生活衛生
Online ISSN : 1883-6631
Print ISSN : 0582-4176
ISSN-L : 0582-4176
31 巻 , 2 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 1987 年 31 巻 2 号 p. 59-63
    発行日: 1987/03/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
  • 森田 茂
    1987 年 31 巻 2 号 p. 64-80
    発行日: 1987/03/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
  • 堀口 俊一, 円藤 吟史, 清田 郁子
    1987 年 31 巻 2 号 p. 81-83
    発行日: 1987/03/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    The average and individual values of the test results related to thyroid function for 52 male workers in a lead refinery were within the normal ranges. Examination of the relationship between lead exposure and function related to thyroid showed no significant results. The conclusion reached is that at the levels of atmospheric lead (0.031 to 1.008mg/m3) and blood lead (31.9±20.4μg/100g) studied, lead has no significant effect on function related to thyroid.
  • 桑名 好恵, 北野 雅昭, 中垣 剛典, 森下 日出旗
    1987 年 31 巻 2 号 p. 84-89
    発行日: 1987/03/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    乳酸桿菌の Lactobacillus jugurti OSI-1と, 乳酸球菌の Streptococcus lactis OSI-1, 81及び Streptococcus cremoris OSI-1, 18を用いて, 3種の細胞壁溶解酵素の, lysozyme, N-acetylmuramidase SG. achromopeptidase による溶菌作用を調べ, 次のことが明らかとなった。
    L. jugurti OSI-1において, 酵素の溶菌効果は, N-acetylmuramidare SG>achromopeptidase>lysozyme の順であり, S. lactis OSI-1, 81及びS. cremoris OSI-1, 18の溶菌効果は, achromopeptidase>N-acetylmuramidase SG>lysozyme の順になった。この中で, 特にN-acetylmuramidare SGと achromopeptidemse は低濃度(1~5μg/ml)で, 効果的であった。lysozyme は, 溶菌作用が弱かった。一方, これらの酵素とα-amylase を, それぞれ lysozyme と共存させた時, Lactobacillusの場合, achromopeptidase が促進効果を示し, α-amylase は効果を示さなかった。しかし, S. lactis OSI-1,81及びS. cremoris OSI-1, 18においては, α-amylase の添加促進効果が著しいことが, 確認された。このことから, LactobacillusStreptococcus は細胞壁の構造上, 若干の差異のあることが, 酵素の溶菌反応よりうかがえた。これらの酵素による溶菌作用は, 3mM MgCl2・6H2Oと0.58M sucrose の存在により阻止された。以上のことより, これらの溶菌酵素により, プロトプラストの形成を行なうことが可能であることが明らかになった。
  • 桑名 好恵, 北野 雅昭, 中垣 剛典, 森下 日出旗
    1987 年 31 巻 2 号 p. 90-100
    発行日: 1987/03/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    乳酸桿菌の Lactobacillus jugurti OSI-1と乳酸球菌の Streptococcus lactis OSI-1, 81及び Streptococcus cremorfs OSI-1, 18を用いて, 3種の細胞壁溶解酵素 lysozyme, N-acetylmuramidase SG, achromopeptidase とα-amylase によるプロトプラスト形成を, 濃度と処理時間について検討し, 次のことが明らかとなった。
    桿菌のL. jugurti OSI-1の場合, 酵素の単独使用においてN-acetylmuramidase SGが低濃度, 短時間で, 最もプロトプラスト形成に効果的であった。lysozyme は効果が弱く, 最大濃度でも54%に留まった。achromopeptidase もかなりよい結果をもたらした。一方, lysozyme に他の酵素を添加して調べてみると, α-amylase を除いて他の2種の酵素が効果的であった。
    球菌のS. lactis OSI-1, 81, S. cremoris OSI-1, 18においては, 単独酵素では achromopeptidase が最も効果的で, 次いでN-acetylmuramidase SGであった。lysozyme は Lactobacillus と同様で効果が低いが, α-amyiase を共存させると効果が相乗的に増大した。他の2種の酵素, N-acetylmuramidase SG, achromopeptidase についても同様であった。
    これらのことから, 乳酸菌において, 浸透圧調節物質としてのMgCl2・6H2Oと sucrose を添加したTHMS buffer を酵素処理溶液として使用すると, 細胞溶菌酵素は, 低濃度(1μg/ml), 短時間 (30分) で, 容易にプロトプラストを形成することが可能であることが判明した。
  • 冨田 絹子
    1987 年 31 巻 2 号 p. 101-107
    発行日: 1987/03/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    Food construction regarding school lunches in Suita City was studied so as observe the changes occurring over a 12 year period. The following results were obtained.
    1. Those foods that increased were rice, seeds, green and yellow vegetables, fruit (1976-1979), Fish and shellfish (1980-1983) and meats (1976-1979). Those items showing a decrease were sugar, fats and oils, seasonings (1976-1979) and eggs (1980-1983).
    2. other vegetables and seasonings showed a large increase and cereals, rice, peas, fruit, fats and oils and eggs were consumed only to a limited extent in summer. Cereals rice, peas and fruit showed an increase, and other vegetables and seasonings were consumed very little in winter. Consumption of fish and shellfish showed a great decrease in autumn.
    3. Meats showed a large increase from 1972 to 1979, and potatoes, peas, fruit, green and yellow vegetables fish and shellfish lacked in this investigation term, compared with the food construction standard.
  • 吉田 秋比古
    1987 年 31 巻 2 号 p. 108-114
    発行日: 1987/03/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
  • 神戸 保
    1987 年 31 巻 2 号 p. 115
    発行日: 1987/03/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
feedback
Top