腸内細菌学雑誌
Online ISSN : 1349-8363
Print ISSN : 1343-0882
ISSN-L : 1343-0882
21 巻 , 4 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
総説
  • 小幡 高士, 清野 宏
    2007 年 21 巻 4 号 p. 277-287
    発行日: 2007年
    公開日: 2007/11/27
    ジャーナル フリー
    哺乳動物の体内で,外界との接点が最大の部位は粘膜である.ヒトの粘膜の表面積は口腔,鼻腔,消化器,呼吸器,泌尿・生殖器含めて実に400 m2(テニスコート約1.5面分)にも及び皮膚表面積のなんと200倍以上である.これら粘膜には非常に多くの共生細菌が常在しており,宿主側の成長や疾病の発症等に密接に関わるだけでなく,宿主側も巧妙かつ柔軟な“粘膜免疫システム”を備えることで非自己である共生細菌に対して偽自己化を確立し共生細菌を質・量ともに制御している.本稿では,粘膜防御における重要液性分子である分泌型IgA抗体の産生誘導機構および上皮細胞間リンパ球,経口免疫寛容といった粘膜免疫システム特有の細胞群,免疫機構について概説するとともに,共生細菌と宿主粘膜免疫系の共生的相互作用に関する最新の知見についても紹介する.この粘膜免疫学と共生細菌学の境界領域研究は,近年ようやく萌芽期を迎えたところであり今後の本格的進展が待たれる.
解説
  • 竹田 潔
    2007 年 21 巻 4 号 p. 289-296
    発行日: 2007年
    公開日: 2007/11/27
    ジャーナル フリー
    Toll-like receptor(TLR)の機能解析により,自然免疫系が感染病原体の侵入を感知し活性化される分子機構が明らかになった.また,細胞質内にも,TLR非依存的に微生物の侵入を感知する分子が存在することも明らかになってきた.さらに,自然免疫系の活性化が,感染防御を司るだけでなく,過剰な応答により慢性炎症性腸疾患などの免疫疾患を引き起こすことが明らかになった.そのため,自然免疫系の活性は過剰な応答を抑制するため絶妙に制御されている.そのメカニズムの一端として,核に発現するIκBNSが,TLR依存性のあるサブセットの遺伝子発現を選択的に抑制していることが明らかになってきた.
  • 岩田 誠
    2007 年 21 巻 4 号 p. 297-304
    発行日: 2007年
    公開日: 2007/11/27
    ジャーナル フリー
    広い表面積で外界と接する腸管では,免疫細胞の配備が必須である.一般に,リンパ球の組織への配備は一定のルールに則って行われる.ナイーブT細胞は,リンパ節などの二次リンパ系器官には移入できるものの,非リンパ系組織には移入できない.二次リンパ系器官で抗原刺激を受けてエフェクター/メモリーT細胞となると,その二次リンパ系器官が所属する組織に選択的に移入(ホーミング)できるようになる.例えば,腸の二次リンパ系器官であるパイエル板や腸間膜リンパ節で抗原刺激を受けたT細胞は,小腸特異的ホーミング受容体(インテグリンα4β7とケモカイン受容体CCR9)を発現し,小腸に移入できるようになる.我々は,腸の二次リンパ系器官の樹状細胞がT細胞に抗原提示をすると同時にビタミンAからレチノイン酸を生成し与えることで,小腸特異的ホーミング受容体を発現させていることを見出した.同様に,ナイーブB細胞が抗原刺激を受け,小腸へのホーミング特異性を獲得するためにも,また,さらにIgA抗体産生細胞へと分化するためにもレチノイン酸が必須であることを明らかにした.
総説
  • 永渕 真也
    2007 年 21 巻 4 号 p. 305-312
    発行日: 2007年
    公開日: 2007/11/27
    ジャーナル フリー
    本研究では,ヌクレオチドの投与が,成長期のマウスのヘルパーT細胞(Th)のTh1-Th2バランスおよび粘膜免疫系に与える影響を検討した.その結果,ヌクレオチドは,成長期のマウスのTh1-Th2バランスをTh1優位にし,抗原特異的IgEを抑制した.このことから,乳児期のヌクレオチドの摂取により,アレルギーの発症が抑制される可能性が示唆された.また,粘膜免疫系に関しても,ヌクレオチドによりγδ型のT細胞レセプターを有する腸管上皮間リンパ球(IEL)の割合,腸管上皮細胞のIL-7産生,および抗原特異的IgA産生が上昇することを明らかにした.従って,ヌクレオチドの摂取は粘膜免疫系内の細胞間の相互作用にも影響を与えることが示唆された.
feedback
Top