老年歯科医学
Online ISSN : 1884-7323
Print ISSN : 0914-3866
ISSN-L : 0914-3866
最新号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
原著
  • 長棹 由起, 富田 美穂子, 金銅 英二
    2022 年 37 巻 1 号 p. 3-12
    発行日: 2022/06/30
    公開日: 2022/07/25
    ジャーナル フリー

     目的:多くの高齢者施設では,オーラルフレイルの予防として,舌口唇機能訓練である「パタカラ体操」が実施されている。しかし,舌口唇機能訓練による認知機能や口腔周辺の筋力への効果は明確にされていない。そこで,舌口唇機能訓練が認知機能および舌筋力と口唇閉鎖力に与える効果を明らかにすることを目的とした。

     方法:高齢者(66~98歳)60名を舌口唇機能訓練有群(T群)と訓練無群(N群)に分け,T群には舌の出し入れと「パ」「タ」「カ」の各音の5秒間連呼を1日3回実施させた。両群全員に対して,認知機能(MMSE),舌の口腔湿潤度,舌口唇機能(舌口唇運動機能),舌筋力,口唇閉鎖力を3カ月おきに21カ月後まで測定した。各群内の各回の値を比較するとともに,初回時に対する各回の差(MMSE)や変化率(舌の口腔湿潤度,舌口唇運動機能,舌筋力,口唇閉鎖力)を両群で比較検討した。

     結果:群内の比較では,MMSEと舌口唇運動機能において各回に有意差は認められなかった。T群の口腔湿潤度は,訓練前に比べ訓練21カ月後,舌筋力と口唇閉鎖力は,訓練12カ月後以降に有意に上昇した。差や変化率を用いた両群の比較では,MMSEは18カ月後以降,舌口唇運動機能は9カ月後と21カ月後に有意差が認められた。T群の舌筋力の変化率は9カ月後以降N群より高く,口唇閉鎖力は21カ月後にN群より高かった。

     結論:舌口唇機能訓練の継続は,舌筋力や口唇閉鎖力を上昇させるとともに,認知機能や発音機能の維持に有効であることが示唆された。

  • 濱田 昌子, 五味 満裕, 森川 正章
    2022 年 37 巻 1 号 p. 13-24
    発行日: 2022/06/30
    公開日: 2022/07/25
    ジャーナル フリー

     本研究では,全部床義歯プラークの菌叢解析を行い,主要構成菌種を用いたプラークモデルを再構築し,義歯洗浄剤による除去効果の有効性評価を行った。全部床義歯床部からプラークを回収し,次世代シーケンサーによるメタ16S rRNA遺伝子配列解析を行い,主要構成細菌種がStreptococcus salivariusVeillonella disparActinomyces meyeriRothia mucilaginosaであることを明らかとした。これら細菌4種と真菌Candida albicansを供してレジン上にプラークモデルを再構築し,義歯洗浄剤による除去効果を評価した。プラークモデルを洗浄した後に生菌数を測定したところ,洗浄剤は約4 logの除菌効果を有することが明らかとなった。また,洗浄後にプラークモデルの蛍光染色観察を行ったところ,洗浄剤がプラークに対する剝離効果を有し,細菌をほぼ死滅させることが示唆された。本研究では,新たなデンチャーモデルプラークを創出し,全部床義歯洗浄剤評価系の基盤を構築した。

臨床報告
  • 園山 卓, 谷口 広祐, 前田 顕誠, 中島 健
    2022 年 37 巻 1 号 p. 25-33
    発行日: 2022/06/30
    公開日: 2022/07/25
    ジャーナル フリー

     今回われわれは,頸部壊死性筋膜炎の手術後に嚥下障害をきたした高齢患者に対し,多職種連携による早期介入を行い,改善を認めた症例を経験したので報告する。

     患者は既往歴に糖尿病をもつ71歳男性。右側顎下部,口底部の腫脹を主訴に当院へ救急搬送された。CT所見より口底部ガス壊疽を疑い,同日口腔外切開排膿消炎術を施行した。その後,ガス貯留が鎖骨上部,縦隔部に及んだため,病日7日目に耳鼻科,外科と合同で再度口腔外切開排膿消炎術を施行した。病理組織検査の結果,頸部壊死性筋膜炎の診断を得た。抗菌薬投与,連日の洗浄で病日26日目に消炎が得られた。経口摂取の開始に際して,病日19日目に嚥下内視鏡検査(以下VE)を施行したところ,重度の嚥下障害を認めた。言語聴覚士,看護師,管理栄養士を含む摂食嚥下チームによる多職種介入を開始し,間接訓練,直接訓練を行った。その結果,病日43日目に3食ゼリー食(1j)での経口摂取が可能となった。病日49日目のVE所見としては,食塊が喉頭蓋に到達した際の円滑な嚥下反射惹起と咽頭クリアランスの改善が認められた。その後,間接訓練を併用しながら段階的に食形態を上げていき,病日54日目に軟菜食摂取可能となった。退院前に管理栄養士による食事指導を行い,病日57日目に自宅退院となった。

     頸部壊死性筋膜炎では,術後合併症として嚥下障害をきたす可能性が高いことを念頭に置き,早期から多職種介入を検討する必要があると考えられた。

調査報告
  • ―口腔がん治療後患者と一般人との比較―
    原田 由香, 柴田 由美, 木村 有子, 飯泉 嘉基, 隅田 好美, 髙橋 浩二
    2022 年 37 巻 1 号 p. 34-45
    発行日: 2022/06/30
    公開日: 2022/07/25
    ジャーナル フリー

