バイオメカニズム学会誌
Print ISSN : 0285-0885
44 巻 , 2 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
解説
  • 岡 健司
    2020 年 44 巻 2 号 p. 60
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/10/28
    ジャーナル フリー
  • 菊池 泰弘
    2020 年 44 巻 2 号 p. 61-66
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/10/28
    ジャーナル フリー
    霊長類は哺乳類の中でも多種多様の移動運動様式を持つことから,近縁種間でさえも筋骨格形態が異なるものがあり,機能形態学的な解釈をするうえで欠かせない研究対象と考えられる.骨格は移動の際に運動を支え,軸となる一方,筋は骨格 同士を結びつけ,骨間距離を変化させることで体肢や体幹における様々な動きの原動力となっている.移動運動様式が異なれば,その動きにそれぞれ適応した骨形態を有することが想定され,それに伴い筋形態も連動して違う様相を呈していると想像するに難くない.本稿では樹上性霊長類の筋骨格形態に焦点を当て,移動運動様式に関連した形態の違いを紹介する.
  • 中野 良彦
    2020 年 44 巻 2 号 p. 67-72
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/10/28
    ジャーナル フリー
    霊長類は樹上において非常に多様な空間に適応放散しており,種によって様々なタイプの運動様式を有している.人類もまた霊長類の一種であり,直立二足歩行という特異的な運動様式も,樹上での運動から派生してきた運動であると考えられる.そうした樹上運動の一つとして垂直木登り運動がある.ヒトの直立二足歩行への進化過程において垂直木登り運動が影響したとする説がある.ただ,垂直木登り運動は,多様な霊長類においても,頻度は異なるが,ほとんどの種で行われる運動である.そこで,本稿では霊長類数種における垂直木登り運動の比較からその種間差について解説する.
  • 仲村 昇
    2020 年 44 巻 2 号 p. 73-76
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/10/28
    ジャーナル フリー
    サル類以外に木登りをする脊椎動物のうち,鳥類とヒト Homo sapiens が木に登る目的,および様々な木登り方法の特徴,およびヒトとサルの木登りの違いについて記す.
  • 藤野 健
    2020 年 44 巻 2 号 p. 77-83
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/10/28
    ジャーナル フリー
    新旧両世界の霊長類には特異なロコモーションである腕渡り Br が観察され互いに平行進化を遂げたものと考えられるが,尻尾利用の有無,鉛直線に対する体幹角度の変動,頭部-胸郭-骨盤間の回転位相差の発生,後肢伸展度に違いが見られ た.Br を行う全ての霊長類が程度の差はあるものの必ず二足歩行性 Bp を示す.アカアシドゥクラングール並びにキンシコウは四足歩行性 Q 並びに体長軸回りの反復回転性を伴う Br,Bp を併存し,Bp はヒト歩行に類似した胸郭と骨盤間の回転位相差を伴う.Q のサルが体長軸回りの反復回転移動性を伴う Br + Bp を獲得し水平方向への移動運動性を強め,ヒト上科祖先では既に Q を失い,後に小型類人猿は Br に,ヒトは Bp に特殊化し,一方大型類人猿は二次的な Q を獲得,強化したと考えた.
  • 岡 健司
    2020 年 44 巻 2 号 p. 84-89
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/10/28
    ジャーナル フリー
    木の枝にぶら下がって移動するブラキエーション(腕渡り)は,樹上性小型類人猿のテナガザルが得意とするロコモーションであり,身体質量中心の振り子運動でモデル化される.テナガザルの軽い体重や長い腕などの身体構造は,振り子運動の高効率化に関与すると考えられる.一方,地上性二足歩行動物であるヒトも,ブラキエーションを行える.体操選手などの熟練者では,大きな上肢筋力を用いずに,振り子に似たブラキエーションを遂行できる.ヒトのブラキエーションではステップ長が短いとテナガザルのような振り子運動とならないが,身体質量中心や下肢関節の運動に個人差が少ない.未熟な段階と熟練した段階で,それぞれ別のメカニズムのもとにブラキエーションが遂行されることが示唆される.
  • 山川 雄司
    2020 年 44 巻 2 号 p. 90-95
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/10/28
    ジャーナル フリー
    本稿では,移動ロボットに焦点を当て,著者が開発している 2 自由度のシンプルな機構のブラキエーションロボットを紹介する.開発したブラキエーションロボットは小型高速のアクチュエータで駆動制御され,手先にはロボット自身を支え, 落下を防ぐためのフック型のエンドエフェクタが取り付けられている.そのロボットの高速性能を利用して,剛体の運動原理(振り子運動)に基づく簡単な運動計画法も提案している.開発したブラキエーションロボットと提案した運動戦略により,下り傾斜および上り傾斜での動的なブラキエーション運動を実現している.
  • 後藤 遼佑
    2020 年 44 巻 2 号 p. 96-104
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/10/28
    ジャーナル フリー
    本解説では,ヒト上科動物(類人猿とヒト)のロコモーションの進化について筆者の意見を述べる.ヒト上科動物のロコモーションの特徴の一つはロコモーターレパートリーの多様性にある.木登り,ぶら下がり,四足歩行,二足歩行などがその多様性に含まれ,そのなかからヒトの常習的二足歩行が生じた.多様なロコモーション様式を実行するメカニズムの進化は,複数のロコモーション様式(ぶら下がりを除く)の間で後肢への荷重パターンが類似したことにより,木登り,四足歩行,二足歩行を,類似もしくは同一の後肢神経メカニズムによって実行するようになったことと関連すると筆者は考える.
連載
feedback
Top