写真測量とリモートセンシング
検索
OR
閲覧
検索
最新号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
巻頭言
カメラアイ
小特集「UAVテストサイトの概要と活用例」
原著論文
  • 朱 林, チャタクリ スバス, 島村 秀樹
    55 巻 (2016) 5 号 p. 303-313
    公開日: 2017/11/01
    ジャーナル フリー

    In this study, we have developed a novel method for generating forest type map using airborne laser scanner data. An object-based approach is implemented for forest type classification, and feature images extracted from laser data are utilized for image segmentation and classification. Four types of feature images, namely, Digital Height Model, Reflectance Intensity, Ratio of First Pulse to Total Pulse, and Binary Reflectance Intensity are generated from the laser data. The first three ones are selected for image segmentation, and all the four feature images are used for classification. To assess the effectiveness of the proposed method, the classified map has been verified by comparing against a visual interpretation map. Our evaluation confirmed that by utilizing the proposed method we could achieve classification results close to the result of visual interpretation results.

    抄録全体を表示
研究速報
  • Taohong ZOU, 吉野 邦彦
    55 巻 (2016) 5 号 p. 314-320
    公開日: 2017/11/01
    ジャーナル フリー

    脆弱的な地域を検出するのは森林資源管理にとって重要である。本研究では,大興安嶺地域の環境脆弱状況を記述するために,リモートセンシングデータとGISを用いて,環境脆弱性指標を構築した。露出度,感度と生態系の適応能力に関係する13個の変数を選び,空間主成分分析によりそれら総合的指標として統合した。その総合指標によれば,大興安嶺地域において,環境脆弱性は空間的に偏在していた。環境脆弱性の最大値は南部と中央部で約0.8を示していたが,一方,最小値は東部地域で0.012を示していた。この総合的脆弱性を5つの水準に分けて,環境脆弱性の分布図を作成した。この分布図は,より合理的な意思決定のための基礎情報を提供し,森林管理のために資するものと考えられる。

    抄録全体を表示
解説
情報ルーム
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top