武道学研究
Online ISSN : 2185-8519
Print ISSN : 0287-9700
ISSN-L : 0287-9700
38 巻 , 1 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 菅波 盛雄, 斉藤 仁, 廣瀬 伸良, 中村 充, 林 弘典, 増地 克之
    2005 年 38 巻 1 号 p. 1-12
    発行日: 2005/07/31
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    IJFは2001年までは「判定方式」,2002年からは「ゴールデンスコア方式」を採用している。本研究は,2000年から2003年までの4年間に国際柔道連盟が主催した4大会を対象として,試合終了時に両試合者のスコアが同一であった試合の分析を試みた。
    2000年世界Jrナブール大会と2001年世界選手権ミュンヘン大会,全1,356試合の中で「判定」によって勝敗が決したのは73試合(5,4%)であった。2001年世界Jr済州島大会と2003年世界選手権大阪大会,全1,285試合の中で「GS」によって勝敗が決したのは42試合(3.3%)であり減少がみられた。
    「判定」によって勝敗が決した73試合を施技ランクB,Cおよび組み手主導権の3項目で比較した結果,審判員の判定が3対0の時にプラスポイントが確認された選手が勝ちとなったのは73,8%であった。一方,2対1の時はプラスポイントでの勝ちが41.9%と減少がみられたことから,全員一致の判定の困難さが窺える。
    同様の手法で「GS」に入る前の試合分析から,「GS」への移行が妥当と判断されたのは11試合(26.2%)であり,残りの31試合(73.8%)は項目比較によって優劣に差がみられた。「GS」導入によって試合時間は「判定方式」に比べて長くなるが,「判定」に対する「GS」の試合時間比は4分の試合で1.43倍増に対して,5分では1.28倍と減少が認められた。
    「GS方式」の導入によって,試合終了時に同一スコアとなる試合が激減した。また,実質上の試合時間を抑制する傾向が窺え,延長時間の問題も許容範囲であると言える。「GS」による試合は,罰則よりもポイント取得によって勝敗が決する方向にあり,勝負判定の客観化を推進するためには有効な改正であった。
  • David MATSUMOTO, 金野 潤
    2005 年 38 巻 1 号 p. 13-25
    発行日: 2005/07/31
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    本研究では柔道と生活満足度および生活の質との関連を検証した。アメリカ人青年90名を対象とし,スポーツ関与尺度,多面的学生生活満足度尺度,学校版包括的生活の質尺度,および柔道経験年数,段,一日の練習時間,出場大会レベル,性別,年齢,学年,人種,学校の成績などについての質問紙を実施した。柔道を行っていることは,多くの生活満足度および生活の質の得点と正の相関を示した。年齢や性別,学年などの影響を取り除いても同様の結果が得られた。柔道を行っている青年は他の青年と比べ,より幸せであること,更に柔道を長く行っているほど幸福感や生活満足度が高いことが示された。本研究の結果は,柔道の開始以来の哲学的・教育的目標に関する初めての実証データと言える。今後,柔道の利点および負の側面の可能性についての更なる研究が望まれる。
  • 三戸 範之
    2005 年 38 巻 1 号 p. 27-36
    発行日: 2005/07/31
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    The purpose of the present study was to examine regions of the body affected by Kansetsu-waza. The participants were 22 college and high school judo players. They were requested to point out the most painful region for each Kansetsu-waza technique. For analysis,28 techniques were chosen from 9 kinds of Kansetsu-waza. The binominal test and the chi square test were conducted. The results demonstrated that the elbow was the most painful region for 16 techniques and the shoulder for 8 techniques. This finding suggests that some Kansetsu-waza, which was Udegarami, Udehishigi-hizagatame, and Udehishigi-sankakugatame, has both the technique affecting the elbow and that affecting the shoulder. From Uke arm movement,28 techniques can be classified into three broad types: extension, twist with internal rotation, and twist with external rotation. Chi square tests indicated that the elbow was the most painful region for extension techniques, and that the shoulder was the most painful region for twisting techniques with either internal or external rotation. In relation to refereeing rules, Kansetsu-waza application is forbidden for any joint other than the elbow, however this study indicated that some Kansetsu-waza techniques allowed in the competition affect the shoulder. These findings suggest that refereeing rules for Kansetsu-waza are not necessarily based on real-world experience and that there is room for improving application of these rules.
  • 永木 耕介, 山崎 俊輔
    2005 年 38 巻 1 号 p. 37-50
    発行日: 2005/07/31
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study is i) to examine and compare the fundamental educational quality of Judo and Judo values as perceived by current Judo practitioners and to identify how Judo values are perceived today throughout the world. The educational value of Judo was repeatedly stressed by its founder, Jigoro Kano, therefore a questionnaire was constructed including a series of questions regarding educational aspects of Judo. The questionnaire was given to young and skilled Judo practitioners from Japan, the U. S., Australia and France (2000-2001).
    Of the six important principles of Judo, preferences of surveyed Judo practitioners indicated greatest importance was given to sei-shin-shu-yo (spiritual development), sei-ryoku-zen-yo (to put your best effort into everything) and tai-ryoku-ken-ko (fitness and health), but not much importance was given to chi-ryoku (intellectual capability), go-shin (self-defense), and ji-ta-kyo-ei (living with others harmoniously). Survey results indicate an increasing must win attitude among Judo practitioners throughout the world. As with many other popular sports, the moral aspect of Judo, particularly the concept of ji-ta-kyo-ei, is often overlooked today in favor of the desire to win.
feedback
Top