農業機械学会誌
Online ISSN : 1884-6025
Print ISSN : 0285-2543
ISSN-L : 0285-2543
75 巻 , 2 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
論説
特集
テクノトピックス
論文
研究論文
  • 市来 秀之, NGUYEN Van Nang, 吉永 慶太, 宮崎 昌宏, 上加 裕子
    2013 年 75 巻 2 号 p. 89-99
    発行日: 2013/03/01
    公開日: 2014/12/03
    ジャーナル フリー
    てん菜直播栽培において,出芽直後の苗の生育初期では春先の強風で風害を受けやすく,てん菜直播が普及拡大しない1つの要因となっている。本研究では,てん菜直播の生育初期の風害回避について,播種位置の両側にΛ形状の防風壁を造成した播種床(以下,耐風害播種床)の有効性を明らかにすることを目的とした。風洞実験において,熱線風速計と粒子画像流速測定法(PIV)を使用して風速分布,および風速ベクトル分布を計測し,耐風害播種床周辺の気流状態を明らかにした。さらに,数値流体力学(CFD)によるシミュレーションで,耐風害播種床周辺の風速コンターを示した。測定およびシミュレーション結果に基づいて,高さ 5 cm のΛ型防風壁を造成する耐風害播種床形成機構を試作し,現地農家ほ場においてほ場試験を行った。ほ場試験では,てん菜播種機に装着した耐風害播種床形成機構によって,造成した耐風害播種床は降雨と強風により壁の高さが 1 cm 程度低くなったものの,播種深さには影響を与えず,播種位置の地面から高さ 1 cm の耐風害播種床の風速は,慣行播種床に比較して約 60 %低下することが示された。
技術論文
  • 大越 崇博, 小林 研
    2013 年 75 巻 2 号 p. 100-107
    発行日: 2013/03/01
    公開日: 2014/12/03
    ジャーナル フリー
    ウリ科用の半自動接ぎ木装置に適応する高能率な自動給苗装置の開発を目的として研究を行った。コンベアによるセルトレイの間欠送りを用いた連続苗取り出しを検討した後,台木用自動給苗装置を製作して性能試験を行った。その結果,整列播種した苗を使用することにより,連続苗取り出しによる自動給苗の可能性を確認できた。また,カボチャ,ユウガオにおいて,作物·品種による給苗精度の偏りは見られなかった。分草機構を利用した苗取り出し方法は,X方向 +側で80° 以内,-側で65° 以内,Y方向は-側で70°,+側で35° 以内の倒伏苗に対して100 %の取り出しを行うことができ,倒伏苗適応範囲は大幅に拡大した。
速報
feedback
Top