衛生動物
Online ISSN : 2185-5609
Print ISSN : 0424-7086
ISSN-L : 0424-7086
62 巻 , 2 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
原著
  • 津田 良夫, Wannapa SUWONKERD, 高木 正洋
    2011 年 62 巻 2 号 p. 85-92
    発行日: 2011/06/15
    公開日: 2011/12/15
    ジャーナル フリー
    ハマダラカ類のMark-release-recapture実験を1995年10月と11月に北部タイで実施した.1回目の実験では12種3,744雌を捕獲し,蛍光塗料で着色した後に放逐して飛翔距離を調べた.放逐された蚊の再捕獲は放逐場所からの距離が異なる5 ヶ所(60 mから2,700 m)で水牛と人囮によって放逐後連続4日間実施した.主要なハマダラカ5種の再捕獲率は0.72~1.23%であった.優占種のAn. aconitus の再捕獲率は0.92%で,このうち3個体が2,700 m離れた採集場所で再捕獲された.2回目の実験では,11種9,374雌を放逐し連続した6日間の再捕獲を行って,An. aconitus の日当たり生存率を推定するとともに,他種ハマダラカの飛翔距離を再度調べた.An. aconitus の再捕獲率は1.46%で,本種を含む4種ハマダラカの10雌が2,700m離れた採集場所で再捕獲された.An. aconitus の日当たり生存率を2種類の方法で推定したところ,0.618および0.624であった.人囮と牛囮で再捕獲された個体数の比を求め,人嗜好性の程度を評価した.
  • 宮城 一郎, 當間 孝子, 岡沢 孝雄, Moi Ung LEH
    2011 年 62 巻 2 号 p. 93-99
    発行日: 2011/06/15
    公開日: 2011/12/15
    ジャーナル フリー
    サラワクの森林内の竹筒の水溜りから採集した蚊の幼虫を個別飼育により得た一連の標本(雌・雄と蛹・幼虫の脱皮殻)は,マレー半島のセランゴール州から雄雌をもとに記載された Topomyia (Topomyia) rubithoracis Leicester と雄の生殖器の形態が一致した.本種は蛹・幼虫期の記録,記載は今日まで全くないので,一連の標本と同じ竹筒の水溜りから採集した幼虫標本をもとに蛹と幼虫の形態を詳細に記載,図示した.また,本種の重要な特徴である雄の生殖器も簡単に再記載,図示した.幼虫の小顎は apical teeth や maxilla bundle は未発達で,捕食性でないと思われる.本種はサラワク州からは初記録である.
  • 田原 雄一郎, 神谷 桜, 渡部 泰弘
    2011 年 62 巻 2 号 p. 101-107
    発行日: 2011/06/15
    公開日: 2011/12/15
    ジャーナル フリー
    粘着トラップによる3種ゴキブリ(チャバネゴキブリ,ワモンゴキブリおよびトビイロゴキブリ)の捕獲率「(捕獲数÷放飼数)×100」は日ごとに低下した.これは粘着トラップを避ける個体が増加したことによると判断した.チャバネゴキブリでは令別,雌雄での比較で♂>♀>老齢>若令の順に捕獲率は高かった.特に,若令は捕獲されにくかった.一週間にわたり捕獲をまぬがれた個体(経験群)と新しく放飼された個体(未経験群) では,常に前者の捕獲率が低かった.これは,経験ゴキブリ群が粘着トラップに捕獲されないような行動を「学習」したものと推察した.経験群をしばらくトラップから避けて飼育する中断期間を与えたところ,トラップを避ける行動は5週間まで維持された.粘着板を避けるには触角の働きが大きいと思われる.触角の先端部の微毛は粘着面を感知するだけでなく,粘着面への付着を防いでいると考えられる.生きている間は触角を空中に保持し,死亡すると付着した.モニタリングや殺虫剤の効果判定の目的で,粘着トラップを連続して使用したり,頻繁に使用したりすると,トラップ捕獲率が低下し,得られたゴキブリ指数がその場のゴキブリ生息状況を正しく反映しない可能性があることに留意すべきである.
  • 白石 祥吾
    2011 年 62 巻 2 号 p. 109-116
    発行日: 2011/06/15
    公開日: 2011/12/15
    ジャーナル フリー
    Field collections of mosquito larvae were conducted from 12 different larval habitats found at 34 collection sites in Ehime prefecture, western Japan during 2009-2010. A total of 24 mosquito species in 8 genera were collected, including the following 6 newly recorded species from Ehime Prefecture; Culex infantulus, Aedes oreophilus, Ae. koreicoides, Ae. kobayashii, Topomyia yanbarensis and Orthopodomyia anopheloides. Three dominant species, Ae. japonicus, Tripteroides bambusa and Cx. sasai, occupied a wide variety of larval habitats and occurred in the entire period of mosquito breeding season from April to November. Four of the newly recorded species, Aedes oreophilus, Ae. koreicoides, Ae. kobayashii, To. yanbarensis were found from restricted types of larval habitats, such as stone pot, bamboo stump and bamboo internode, and larvae occurred in a limited period of breeding season from April to July, suggested a low chance of encounter during larval collections.
短報
  • 吉田 永祥, 松尾 光子, 内野 清子, 三好 龍也, 西口 智子, 田中 智之
    2011 年 62 巻 2 号 p. 117-124
    発行日: 2011/06/15
    公開日: 2011/12/15
    ジャーナル フリー
    Recent entomological studies carried out in Sakai City, Osaka, Japan showed a high density of Culex pipiens complex. We performed PCR-based molecular identification of Cx. pipiens complex to show local distribution of the members of Cx. pipiens complex and variation of the species composition in Sakai City. CDC miniature suction traps without a lamp enhanced with 1 kg of dry ice were used to collect adult mosquitoes at 12 collection sites from April 2009 to March 2010. Among 1,591 Cx. pipiens complex collected in this study, 1,044 (65.6%) were identified as Cx. p. pallens, 474 (29.8%) were Cx. p. form molestus, 62 were hybrids between Cx. p. pallens and Cx. p. form molestus, and 3 were identified as Cx. quinquefasciatus. Culex p. pallens were not collected in winter from December 2009 to March 2010. Culex p. form molestus were not collected in January to March 2010. Hybrids between Cx. p. pallens and Cx. p. form molestus were not collected in December 2009 and January 2010. Culex quinquefasciatus was collected at 3 different collection sites in summer from July to September 2009. The Cx. pipiens complex composition was significantly different among 3 different categories of collection site.
feedback
Top