影された位置の情報が必要となる.しかし,必ずしもこのような情報が付加されているとは限らない.そこで,このようなシーンの情報から撮影位置を同定する研究が盛んに行われているが,複数の都市の画像や映像の同定に成功した事例はほとんど知られていない.そこで,本論文では世界中の画像を対象として,大域的な位置推定を行うことを目標とし,その国ごとの識別をすることを目標にする.提案手法では,ストリートビュー画像から各都市の情報をランダムフォレストを用いて学習させ,撮影位置の不明な画像の撮影場所の推定を行う.実験では15 都市の画像を用いて検証を行った.
    抄録全体を表示
  • 佐々木 光明, 桑原 雅夫, 小野 晋太郎, 浦山 利博, 松本 学, 森 一夫, 池内 克史, 大口 敬, 大石 岳史, 尾崎 朋子
    67 巻 (2015) 2 号 p. 113-117
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    交通事故発生箇所の多くは,道路形状から交差点と単路部に分類される.本研究は,その中でも交差点について着目し,これまで定性的であった交差点の見通しをMMS (Mobile Mapping System) を利用し数値化して定量的に解析する.その解析結果から,見通しが交通事故に影響する要因について考察する.
    抄録全体を表示
  • 楊 燕, 大口 敬, 井料(浅野) 美帆, 和田 健太郎
    67 巻 (2015) 2 号 p. 119-124
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    日本における高速道路サグ部における交通渋滞は,同じサグ部ボトルネックであっても様々な交通需要条件で発生する.サグ部の交通渋滞発生の不確実性は,様々な各車両の追従挙動特性に違いがあるためだと考えられる.本論文では,サグ部における交通渋滞発生に影響を与える各車両の追従挙動特性の定量的影響分析研究の取組みの現状を報告する.まず,勾配影響を加味した追従挙動モデルを提案した.計測された車両軌跡データを使い,各車両の追従挙動パラメータを推定した.車両間のパラメータ分布の相関評価と分類を行った.
    抄録全体を表示
  • ガスパイ サンディ メイ, 大口 敬, 井料(浅野) 美帆, 和田 健太郎
    67 巻 (2015) 2 号 p. 125-130
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    多くの交差点における車両感知器の課題は,左折・直進・右折の方向別の需要を直接把握することができない点である.これは,特に,右折専用現示を持つ信号の性能に影響するものであり,右折車両は相対的に短いスプリットにより,大きな遅れ時間を被る状況がしばしば発生する.本研究は,感知器データと光ビーコンによるプローブデータを組み合せることにより,右折需要とその旅行時間を推定する手法を開発する.推定手法を実際の交通データにより検証し,その推定結果に基づくスプリット調整による交差点の円滑性改善可能性について示す.
    抄録全体を表示
  • 花房 比佐友, 小林 正人, 小出 勝亮, 堀口 良太, 大口 敬
    67 巻 (2015) 2 号 p. 131-136
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    本研究はプローブやセンサー等のオンラインで得られる観測データを基に,対象地域の現在の交通状態をリアルタイムで再現するナウキャストシミュレーションシステムについて,その動作ロジックについて述べると共に,柏市の道路ネットワークを対象にプローブデータを基にした柏市交通状況の現況再現性についての検証結果を紹介する.
    抄録全体を表示
  • 片岡 源宗, 吉井 稔雄, 二神 透, 大口 敬
    67 巻 (2015) 2 号 p. 137-142
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    救急救命搬送サービスは,傷病者を速やかに医療機関へ搬送する行政サービスであるが,今後人口が減少するにも関わらず老年人口の増加による需要の増加が予測される.そこで,サービス提供の効率化を図るとともに,中長期的な視野の下,提供する適切なサービスレベルについて検討することが必要であろう.
    本研究では,救急救命サービスの効率的運用の実現に向けて,まずは現状における救急救命活動の実態を把握する.具体的には,出動要請から医療機関に到着するまでの時間を,指令時間,出動時間,現着時間,滞在時間,搬送時間の5 つに分割し,各所要時間算定モデルを構築した.さらに,構築した各モデルを松山市の救急搬送システムの現状に適用した.
