日本血栓止血学会誌
Online ISSN : 1880-8808
Print ISSN : 0915-7441
ISSN-L : 0915-7441
13 巻 , 3 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
総 説
  • 安藤 譲二
    2002 年 13 巻 3 号 p. 227-236
    発行日: 2002年
    公開日: 2009/04/02
    ジャーナル フリー
    生体はメカニカルストレスが作用する物理的環境に置かれている. 生体外からの重力などのほかに生体内で発生する圧力, 張力, 摩擦力などのメカニカルストレスが作用する. 生体の組織, 細胞, 分子の機能は多かれ少なかれメカニカルストレスの影響を受けており, メカニカルストレスが変化するとそれらの機能も変化する. こうした現象は既に19世紀末に指摘されており,Thomaが鶏胚の観察で血管形成が血流速度に, Wolffが骨の増殖が過重に依存することを報告している. これまで, 血管や骨だけでなく心筋, 歯根膜細胞, 内耳有毛細胞, 乳腺細胞, 気道上皮細胞, 皮膚など多くの組織・細胞がメカニカルストレスに反応することが観察されている. 血管に働くメカニカルストレスと, それに対する血管細胞の反応は蛋白の選択的透過性や血管のトーヌスの調節, 血液の凝固・線溶活性や平滑筋の増殖の制御, あるいは白血球との接着現象など正常な血管機能の維持に重要な役割を果たしている. さらに血管の成長, 新生, リモデリングや粥状動脈硬化病変の発生といった血流依存性に起こる現象にも深く関わっているのである. ここではとくに血流に起因するメカニカルストレスである流れずり応力の血管への作用についてわれわれが得た実験結果を中心に概説することにする.
  • 矢冨  裕
    2002 年 13 巻 3 号 p. 237-244
    発行日: 2002年
    公開日: 2009/04/02
    ジャーナル フリー
  • 増田 治史, 浅原 孝之
    2002 年 13 巻 3 号 p. 245-251
    発行日: 2002年
    公開日: 2009/04/02
    ジャーナル フリー
原 著
  • 織  順一, 田中 一郎, 窪田 容子, 松本 智子, 神末 政樹, 柴田  優, 嶋  緑倫, David LILLICRAP, 吉岡  ...
    2002 年 13 巻 3 号 p. 252-258
    発行日: 2002年
    公開日: 2009/04/02
    ジャーナル フリー
    Hemophilic dogs have an identical inheritance pattern and bleeding symptoms to human hemophilia A and therefore are a most suitable animal model of the human disease. The probability based on the pedigree data and the measurement of factor VIII coagulant activity (FVIII : C) have been used for carrier detection of canine hemophilia A. In order to improve the precision of carrier diagnosis, a ratio of FVIII : C to von Willebrand factor antigen (VWF : Ag) was used for the assessment of carrier status of canine hemophilia A. Two beagle dogs suspected to be hemophilic carriers by the reduction of FVIII : C to around 50 U/dl were tested for the ratio of FVIII : C/VWF : Ag. They were mated with a normal male beagle, and newborn puppies were tested for coagulation assays. One dog strongly suspected of being a carrier by the ratio was confirmed as a definite carrier by the production of a hemophilic puppy, which may be the first hemophilic dog in Japan resulting from a planned mating. The other dog suspected not to be a carrier by the ratio has never produced any hemophilic puppies. These findings suggest that the FVIII : C/VWF : Ag assessment is more reliable than FVIII : C alone for carrier detection of canine hemophilia A and is useful in the establishment of a canine hemophilic colony.
血栓止血学へのメッセージ
トピックス
編集者への手紙
feedback
Top