日本栄養・食糧学会誌
Online ISSN : 1883-2849
Print ISSN : 0287-3516
ISSN-L : 0287-3516
72 巻 , 6 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
総説
  • (令和元年度日本栄養・食糧学会奨励賞受賞)
    城内 文吾
    2019 年 72 巻 6 号 p. 247-255
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/16
    ジャーナル フリー

    脂質は炭水化物やタンパク質よりも高エネルギーであることから, 脂質摂取は疾患発症に繋がるといったステレオタイプ的なイメージが先行してきた。最近, 食事リン脂質の有益な栄養生理機能に関する知見が集積されてきている。筆者らは, 肥満・糖尿病モデル動物のメタボリックシンドロームおよび非アルコール性脂肪性肝疾患の発症・進展に対する食事リン脂質[n-3系多価不飽和脂肪酸含有ホスファチジルコリン (n-3 PUFA-PC) , ホスファチジルイノシトール (PI)]の作用を評価してきた。これらのリン脂質摂取は, 肝臓の脂質代謝変動および脂肪組織から分泌されるアディポネクチンの血中濃度上昇を介して病態発症の予防・改善に寄与することが示された。また, 筆者らは日本人の食事中の各リン脂質クラス含量を定量し, 重回帰分析によるそれらの供給源予測を試みた。本研究の栄養素含量と国民健康・栄養調査結果の摂取量は高い一致率を示したことから, 得られた各リン脂質クラス含量は摂取量とみなすことができた。重回帰分析により一部のリン脂質クラスの供給源が明らかとなり, 推定統計学が機能性成分の供給源予測に活用できることが示された。

報文
研究ノート
  • 吉永 恵子, 三田村 理恵子
    2019 年 72 巻 6 号 p. 267-273
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/16
    ジャーナル フリー

    和食の食材として主たるものである海藻は, その摂取が推奨されているものの, ヒトを対象とした試験においてその機能性が明確にされたものは少ない。空腹時中性脂肪 (TG) 値が正常値および正常高値域からやや高めの女性10名を対象に, 乾燥カットわかめ4 gを水戻したものを摂取後にハンバーグ, フライドポテト, バターロールから成る脂質40.6 gを含む負荷食品を摂取させ, 食後の血中TG, レムナントリポタンパク質様—コレステロール (RemL-C) , 遊離脂肪酸 (NEFA) , リポタンパク質分画の測定を負荷食品摂取前, 摂取後2, 3, 4, 6時間で実施した。その結果, わかめを摂取した場合では摂取しない場合と比較し, RemL-Cやリポタンパク質Origin分画の有意な上昇抑制効果が食後4時間以降で認められ, 食後のTG値においては低下傾向が認められた。以上の結果より, わかめの摂取は同時に摂取する脂質の消化・吸収に影響を与えている可能性が示唆された。

feedback
Top