日本食品微生物学会雑誌
Online ISSN : 1882-5982
Print ISSN : 1340-8267
ISSN-L : 1340-8267
18 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 西村 雅子, 山田 満彦, 上田 成子, 桑原 祥浩
    2001 年 18 巻 1 号 p. 1-7
    発行日: 2001/03/31
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    クールステージを装着した低真空SEMは, 観察中試料を冷却しながら観察することにより水分の蒸発や電子線損傷を軽減し, 従来の試料作製法 (固定・脱水・乾燥・金属コーティングなど) を簡略化して含水試料を収縮・変形の少ない状態で長時間観察することを可能にした.本報ではクールステージおよび高感度YAG反射電子検出器を装着した低真空SEMを用いて, 一切の前処理を行わずカイワレ大根に付着する細菌の観察条件の検討を行った.さらにカイワレ大根の洗浄効果の可視化を目的として, 無洗浄, 水道水で水洗のみ, 速効性の殺菌作用を示す水として脚光を浴びている強酸性電解水, および殺菌効果の確認されているフマル酸を主成分とするフマル酸製剤を用いてカイワレ大根に付着する細菌の洗浄を行い, 形態面から洗浄効果を検討した.その結果は以下のとおりであった.
    1.低真空SEMにYAG反射電子検出器を装着して加速電圧5kVで生野菜を観察することにより, 葉や茎の表面に付着している細菌の様子を明瞭に捉えることができた.
    2.無洗浄のカイワレ大根の茎および葉では, 細菌の増殖部位で組織を覆うように増殖しており, 特に細胞の境界部では多くの細菌が付着していることが明らかとなった.
    3.水道水で水洗のみの試料では, 無洗浄のものと同様, 多くの細菌付着が認められ, 顕著な洗浄効果は認められなかった.
    4.強酸性電解水およびフマル酸製剤で洗浄した試料着した細菌, 細胞の表面に張り付いたように付着している細菌については, 洗浄効果は低い傾向にあった.では顕著な洗浄効果は認められたが, 細胞の境界部に付着した細菌, 細胞の表面に張り付いたように付着している細菌については, 洗浄効果は低い傾向にあった.
  • 小西 典子, 甲斐 明美, 松下 秀, 野口 やよい, 高橋 由美, 関口 恭子, 新井 輝義, 諸角 聖, 小久保 彌太郎
    2001 年 18 巻 1 号 p. 9-14
    発行日: 2001/03/31
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    1998年8月から11月の間に有機.水耕栽培野菜の汚染実態調査を行った.卸売市場およびスーパーマーケットで買い上げた大根37件, 人参29件, キャベツ28件, ネギ28件, レタス32件, キュウリ29件, トマト40件, 玉ネギ28件, カイワレ大根32件, アルファルファ13件, およびサラダ菜, ホウレン草, モヤシ各1件の合計299件を対象とし, 生菌数, 大腸菌, 腸管出血性大腸菌O157およびサルモネラについて検査した.
    その結果, 生菌数は1g当たり10個以下から107個までと広範囲にわたっていた.特にアルファルプァとカイワレ大根の生菌数は全体に高かった.大腸菌はネギ1件より検出された.O157は検出されなかったが, サルモネラはアルファルファ1件より検出された.検出されたサルモネラはO13群血清型Cubanaであった.アルファルファ由来株と同時期に検出された同血清型ヒト保菌者由来株との関連性を薬剤感受性試験, プラスミドプロファイルおよびXbaI , SpeIで消化後のPFGEパターンの比較により検討した.その結果PFGEパターンが異なっていたことから, 両者の関連性は否定された.
  • 村野 勢津子, 伊藤 文明, 石村 勝之, 鶴岡 誠, 山岡 弘二
    2001 年 18 巻 1 号 p. 15-19
    発行日: 2001/03/31
    公開日: 2011/02/25
    ジャーナル フリー
    Fluorescence polarization technique can specifically detect nucleotide sequences by hybridization without separation procedures. We applied the technique to the detection of the Shiga toxin genes (stx1andstx2) in enterohemorragicEscherichia coli(STEC).
    STEC possessesstx1 and/orstx2 and using MK primers, the amplification ofstx1 and/orstx2 can be performed universally, but the band sizes for both genes are almost identical; thus the genotype is hard to determine using electrophoresis. To identify stx genotype, conventional PCR combined with electrophoresis requires a second amplification process with more than 25 temperature cycles using other genotype-specific primer pairs. However, using the newly developed method only a few temperature cycles of the asymmetric PCR using the same MK primers and two different probes forstx1andstx2 were needed. The incubation time for probe hybridization was 10 minutes, and the detection time for fluorescence polarization was within about 1 minute per sample. Thus, we considered that the detection method using fluorescence polarization technique was a rapid and reliable method for detectingstx1and/orstx2.
  • 成松 浩志, 小林 貴廣, 世古 庄太, 三上 賢一, 大隈 滋, 後藤 祐司, 木元 正一
    2001 年 18 巻 1 号 p. 21-25
    発行日: 2001/03/31
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    We investigated the usefulness of a rapid screening method for the detection of VTEC andSalmonellafrom swab specimens of flayed carcasses by detecting the Vero toxin (VT) andSalmonella invAgenes by PCR using multiplex primer sets (MK and SIN primer sets) for the meat inspection at slaughterhouse. Thirteen strains of VTEC and 3 strains ofSalmonellawere examined in the presence of other bacteria (non-VTEC and non-Salmonella) concomitantly present in the swab specimens. The multiplex PCR could detect VT andinuAgenes at a concentration of 2.0×104cfu/ml and 2.1×103cfu/ml respective1y, even in the presence of other bacteria at a concentration of 109cfu/ml in the broth suspension. Brief shaking-incubation of the swab specimens at 36°Cfor 8 hrs in Tryptic Soy Broth (TSB), during which period both VTEC andSalmonella, if present, grew to 106.6-108.4cfu/ml, enhanced the detection rate of the multiplex PCR test. Cultivation of the swab specimens in either EEM or N-mEC media showed restricted growth, and subsequent lower detection rates compared with that in TSB. With the combination of brief shaking-culture in TSB and the multiplex PCR, we could detect as little as 1-10cfu/ml of VTEC andSalmonellapresent in the swab specimens. This method can shorten the time and reduce the number of staff needed to perform meat inspection.
  • 食品事故防止対策委員会
    2001 年 18 巻 1 号 p. 27-31
    発行日: 2001/03/31
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
feedback
Top