森林利用学会誌
Online ISSN : 2189-6658
Print ISSN : 1342-3134
ISSN-L : 1342-3134
30 巻 , 4 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
論文
  • 藤原 まや, 岩岡 正博, 松本 武, 猪俣 雄太, 村瀬 絵美, 牧 玄
    原稿種別: 本文
    2015 年 30 巻 4 号 p. 145-152
    発行日: 2015/10/31
    公開日: 2017/04/03
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究の目的は,野積み保管やフレコン保管では自然乾燥が困難であるチップを,通気性素材を用いたフレコンを利用することで乾燥させることを目指して,通気型フレコン内部における含水率の変化過程をモデル化することである。このために,通気型フレコンを模した疑似フレコンにチップを詰め,恒温器内において乾燥させ,含水率を測定するとともに,温湿度を記録した。この結果,フレコン表面からの距離によって乾燥の仕方が異なり,フレコン表面付近は指数関数的に含水率が減少するのに対し,フレコン内部では逆S字型を描いて減少することが明らかとなった。これらを,それぞれ指数曲線とロジスティック曲線を用いてモデル化した結果,両者ともよくあてはまり,これらを用いたフレコン全体の含水率変化も再現することが可能であった。ロジスティックモデルの係数のうち,乾燥速度を規定する係数は通気性面からの距離に応じて小さくなり予想通りの性質が見られたが,乾燥開始時期を規定する係数の解釈には不明な点が残った。
速報
  • 藤野 正也, 渡辺 亮介, 近藤 稔, 山口 浩和, 白井 漸
    原稿種別: 本文
    2015 年 30 巻 4 号 p. 153-157
    発行日: 2015/10/31
    公開日: 2017/04/03
    ジャーナル オープンアクセス
  • 宗岡 寛子, 鈴木 秀典, 山口 智, 田中 良明, 陣川 雅樹
    原稿種別: 本文
    2015 年 30 巻 4 号 p. 159-164
    発行日: 2015/10/31
    公開日: 2017/04/03
    ジャーナル オープンアクセス
    近年開設される林道では,側溝が省略される場合が多い。そのため道沿い斜面から林道路面へ雨水が流入し,路面侵食が助長される恐れがある。本研究では,道沿い斜面からの流入水量が多い場所を集水面積や地形から予測できるか検討した。道沿い斜面からの流入水量が多い場所では,降雨後も路面流が長時間継続したり,維持管理の中で横断溝が追加されていたりすると考えられる。本研究では,林道を踏査してそれらが見られる場所を記録し,その出現頻度と集水面積や地形との関係を検討した。その結果,集水面積の大きな場所ほどそれらの出現頻度が高いという傾向は認められなかった。一方,それらは谷の横断部付近で多く見られた。谷の規模別に見ると,集水面積が0.1ha以下の小さな谷から10ha以上の大きな谷まで,付近での路面流継続区間や追加横断溝の出現頻度に有意な差はなかった。これらのことから,本研究の調査地においては,集水面積を基に道沿い斜面からの流入水対策が必要な場所を予測することは困難であると考えられる。集水面積の大きな谷の付近のみならず,小さな谷の付近でも道沿い斜面からの流入水に注意が必要であると考えられる。
feedback
Top