コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
11 巻 , 4 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 井田 哲雄
    1994 年 11 巻 4 号 p. 4_257-4_258
    発行日: 1994/07/15
    公開日: 2018/11/05
    ジャーナル フリー
  • 青山 幹雄 , 平石 邦彦 , 内平 直志
    1994 年 11 巻 4 号 p. 4_259-4_275
    発行日: 1994/07/15
    公開日: 2018/11/05
    ジャーナル フリー
  • 野木 兼六
    1994 年 11 巻 4 号 p. 4_276-4_299
    発行日: 1994/07/15
    公開日: 2018/11/05
    ジャーナル フリー

    先に構造帰納法に基づくアルゴリズムの系統的な発見法を提案し,宣言的な仕様(集合論仕様)から多くのアルゴリズムを系統的に導出することができることを示した[11].しかし,複雑なアルゴリズムについては,仕様から直接導出することができない場合もあり,さらに強力な方法が必要になる.そのような方法として,本論文では,最適化に基づくアルゴリズムの系統的な発見法を提案する.その基本的な考えは,複雑なアルゴリズムを仕様から直接導出しようとせずに,まず,上記発見法によって単純なアルゴリズムを導出しておき,次に,いくつかの最適化手法を使って,これを複雑なアルゴリズムに変換するというものである.これによって,従来困難とされていた複雑なアルゴリズムの発見が可能になるだけでなく,単純なアルゴリズムと複雑なアルゴリズムの関係,すなわち,アルゴリズムの系統的な発生の様子が明らかになる.

  • 佐々 政孝
    1994 年 11 巻 4 号 p. 4_300-4_312
    発行日: 1994/07/15
    公開日: 2018/11/05
    ジャーナル フリー

    本稿では,言語指向エディタ,コンパイラ,インタプリタ,デバッガをグラフィカル・ユーザ・インタフェイスのもとに統合化したプログラミング環境を,属性文法記述に基づき生成する方式と実現について述べる. 本方式は次のような特徴をもつ. (1)従来手書きで作成されていたコンパイラ,インタプリタ,デバッガ等の言語処理系の各フェイズを,ソース・プログラムあるいは構文木に対する属性文法という単一の枠組に基づいた形式的な仕様で記述し,少数の生成系により生成する. (2)それらの各フェイズを統合的に扱うプログラミング環境のグラフィカル・ユーザ・インタフェイス自身も,属性文法をベースとした仕様で記述し,生成系により生成する. 上記方式に基づき,プロトタイプ・システムを作成した.この結果,従来,手書きで記述されていたため作成工数がかかり,可読性,保守性に問題のあった言語処理系やグラフィカル・ユーザ・インタフェイスを,簡潔な記述から生成できることを確認した.

  • 稗田 薫 , 村井 純
    1994 年 11 巻 4 号 p. 4_313-4_324
    発行日: 1994/07/15
    公開日: 2018/11/05
    ジャーナル フリー

    本論文では,TCP/IPなどのコンピュータネットワークにISDNやX.25などの交換網を適用する場合に汎用的に対応できる機構について述べる.この機構は,SDM(Stackable Datalink Modules)と呼び,各レイヤの機能のモジュール化,モジュール間のインタフェースの統一,動的なモジュールの組合せを可能とするモジュール実装方式によって実現した.本論文では,バークレイ版のBSD UNIX上でのSDM方式のモジュールの構造と実装について説明する.

  • 緒方 和博 , 栗原 聡 , 稲荷 幹夫 , 土居 範久
    1994 年 11 巻 4 号 p. 4_325-4_342
    発行日: 1994/07/15
    公開日: 2018/11/05
    ジャーナル フリー

    複雑なランタイムシステムを持ち,単一プロセッサで逐次または疑似並列に処理している動的プログラミング言語/システムを,マルチプロセッサ向きに改良することを試みる.動的プログラミング言語/システムとしてSmalltalk-ParcPlace Systems Smalltalk-80 Version 2.5のHPS-を取り上げる.鍵となる考えは,SmalltalkのプロセスとMachのスレッドを1対1に対応させ,Smalltalkを並列に動作できるようにすることである.このようにしたSmalltalk,MultithreadSmalltalkは,共有バス型マルチプロセッサOMRON LUNA-88K-プロセッサを4台搭載,主記憶の容量は64MB-での測定の結果,同一の単一プロセッサ上でのSmalltalkに比べ,1.4~2.5倍速い.

feedback
Top