    抄録全体を表示
  • 和田 健太郎, 小林 桂子, 桑原 雅夫
    67 巻 (2015) 2 号 p. 143-147
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    本研究は,複数のプローブ車両軌跡データのみを用いて交通の量的把握を可能とする手法を提案する.この手法は,プローブ車両間の交通状態を Kinematic Wave 理論により補完するものであり,交通状況を反映した車両軌跡のリッチな情報を縮約することなく活用できる.日本国内およびバンコクにおける実データを用いた提案手法の検証により,混雑している道路においては最大30 分程度の間隔の車両軌跡から交通の量的把握が可能であることを示す.
    抄録全体を表示
研究速報
  • 杉町 敏之, 須田 義大, 阿部 朋明, 鈴木 彰一, 牧野 浩志, 鯉渕 正裕, 杉浦 孝明
    67 巻 (2015) 2 号 p. 149-151
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    本研究では,道路の劣化に与える影響が大きい過積載トラックの対策のため,重量変化により生じる車両の固有振動数変化に着目し,次世代交通システムで応用可能な重量推定法に関する基礎検討を行う.具体的には,重量ごとに変化する車両の固有振動数に着目し,この値を走行車両上で計測することにより過積載を検出するシステムの実現を目指す.そのための検討として本稿では2 軸車両を対象とし,積載重量に対する固有振動数の変化を解析する.また,個体差や経年変化に対する検討として,重心位置の変化に対する固有振動数への影響に影響について検討を行った.
    抄録全体を表示
研究解説
  • 李 曙光, 杉町 敏之, 山邉 茂之, 中野 公彦, 田淵 義彦, 須田 義大, 高橋 秀喜, 折野 好倫, 山本 浩司, 吉野 加容子, ...
    67 巻 (2015) 2 号 p. 153-159
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    近年,安全運転と低燃費実現のために次世代の運転支援システムに関する多くの研究が取り組まれている.特に,ドライバごとの特性に合わせた運転支援を行うために,運転技能判定と運転特徴分析は注目されている.先行研究ではドライバの運転操作データに着目して,ドライバの運転特性を分析する方法が一般的である.運転行為は,走行環境を認知して集められた情報を脳が処理・判断するとともに指令を出して運転操作を行うことである.生理学で,脳の活動は運転行為の中心位置と言える.ただし,自由な姿勢で運転しながら,脳の活性の変化を計測することは非常に困難であった.本研究では,ドライビングシュミレータ上にfNIRS を導入した実験環境により,左右カーブの道路線形の違いにより生じる運転操作の差異性と脳反応の違いからドライバの操作特性と脳の活性の関係を分析する.
    抄録全体を表示
  • 李 曙光, 杉町 敏之, 中野 公彦, 田淵 義彦, 須田 義大, 高橋 秀喜, 折野 好倫, 山本 浩司, 吉野 加容子, 岡 徳之, 加 ...
    67 巻 (2015) 2 号 p. 161-166
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    近年,運転支援システムの開発と交通安全の向上のためにドライバの運転特性が注目されている.本研究では,fNIRS を利用した脳活動の計測結果に基づいたドライバ特性の解明のための基礎検討として,直線からカーブへ移り変わる同じコースに対する実車走行実験とドライビングシュミレータ(DS)走行実験を行い,運転中のドライバの走行データと脳の活動の計測が可能であることを検証する.また,実車走行とDS 走行での計測データの比較を行い,特にカーブの入口に対するドライバの運転操作と脳活性特徴について解析した.
    抄録全体を表示
研究速報
  • タン ジェフリー トゥ チュアン, 鄭 仁成, 須田 義大, 石原 敦, 瀬川 雅也
    67 巻 (2015) 2 号 p. 167-169
    公開日: 2015/03/30
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,革新的なモビリティ開発のために新たな運転操作系の効果を定量的に評価することである.これを定量的に評価するため,人間運転操作時の生体信号(筋電位)を計測する手法を検討した.運転者の生体信号計測実験の妥当性を確認するため,まず,基礎実験として実車の操舵システムのように実験用ダミー操作端で,ある一定のシナリオに応じて操作・運転を行った.本実験では筋電位センサーを実験者の身体に取り付け,無線で人間運転操作時の筋電位データを筋電位計測システムに送り,被験者が操作・運転している時の筋活動を計測した.その筋電位計測データの分析により,人間運転操作時に人によってどのような筋肉(主動筋)について,どのようなレベルの活動があるかを確認した.
    抄録全体を表示
研究解説
特集2 地方小都市の再生モデルの構築 -震災復興を契機とした矢吹町のまちづくり-
特集に際して
研究解説
研究速報
研究解説
研究速報
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top