日本栄養・食糧学会誌
Online ISSN : 1883-2849
Print ISSN : 0287-3516
ISSN-L : 0287-3516
70 巻 , 4 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
報文
  • 新井 祐未, 石田 裕美, 中西 明美, 野末 みほ, 阿部 彩, 山本 妙子, 村山 伸子
    2017 年 70 巻 4 号 p. 139-146
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/08/25
    ジャーナル フリー

    世帯収入別の児童の栄養素等摂取量に対する学校給食の寄与の違いを明らかにすることを目的とし, 小学5年生の児童とその保護者を対象に調査を実施した。世帯収入は保護者への質問紙調査, 児童の栄養素等摂取量は平日2日と休日2日の計4日間の食事調査 (秤量・目安量記録法) により把握した。低収入群と低収入以外群に分け, 摂取量および摂取量に占める学校給食の割合について共分散分析により比較した。低収入群は平日より休日に摂取量が有意に少ない栄養素が多く, 特に昼食で有意な差が認められる栄養素が多かった。また平日, 休日ともにたんぱく質摂取量が有意に少なかった。平日1日あたりの摂取量に占める学校給食の割合には有意な差が認められなかった。休日を含めた4日間の総摂取量に占める学校給食の割合は, たんぱく質, ビタミンA, 食塩相当量で有意な差が認められ, いずれも低収入群の割合が低収入以外群の割合より高かった。4日間の摂取量に対する学校給食の寄与は, 低収入以外群より低収入群の方が高いことが明らかとなった。

  • 青木 雄大, 吉田 和敬, 信田 幸大, 砂堀 諭, 西田 由香, 加藤 秀夫, 菅沼 大行
    2017 年 70 巻 4 号 p. 147-155
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/08/25
    ジャーナル フリー

    リコピンはトマトに豊富に含まれるカロテノイドであり, 強い抗酸化作用を有することが知られている。これまでに, 様々な栄養素の吸収に概日リズムが影響を与えることが示唆されてきているが, リコピンの吸収について, 摂取時間帯による影響を検証した報告はなされていない。そこで我々は, 摂取時間帯がリコピンの吸収に与える影響を, ラットを用いた動物試験および健常な成人男女を対象としたヒト試験で検証した。ラットおよびヒトに対し, リコピンを含む食品を, 時間帯を変えて摂取させ, 血中リコピン濃度を測定したところ, ラットでは活動期初期, ヒトでは朝に摂取した際に血中リコピン濃度が最も上昇した。また, リコピンを摂取するまでの絶食時間が長くなるほど, 血中リコピン濃度の上昇が大きくなることが示された。以上から, リコピンの吸収は絶食時間の長さの影響を受け, そのため朝に摂取した際に最も吸収率が高くなることが推測された。

  • 武本 智嗣, 舟場 正幸, 松井 徹
    2017 年 70 巻 4 号 p. 157-163
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/08/25
    ジャーナル フリー

    現代的な食生活は脂肪とスクロースの過剰摂取を特徴としており, 低いマグネシウム (Mg) 摂取量もしばしば認められている。本試験では, 脂肪およびスクロースの過剰摂取がMgの生体利用性に及ぼす影響を検討した。5週齢のWistar系雄ラットに, 対照飼料, 脂肪とスクロース過剰 (HFS) 飼料, Mg欠乏 (MD) 飼料, 脂肪とスクロース過剰およびMg欠乏 (HFS + MD) 飼料を4週間給与した。Mg欠乏飼料を給与したMD区およびHFS + MD区で典型的なMg欠乏症である皮膚の炎症が認められ, HFS + MD区ではMD区より早期に皮膚の炎症が生じた。MD区およびHFS + MD区で骨中Mg濃度が低下し, 骨中Mg濃度はMD区よりHFS + MD区で低かった。一方, Mgが充足している場合, 脂肪とスクロース過剰摂取は骨中Mg濃度に影響を及ぼさず, 皮膚の炎症も引き起こさなかった。以上の結果から, 脂肪およびスクロースの過剰摂取は, Mg充足時にはその栄養状態に影響しないが, Mg欠乏飼料給与時にはMg欠乏を増悪することが明らかになった。

feedback
Top