放送研究と調査
Online ISSN : 2433-5622
Print ISSN : 0288-0008
ISSN-L : 0288-0008
69 巻 , 4 号
放送研究と調査
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 主に技術環境の視点から
    宮田 章
    2019 年 69 巻 4 号 p. 2-29
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
    NHKのテレビドキュメンタリー(以下「TD」)の制作技法は4つの技術的展開に大きな影響を受けている。①テレビ草創期に映像の収録媒体として16ミリフィルムを採用したこと、②60年代末から70年代初頭にかけて同時録音技術が普及したこと、③70年代末から80年代前半にかけてフィルムロケからVTRロケへと転換したこと、④80年代半ば以降、制作プロセス全般でデジタル化が進展していったこと、がそれである。これらの技術的展開は、NHKにおけるすべてのTDの作り手が、10年を超えるスパンで依拠する技術環境を作り出し、それぞれの技術環境に適合的な制作技法を成立せしめたという意味で画期的であった。本稿は、1953年のテレビ本放送開始から2018年に至るNHKの主なTDの一覧図を示すとともに、主に技術環境の視点からその制作技法の中長期的な展開を記述する。得られた知見を基に、60年を超えるNHKのTDの展開を4期に時期区分することができる。
  • 「2018年10月東京オリンピック・パラリンピックに関する世論調査(第4回)」の結果から
    斉藤 孝信
    2019 年 69 巻 4 号 p. 30-51
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
    「2020年東京オリンピック・パラリンピックに関する世論調査」は、大会に対する人びとの関心や期待・不安、放送サービスへの要望などを明らかにするため、2016年から継続して行っており、今回は2018年10月に実施した第4回調査の結果を報告する。今回の特徴としては、パラリンピックや障害者スポーツに対する認識の変化が挙げられる。パラリンピックを「オリンピックと同様に、純粋なスポーツとして扱うべき」と位置づける人が第1回より増加(37%→43%)した。障害者スポーツについても、現代社会で『理解されている』と考える人が増え、「すごい技が見られる」「明るい」「迫力のある」など、スポーツとしての具体的なイメージを持つ人が増加した。準備状況への評価は大きく改善している。2年前は8割が『順調ではない』と厳しい評価をしていたが、回を重ねるごとに『順調だ』と考える人が増え、今回初めて半数を超えた。一方で、開催に伴う不安では、交通渋滞の他、治安や生活環境の悪化など、東京関連の項目で増加がみられた。こうした変化の一方で、東京開催の評価や大会への関心には変化がみられない。開催評価は85%程度、『関心あり』はオリンピック約8割、パラリンピック約6割で、いずれもこの2年間、変化がない。期待する放送サービスでは「見逃し配信」と「4K・8K」が第1回から一貫して上位である。ただし、「見逃し配信」は女性50代以下、「4K・8K」は60代以上で高くなるなど、性別や年層、五輪を視聴するつもりの機器などによって、ニーズには違いがある。
  • ISSP国際比較調査「宗教」・日本の結果から
    小林 利行
    2019 年 69 巻 4 号 p. 52-72
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
    本リポートでは、NHK放送文化研究所が国際比較調査グループ(ISSP)の一員として、2018年10月から11月にかけて実施した「宗教」に関する調査の日本の結果について、過去の調査結果との時系列比較を中心に報告する。結果を簡単にまとめると以下のようになる。①信仰している宗教の割合は変わらないものの、信仰心は薄くなり、神仏を拝む頻度は低くなっている。②日本人の伝統的な価値観だと捉えられてきた“お天道様がみている”“人知を超えた力の存在”“自然に宿る神”といった感覚を持つ人は少なくなっている。③宗教に「癒し」などの役割を期待する人は減少している。宗教に危険性を感じる人は、感じない人よりも多い。④各宗教徒別では、「イスラム教徒」への否定感が他の宗教徒に比べて高い。日本ではこれまで、宗教について深く考えたことのなかった人も多いと思われる。しかし、改正出入国管理法の施行(2019年4月)によって、外国人材の受け入れが進む中で事情が変わる可能性がある。異なる宗教観を持った人達との付き合いが増えれば、今まで以上に「日本人と宗教」について考えなければならないケースが出てくるかもしれない。
  • NHK NEWS WEBを例に
    東山 浩太
    2019 年 69 巻 4 号 p. 74-77
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/05/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
feedback
Top