腸内細菌学雑誌
Online ISSN : 1349-8363
Print ISSN : 1343-0882
ISSN-L : 1343-0882
35 巻, 1 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
総 説<特集:腸内細菌とがんとの関連,その最新情報>
  • Fusobacterium nucleatumによる大腸癌研究の新しい潮流―
    吉原 努, 野上 麻子, 高津 智弘, 三澤 昇, 芦苅 圭一, 松浦 哲也, 冬木 晶子, 大久保 秀則, 日暮 琢磨, 中島 淳
    2021 年 35 巻 1 号 p. 1-11
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/02/03
    ジャーナル フリー

    大腸癌と関連する腸内細菌の研究は,Fusobacterium (F.) nucleatumが発癌や癌の進行に大きな役割を担っている可能性を指摘されてから,短い間に多くの研究報告がみられるようになった.F. nucleatumは炎症を惹起することで発癌や癌の進行に関与し,免疫機構からの回避,癌遺伝子や癌抑制遺伝子への影響,細胞増殖の促進,F. nucleatumと癌細胞との接着機構について報告されており,メカニズムは多彩である.病期が進行すれば,F. nucleatumの菌量が多くなる傾向があり,また,菌量が多ければ予後が悪化するといった報告もみられ,癌の進行に影響していることがうかがえる.F. nucleatumは,CIMP-highやマイクロサテライト不安定性,MLH1高メチル化に関連し,鋸歯状腺腫からの発癌経路にも関与している可能性がある.一方,F. nucleatumは口腔内常在菌であり,歯周病の原因菌として知られている.我々は,大腸癌と口腔内の菌株が同一であることを報告したが,口腔内のF. nucleatumはどのように大腸に到達したのか,はっきりした結論はでていない.F. nucleatumをはじめとした腸内細菌に注目し,大腸癌の予防方法の解明につなげることが今後の課題である.

  • 伊藤 善翔, 小井戸 薫雄, 大草 敏史
    2021 年 35 巻 1 号 p. 13-18
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/02/03
    ジャーナル フリー

    膵疾患は急性膵炎といったcommon diseaseから自己免疫性膵炎や癌まで様々である.そのなかで,膵臓癌は我が国においてだけでなく,全世界的に未だ予後不良の疾患であり,その対応には急務が求められている.近年,様々な消化器癌において腸内細菌(Gut microbiota)の関与が報告されているが,膵疾患領域においても細菌叢の解析が蓄積されてきている.膵疾患においても良悪性疾患を問わず細菌が疾患に関係することが示唆されてきており,細菌叢から疾患を考察することは,未だ解明されていない癌化プロセス等の解明に繋がると考える.

feedback
Top