老年歯科医学
Online ISSN : 1884-7323
Print ISSN : 0914-3866
ISSN-L : 0914-3866
最新号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
総説
原著
  • 梶原 美恵子, 松山 美和, 守谷 恵未, 角 保徳
    2020 年 34 巻 4 号 p. 494-502
    発行日: 2020/03/31
    公開日: 2020/04/17
    ジャーナル フリー

     目的:非経口摂取高齢入院患者を対象に「水を使わない口腔ケアシステム」を実施し,口腔細菌数の変化を検証することを目的とした。

     方法:非経口摂取高齢入院患者100名を,「水を使わない口腔ケアシステム」(以下,新法)と従来の口腔衛生管理(以下,従来法)の2群に無作為に分け,1日1回連続5日間,歯科衛生士が口腔衛生管理を実施した。1日目の管理直前(以下,ベースライン),管理直後,1時間後と5日目の管理1時間後の計4回,口腔細菌数を測定した。測定値を対数変換して,二元配置分散分析を行った。有意水準は5%とした。

     さらにベースラインで細菌数レベル4以上を口腔不潔者とし,5日目に細菌数レベル3以下になった者を「改善あり」,4以上の者を「改善なし」として,χ2検定を行った。

     なお本研究は,特定医療法人北九州病院倫理委員会の承認を得て実施した(第15-3号)。

     結果:ベースラインと管理直後においては,新法群と従来法群の口腔細菌数に有意差はなく,管理1時間後と5日目においては新法群の細菌数は従来法群よりも有意に低値であった。新法群は,ベースラインと比べて管理直後,1時間後および5日目の細菌数は有意に低下し,管理直後よりも5日目は有意に低下した。従来法群は,ベースラインと比べて管理直後および管理1時間後の細菌数は有意に低下した。また,口腔不潔者のうち,新法群では29名に改善がみられ,従来法群の7名よりも有意に多かった。

     結論:本研究における口腔細菌数の変化の結果から,「水を使わない口腔ケアシステム」は従来の方法よりも効果的である可能性が示された。

調査報告
  • 玉田 泰嗣, 古屋 純一, 鈴木 啓之, 小野寺 彰平, 山本 尚德, 佐藤 友秀, 野村 太郎, 近藤 尚知
    2020 年 34 巻 4 号 p. 503-509
    発行日: 2020/03/31
    公開日: 2020/04/17
    ジャーナル フリー

     摂食嚥下リハビリテーションは,慢性期のみならず急性期病院入院中の早期から行うことも重要である。歯科においても,特に有床義歯に対する歯科補綴学的対応は歯科医師に限定されているため,他職種からの期待も大きい。しかし,摂食嚥下障害を有する急性期病院入院患者における有床義歯の使用状況については,十分には明確になっていない。そこで本研究では,摂食嚥下障害と診断され歯科に依頼のあった急性期病院入院患者627名(平均年齢71.0歳)を対象として,有床義歯の使用状況について調査を行った。患者の多くは脳血管障害や頭頸部癌を有する高齢者で,多数歯欠損であるEichner分類B3~C3の割合が全体の約60%を占めていた。有床義歯に対する歯科補綴処置の必要性は医科の認識よりも実際には高く,全身と口腔の状態から歯科医師が,有床義歯装着が必要と判断した患者は全体の約70%だった。しかし,実際に義歯を使用している患者は全体の約25%であった。また,摂食嚥下障害臨床的重症度分類(Dysphagia Severity Scale:DSS)が低い患者ほど義歯を装着していないことが多いが,誤嚥を認めないDSS 5,6の患者においても,義歯が必要だが使用していない患者を約35%認めた。以上より,摂食嚥下障害を有する急性期病院入院患者においては,有床義歯に対する歯科補綴学的対応が重要であることが示唆された。

  • 斎藤 徹, 白波瀨 龍一, 砂川 裕亮, 松下 祐也, 髙橋 耕一, 牧野 秀樹, 石田 瞭, 栂安 秀樹
    2020 年 34 巻 4 号 p. 510-517
    発行日: 2020/03/31
    公開日: 2020/04/17
    ジャーナル フリー

     当院は北海道帯広市に位置し,要介護高齢者などに対する歯科訪問診療に積極的に取り組んでいる。当院が2011年1月~2018年12月の間に歯科訪問診療を施行した新患症例は5,473例であり,男性2,088例,女性3,385例で平均年齢は82.0歳(0~107歳)であった。年次別の新患症例数は2011年の552例から2018年の791例へと,訪問診療の症例が増加していた。訪問先の施設は,介護老人福祉施設(特養)(1,572例,28.7%),病院(1,221例,22.3%),介護老人保健施設(老健)(924例,16.9%)およびグループホーム(707例,12.9%)が多かった。また,居宅への訪問診療は428例(7.8%)であった。歯科訪問診療をするにいたった原疾患としては,認知症(2,662例,48.6%)と脳梗塞(1,377例,25.2%)が大多数を占めていた(疾患の重複症例あり)。歯科治療の内訳は,歯周治療(3,086例,56.4%),義歯破損・修理(1,477例,27.0%),義歯新製(1,392例,25.4%)が多数を占めていたが,抜歯(1,067例,19.5%)や摂食機能療法(989例,18.1%)も多く多様な歯科治療を行っていた(歯科治療内容の重複症例あり)。

feedback
Top