     目的:高齢者のQOLを向上させ,健康寿命を延伸するため,わが国では予防的介護サービスを含む複数の福祉政策が実行されている。一方,治療法の進歩に伴い,高齢口腔がん患者に対しても根治手術や救済療法が行われているが,治療後のQOL低下を避けることはできない。しかし,治療後の高齢口腔がん患者に対する予防的介護サービスの効果に関する研究はない。そこで,本研究では高齢口腔がん患者と一般の高齢者を介護予防に焦点を当てて比較検討した。

     対象と方法:昭和大学歯科病院口腔リハビリテーション科を受診した口腔がん治療後の高齢患者64名を対象とした。一般高齢者は,大田区で2020年度に実施した「高齢者一般調査」対象となった4,047名とした。調査は質問紙調査とした。

     結果・考察:口腔がん患者は,大田区一般高齢者と比べて手段的日常生活動作が有意に低下していたが,週1回以上の外出をする割合は多く,健康に対する主観的健康観は有意に高かった。さらに学習・教養サークルや地域活動への参加の割合が多い傾向にある一方,社会活動への参加の割合が減少していた。また,口腔がん患者では半年前と比べた摂食嚥下機能は有意に低下していた。この摂食嚥下機能の低下は,加速した老化と口腔の虚弱が原因である可能性が示唆された。

     結論:高齢口腔がん治療後患者では口腔機能を維持し,社会的苦痛を軽減するための支援システムとプログラムが必要であると考えられた。

  • ―介護保険施設,病院,高齢者向け住宅および居宅に対する歯科訪問診療の比較―
    斎藤 徹, 牧野 秀樹, 山崎 裕, 髙橋 耕一
    2022 年 37 巻 1 号 p. 46-52
    発行日: 2022/06/30
    公開日: 2022/07/25
    ジャーナル フリー

     本調査報告では,2011年1月~2019年12月の間に当院が歯科訪問診療を施行した介護老人福祉施設(特養),介護老人保健施設(老健),病院,グループホーム(GH),有料老人ホーム(有料老人),サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の入所者・入院患者および居宅症例の概要を比較した。

     同期間に当院が歯科訪問診療を施行した症例(初診患者数)は6,303例であり,特養1,742例(27.6%),老健1,082例(17.2%),病院1,484例(23.5%),GH 767例(12.2%),有料老人492例(7.8%),サ高住135例(2.1%),その他の施設114例(1.8%),居宅487例(7.7%)であった。90歳以上の超高齢者の比率は,特養(36.1%),老健(31.4%)およびGH(31.9%)では3割以上を占めていたが,病院(10.4%)および居宅(18.3%)では2割以下であった。歯科訪問診療を行うにいたった基礎疾患では,認知症の比率が特養(62.5%),GH(69.4%)および有料老人(62.0%)では6割以上を占めていたが,病院では20.4%と少数であった。歯周治療を施行した症例の比率はすべての施設および居宅で58.0~70.4%と最も高かった。摂食機能療法を施行した症例の比率は,特養では32.3%と,他の施設および居宅と比較して高かったが,病院(8.0%),サ高住(5.9%)では1割未満であった。

     以上の結果から,歯科訪問診療における訪問先の施設や居宅の間で,年齢分布および,基礎疾患や歯科治療の内訳が異なることが認められた。

  • 橋詰 桃代, 大野 友久, 野本 亜希子, 波多野 真智子, 藤島 一郎
    2022 年 37 巻 1 号 p. 53-59
    発行日: 2022/06/30
    公開日: 2022/07/25
    ジャーナル フリー

     ネオナイシン-e配合口腔用ジェル(以下,Ne配合ジェル)を使用した口腔衛生管理が,口腔カンジダ症と舌苔付着に及ぼす効果を検討した。

     リハビリテーション病院に入院した65歳以上の高齢者のうち,口腔内に軽度白色偽膜や紅斑を認め,カンジダディテクターにてカンジダが検出された計40名(平均年齢76.0±14.0歳)を対象とした。2018年8月~2019年9月に入院した患者20名を介入群,2019年11月~2020年10月に入院した患者20名を対照群とし,介入群にはNe配合ジェル,対照群にはNe無配合ジェルを用いて,3週間口腔衛生管理を実施した。開始時と3週間後に真菌培養検査結果を評価し,舌苔付着量(Tongue Coating Index:TCI)も評価し,Wilcoxonの符号付順位和検定にて比較した。

     介入群の真菌培養評価結果は,開始時中央値5[4-6]から3週間後3[2-4]に有意に減少した(p<0.001)。対照群でも開始時5[4-6]から3週間後3[1-5]に有意に減少した(p=0.030)。TCIは両群ともに3週間後に有意な減少を認めた(介入群p=0.001,対照群p=0.003)。

     口腔用ジェルによる口腔衛生管理は,口腔カンジダ症に対し有効である可能性が示された。

エラータ
  • 2022 年 37 巻 1 号 p. 61
    発行日: 2022/06/30
    公開日: 2022/07/25
    ジャーナル フリー

     本誌第36巻第4号p.284~287に掲載の「『歯科訪問診療における感染予防策の指針 2021年版』の解説」に下記の誤りがありましたので,ここに訂正いたします。

     

    p284 氏名の所属番号

    (誤)河野 雅臣1, 2)

    (誤)Masaomi Kono1, 2)

     

    (正)河野 雅臣

    (正)Masaomi Kono

    (所属番号の削除)

     

    p284 脚注部所属名

    (誤)1)東京医療保健大学大学院医療保健学研究科感染制御学分野

    (誤)2)歯科医院向け感染対策コンサルタント

    (誤)1)Faculty of Healthcare, Division of Infection Prevention and Control, Tokyo Healthcare University Postgraduate School

    (誤)2)Infection Control Consultant for Dental Settings

     

    (正)歯科感染制御研究会

    (正)Dental Infection Prevention and Control Research Group

feedback
Top