写真測量とリモートセンシング
Online ISSN : 1883-9061
Print ISSN : 0285-5844
50 巻 , 2 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
巻頭言
カメラアイ
原著論文
  • I Wayan NUARSA, 西尾 文彦, 本郷 千春
    2011 年 50 巻 2 号 p. 66-79
    発行日: 2011/03/11
    公開日: 2012/04/29
    ジャーナル フリー
    稲作地での水供給状態の違いによる水稲の分光特性を比較した。水供給不足の状況では,水稲からの可視バンドの反射率は著しく増大したが,近赤外及び中間赤外バンドは低下した。水供給が不充分な初期には,Landsat ETM+の可視バンドの反射率は,赤外バンドよりも敏感であった。なかでもバンド3は,水不足と充分な状況では大きな反射率の違いを示した。植生指標(NDVI)は,単バンドの反射率を用いるよりも水供給不足と十分な状態における生育状況を区別することが出来る。稲作指標(RVI)は,初期の水稲作付け状況での水供給状況を検知するために導入し有効であることが明らかになった。
  • 杉山 史典, 近津 博文
    2011 年 50 巻 2 号 p. 80-89
    発行日: 2011/03/11
    公開日: 2012/04/29
    ジャーナル フリー
    Recently, generation of the orthophoto using digital aerial photograph is performed for the maintenance of spatial information data for wide areas by middle scale. For orthophoto generation, digital elevation model (DEM) by the stereo matching methods is widely used. For the efficiency of orthophoto generation, mismatching should be removed and accuracy should be improved effectively in stereo matching process.
    With this motive, new method which is called “Reverse-Projection Method” to remove mismatching points on DEM generation is proposed. The most remarkable points of the method are its ability to detect mismatching points and improve accuracy of DEM using only neighbor stereo models on the strip or the next strip, and the effectiveness of the method is discussed in this paper.
研究速報
  • 向山 信治, 小杉 幸夫, 宇都 有昭, 斎藤 元也, 小田 九二夫
    2011 年 50 巻 2 号 p. 90-95
    発行日: 2011/03/11
    公開日: 2012/04/29
    ジャーナル フリー
    Stable supply of high quality crop is an urgent requirement for rice cropping facilities in Japan. To cope with this demand, it is absolutely essential to evaluate rice leaf's chlorophyll content by measuring the SPAD values. But it requires lots of elaboration to measure the SPAD values for wide area in paddy. Therefore, the objective of this study is to resolve this problem by estimating the rice leaves SPAD values through remote sensing. Specifically, we made use of a trial observation equipment using hyperspectral sensor mounted on a radio-controlled helicopter, and calculated new indices LVIpure and LVImixture using the obtained data to estimate SPAD values. As a result, the relations between the SPAD value and the estimation index exhibits high correlation : R2=0.885 for LVIpure and R2=0.927 for LVImixture, which facilitated to obtain “the estimated SPAD value image” from the obtained data.
  • ユディ セティアワン, 吉野 邦彦
    2011 年 50 巻 2 号 p. 96-103
    発行日: 2011/03/11
    公開日: 2012/04/29
    ジャーナル フリー
    土地利用・土地被覆変化について良く更新された正確なデータベースは,地球環境変化研究のために不可欠である。複数年間の地表面の特性とその季節変化に関しての時系列解析により,地表面変化をさまざまな観点から捉えることができる。本研究では2000年から2009年までのMODIS EVIデータにウェーブレット変換を適用し,ある種の土地利用に対応する植生の動態を特徴づけることにより,土地利用の変化の有無を調べた。時系列パターン分析により,土地利用転換や植物の成長による土地被覆変化が実際に起きた時期を検出することができた。しかしながら,250m×250mの大きさのMODISデータのGIFOVの範囲内にはいろいろな土地被覆が混在するために,本研究で使用した方法の有効性は限定的であった。本研究では,解析期間中における重要なパターン変化を検出し,また,それらのパターン変化のいくつかは土地利用変化であることによるものであることが確認できた。一方,時系列パターンの変化が検出されたにも関わらず,実際には土地利用が変化していなかった地点が数箇所あった。今後,地上調査を行い作成した参照データを用いて,本研究で用いた土地利用変化検出方法の有用性を評価する。
解説
feedback
Top