日本食品微生物学会雑誌
Online ISSN : 1882-5982
Print ISSN : 1340-8267
ISSN-L : 1340-8267
18 巻 , 2 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 蒋 長苗, 劉 佩紅, 丁 建平, 劉 旭光, 胡 東良, 品川 邦汎
    2001 年 18 巻 2 号 p. 43-47
    発行日: 2001/06/30
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    A total of 1, 019 samples of milk, meat and fish and their products were examined for the incidence of Staphylococcus aureus and the production of staphylococcal enterotoxin from strains isolated between 1995 and 1998 in China. Overall, 381 samples (37.4%) were contaminated with S. aureus. The rate of isolation was 46.7% for raw milk, 6.3% for dairy products, 73.6% for chicken meat, 29.5% for pork, 25.0% for beef, 19.5% for meat products and 30.9% for fish and shellfish. None of S. aureus was found in yoghurt and dry milk. Fortyeight (33.1%) of the 145 isolates from milk and dairy products, 61 (29.5%) of 207 isolates from meat and meat products, and 6 (20.7%) of 29 isolates from fish and shellfish produced staphylococcal enterotoxin, types A to E, respectively. The most predominant type was C, followed by A and B.
  • 宅見 央子, 越智 裕文, 岡田 茂孝, 李 雪駝, 寺田 厚, 光岡 知足
    2001 年 18 巻 2 号 p. 49-56
    発行日: 2001/06/30
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    健康成人9名にフローズンヨーグルト (FY;60g/日) および乳果オリゴ糖 (2g/日) 添加フローズンヨーグルト (FY-LS;60g/日) をそれぞれ2週間摂取させ, 腸内フローラおよび代謝産物に及ぼす影響について検討した.
    FY摂取において, 腸内フローラでは摂取14日目にBifidobacteria (p<0.05) が有意に増加し, レシナーゼ陰性Clostridia (p<0.05) が有意に減少した.腐敗産物ではFY摂取2週後にアンモニア, 硫化物およびインドール (p<0.01), また, フェノールおよびクレゾール (p<0.05) が有意に減少した.短鎖脂肪酸では乳酸および酢酸 (p<0.05) が摂取中有意に増加した.
    FY-LS摂取において, 腸内フローラでは摂取中にBifidobacteria (p<0.01) はFY摂取より有意に増加し, レシチナーゼ陽性 (p<0.05) および陰性Clostridia (p<0.01) の菌数は摂取中, さらに, レシチナーゼ陽性Clostridia (p<0.05) の検出率は摂取14日目にFY摂取より有意に減少した.アンモニア, 硫化物, フェノール, クレゾール, インドールおよびスカトール (p<0.05) はFY-LS摂取で, FY摂取より有意に減少した.乳酸および酢酸 (p<0.05) はFYLS摂取でFY摂取より有意に増加した.
    糞便pHおよび水分はそれぞれFY摂取よりFY-LS摂取で有意に低下および増加した.糞便重量 (p<0.05) はFY摂取よりFY-LS摂取で有意に増加した.
  • 寺本 忠司, 仲西 寿男, 盛田 隆行, 中谷 真人, 高倍 正典
    2001 年 18 巻 2 号 p. 57-60
    発行日: 2001/06/30
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    食鳥肉からのサルモネラ検出を1日で行う方法として前増菌培養によるBactometer法およびサルモネララテックス凝集反応テストを併用した.またBactometer法の前培養に用いる3種類の増菌培地の選定やBactometer法の培養温度を調べた.さらに, Bactometer法のISS増菌培地および食鳥肉からの従来法によるサルモネラ検出を行った.
    1. 食鳥肉からのサルモネラ検出はBactometer法とラテックススライド凝集反応テストの併用によって1日で可能になった.
    2. サルモネラ検出法は, SBG増菌培地で43℃, 8時培養後, Bactometer法のISS増菌培地の37℃ 培養とラテックススライド凝集反応テストの併用が有効であった.
  • 中川 弘, 水野 竹美, 清水 隆浩, 金子 旬一, 角野 政弥, 伊藤 武, 坂井 千三, 寺田 厚
    2001 年 18 巻 2 号 p. 61-66
    発行日: 2001/06/30
    公開日: 2010/07/12
    ジャーナル フリー
    Lactic acid bacteria belonging to the human normal flora of the mouth and intestine were used for fermented food as starter cultures.
    In salted vegetables fermented by lactic acid bacteria, the fermentation of lactic acid bacteria was markedly affected by salt concentration.
    A sample of 23 salted vegetables were purchased from a retail shop in Tokyo, and 2 homemade samples were also used.
    A total of 164 strains of lactic acid bacteria were isolated from 19 samples.
    For the fermentation test, API 50 CH galley and CHL medium were used according to the manufacture's instructions, and identification of species of lactic acid bacteria was performed using API 50 kit and Bergey's manual.
    Lactic acid bacteria levels ranged between 104 cfu/g and 108 cfu/g widely.
    The isolated lactic acid bacteria were Lactobacillus, Lactococcus, Leuconostoc and Pediococcus.
    The predominant species were Leuconostoc mesenteroides and Lactococcus lactis.
feedback
Top