Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
原著
活動報告
  • 吉村 真一朗, 山口 健也
    2024 年 19 巻 2 号 p. 109-113
    発行日: 2024年
    公開日: 2024/04/23
    ジャーナル オープンアクセス HTML

    院内病棟型の緩和ケア病棟を持つ当院は,完全独立型の旧病院同様,正面玄関からの死亡退院を案内しているが,それが与える遺族感情への影響を,独立型・病棟型の違いで比較・検討した.患者が退院する際に抵抗感や違和感を感じた遺族は独立型13%,病棟型23%と病棟型で多かった.他患者の退院に遭遇した際の違和感は独立型52%,病棟型28%と病棟型で少なかった.記述意見として正面退院への肯定的な意見は多く挙げられたが,一般病院での気兼ねない退院実施には医療側の十分な配慮が必要であることも示唆された.現在は配慮・工夫の徹底に加え,要望に応じた退院口(正面玄関以外の選択)を導入するに至っている.

  • ウォン 政代, 河鰭 憲幸
    2024 年 19 巻 2 号 p. 115-119
    発行日: 2024年
    公開日: 2024/05/10
    ジャーナル オープンアクセス HTML

    【目的】地域がん診療連携拠点病院かつ緩和ケア病棟を有さない急性期病院の当院で,緩和ケア科の外来患者の受診状況を精査することでアンメットニーズを探索し,よりよい外来体制の構築の示唆を得た.【方法】2020年4月から2023年3月の当院緩和ケア科患者の受診件数のべ3136件を対象とし,緩和ケア外来の予約外受診,救急搬送,救急入院の頻度やその受診理由を後ろ向きに調査を行った.【結果】当院緩和ケア外来の予約外受診は630件(20.1%)で,その74.0%は平日日勤帯であった.全受診機会のうち,救急入院に至ったのは347件(11.1%),予約外受診に限ると48.4%が救急入院で,その56.5%は救急車による来院だった.【結論】がん患者の急変に備え,24時間の受け入れ体制を構築することは重要であることが示唆された.入院に至りやすい症状を患者・家族に伝えておくことは,受診を判断するうえで助けになる可能性があった.

feedback
Top