腸内細菌学雑誌
Online ISSN : 1349-8363
Print ISSN : 1343-0882
ISSN-L : 1343-0882
19 巻 , 3 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
Reviews
  • 渡部 恂子
    2005 年 19 巻 3 号 p. 169-177
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
    ヒトと腸内細菌とのかかわりは100万年以上におよび,その間ヒトの腸内で優勢を占めるこのとのできた細菌は腸内の嫌気的条件に適応し,食物残さを良く利用できた細菌類である.腸内菌はヒトが消化できなかった様々な食物残さを分解し,その代謝産物がまた吸収され,ヒトに影響を及ぼすことである.ヒトの消化酵素では消化されない食物成分,主に難消化性糖質は大腸内の細菌の重要なエサになる.腸内菌の糖代謝によって生成される短鎖有機酸はさまざまな機能を生体に及ぼすことが証明されつつある.我々は先に,健康成人の糞便中の水分含量と酢酸,酪酸量との相関,ならびにp-クレゾール量との逆相関を報告したが,インドールとの逆相関,および腸内細菌叢との直接的な相関は見出せなかった.今回,インビトロでの試験系で個人別糞便サンプルの糖代謝と腐敗産物産生との関連を明らかにし,腸内フローラの違いによる影響について検討した.糖質としてイヌリン,アラビノガラクタンおよびスタキオースを用いた.利用できる糖質があると糞便培養液中に生成される腐敗産物量は減少した.また,同一の糞便培養でも糖の種類により生成される有機酸が異なり,生成量の差も認められた.特にアラビノガラクタンを添加した時,糞便サンプルによってはインドールの生成量が時間と伴に減少する例があり,糞便中の水分とインドールの間に逆相関がなかったことの要因と考えられる.このように糞便培養で腸内菌の糖代謝を調べてみると糖の種類や菌叢によりかなり違いが認められるが実際の糞便で有機酸を分析すると腸管からの吸収等が原因で大きな差異は認められない.そこで,糞便中のコハク酸や乳酸の含量が多い特殊な事例の糞便内細菌叢,有機酸ならびに腐敗産物の分析値から腸管内での細菌増殖のダイナミクスについて考察し,糞便中でのそれらの分析値の持つ意味を検討した.
  • ―現在と将来―
    光岡 知足
    2005 年 19 巻 3 号 p. 179-192
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/08/31
    ジャーナル フリー
    皮膚,上気道,口腔,咽頭,胃,腸管,膣,尿道などには,それぞれ部位によって特徴的な常在細菌がすみつき,常在フローラを構成している.多くの常在菌は潜在的の病原性を有し,何らかの原因でこの平衡関係が破れると,いわゆる“日和見感染”を惹き起こす.平衡関係の乱れは,抗菌物質やステロイドホルモンの投与,外科手術,ストレス,糖尿病,過労,老齢などが原因となる.20世紀後半,腸内フローラの研究は飛躍的に進展し,腸内フローラの包括的培養法の開発,腸内嫌気性菌の菌種の分類・同定法,微生物生態学的法則,宿主の健康と疾病における役割などの研究が系統的に行なわれ,腸内細菌学が樹立された.腸内フローラ研究の発展がきっかけとなり,機能性食品(プロバイオティクス,プレバイオティクス,バイオジェニックス)が誕生した.1980年代,分子生物学的手法が腸内フローラの研究にも導入されたが,いまなお検討段階にある.これからの腸内フローラの研究として,以下が重要課題として挙げられる.(1)腸内に少数しか存在しない菌種を含めた腸内フローラの包括的分子生物学的定性定量解析法の一刻も早い開発が望まれる.さらに,分子生物学的手法によって認識される生息しているが培養困難な菌種の培養可能とし,その分類学的位置づけと生化学・病理学的性状の解明.(2)腸内フローラを構成する主要菌種の生化学的性状と細菌・宿主細胞・食餌成分間の相互関係.(3) 免疫刺激,解毒作用などを含む腸内フローラの機能の研究が推進されれば,機能性食品が生活習慣病・免疫低下・炎症性腸疾患などの予防・治療のために栄養補助食品および代替医療としての利用が可能となる.(4)このような研究を達成するには,1958~1992年に私が理化学研究所(理研)で行なったように,産学の共同研究組織をつくり,研究者の差別化を排除し自由かつ協調的に結集し,学界が中心となって研究を推進させることが望まれる.
Guide for Experiment
feedback
Top