日本レーザー医学会誌
Online ISSN : 1881-1639
Print ISSN : 0288-6200
ISSN-L : 0288-6200
最新号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
会告
呼吸器領域におけるレーザー医療の進歩と課題
原著
総説
原著
  • 大谷 圭志, 前原 幸夫, 今井 健太郎, 荒井 恒憲, 小川 恵美悠, 工藤 勇人, 小野 祥太郎, 大平 達夫, 松林 純, 池田 徳彦
    原稿種別: 原著
    2022 年 43 巻 1 号 p. 22-28
    発行日: 2022/04/15
    公開日: 2022/04/15
    [早期公開] 公開日: 2022/04/02
    ジャーナル フリー HTML

    末梢肺へ経気管支的に光線力学的治療(photodynamic therapy: PDT)を行った際の肺実質への影響を調査するため,ハイブリッド犬の正常肺に対してPDTを行い肺組織への影響を病理学的に検討した.二頭のハイブリッド犬に対し経気管支鏡的に側射型プラスチックレーザープローブを左右後葉の末梢気管支へ挿入しPDTを施行した.タラポルフィンナトリウム投与後,左右後葉支へ50 J/cm2および100 J/cm2のレーザー照射を行い,7日後に肺を摘出し病理学的にPDTの影響を検討した.PDT施行部に一致して肺胞出血や肉芽の形成,線維芽細胞の増殖やマクロファージの浸潤などが認められた.周囲の気管支軟骨や肺胞上皮,臓側胸膜へは影響を認めなかった.PDTの効果範囲は約15 mmだった.末梢肺へのPDTは既存構造への影響は少なく安全に施行可能と考えられた.

令和4年診療報酬改定におけるレーザー治療
総説
feedback
Top