体力科学
Online ISSN : 1881-4751
Print ISSN : 0039-906X
ISSN-L : 0039-906X
31 巻 , 4 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 白井 康仁, 稲葉 博, 飯倉 洋治
    1982 年 31 巻 4 号 p. 227-233
    発行日: 1982/08/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    The treadmill Exercise was performed for 26 asthmatic children (EIA+) with mask, under the circumstance of Temp 26°C, Humidity 95%. We have also examined these children with a special jacket (60 mmHg pressure) doing the treadmill.
    1) The comparison of FEV 1.0 and PEFR with room air and moist air showed similar pattern post 5 min exercise. However, the fall of FEV 1.0 differed drastically, resulting in 44% fall for room air, and 27% for moist air. (P<0.01)
    2) The children who wore the jackets differed drastically from the room air children post exercise. (P<0.05)
    3) From these results, we predict that such exercise as swimming suits the condition with adequate moisture, pressure, and its method of breathing which prevents Exercised Induced Asthma attack.
  • 三田 勝已, 青木 久, 矢部 京之助
    1982 年 31 巻 4 号 p. 234-241
    発行日: 1982/08/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    An electromyographic silent period appears prior to initiation of a reaction movement. In order to estimate the mechanism of the silence, the statistical properties of the EMG before the onset of the phasic discharge were investigated. The EMG activity was processed as a stochastic process, and the statistical properties were analyzed. It was found that the mean of the rectified EMG decreased from 100 ms before the onset of the phasic discharge. As to the relationship between the silence and the depression of the EMG activity, it was estimated that the depressing influence was so remarkable that the silent period was observed.
  • 宮崎 淳子, 倉田 博, 小川 芳徳, 斎藤 義弘, 時岡 醇, 原田 邦彦, 碓井 外幸, 増田 允
    1982 年 31 巻 4 号 p. 242-250
    発行日: 1982/08/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    ヒトの身体空間知覚能力に検索を加えるために, 男女60名の左右腕について, 閉眼で上腕を体前部矢状面あるいは体側部前額面において水平位に固定した肢位で肘関節について体前部鉛直面, 体前部水平面, 体側部鉛直面及び体側部水平面における関節可動範囲の二等分と知覚される点の指示を各10回行なった。また, 身体空間知覚能力に影響を及ぼす要因に若干の検討を加えた。
    その結果, 肘関節における二等分指示平均値 (%) は個人差が大きいが, 左右腕とも伸展側に偏倚し, 水平面において鉛直面よりも偏倚が大である傾向が認められた。特に, 体側部鉛直面において偏倚が小であった。種々の条件を加えても二等分指示に大きい変化は見られなかった。
    得られた成績より, 身体空間知覚の利得について若干の考察を加え, 肘関節の伸展側においては屈曲側におけるよりもその利得の歪が大であることが考えられた。また, 肘関節における身体空間知覚においては個人差が大きく, 種々の条件を加えても二等分指示に大きな変化は見られないことから, その神経機序に個人による大きな差違があり, それが強固に固定されているものと考えられた。
    擱筆にあたり, 測定に御協力いただいた慈恵第三分院長, 慈恵第三看護専門学校長根本泰昌教授に衷心より感謝する。また, 測定を快く引き受けていただいた第三看護専門学校生徒の諸君に深謝する。
  • 麻生 宰, 辻 秀男
    1982 年 31 巻 4 号 p. 251-257
    発行日: 1982/08/01
    公開日: 2010/12/10
    ジャーナル フリー
    Male rats of 80 weeks of age were divided into 2 groups, sedentary group (Group I, n-7) and exercise-trained group (Group II, n=8) . Rats in Group II were conditioned by a 4-weeks treadmill running program. These two groups and another group of male sedentary rats of 20 weeks of age (Group III, n-9) were all subjected to a Wiggers type hemorrhagic shock (mean arterial pressure of 30 torr. for 60 min.) . Pulse rate and pulse pressure during the shock experiment, acid-base balance indices and blood gas before and after the shock period, and survival rate within 7 days after the shock experiment were compared between the three groups.
    Animals in Group I showed remarkably decreased pulse pressure during the shock period. Metabolic acidosis after the shock period in Group I was remarkable, resulting in a significantly higher mortality compared with Group III. In Group II, pulse pressure during the shock period was higher than in Group I. Metabolic acidosis after the shock period in Group II was less marked than in Group I, and mortality tended to be lowered in Group II.
    These results indicated that physical training induced resistance to hemorrhagic shock in aged rats. One of the mediating mechanisms in this cross-adaptation between exercise and hemorrhagic shock may be changes in oxygen transport system.
  • 丹羽 健市, 中山 昭雄, 大貫 義人, 緑川 知子
    1982 年 31 巻 4 号 p. 258-265
    発行日: 1982/08/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    運動時における体温調節反応の日周変動を明らかにするために, 男子大学生を対象に体温最低期, 上昇期, 最高期ならびに下降期に一定環境条件のもとで一定強度の運動を負荷し, 熱平衡の面から体温調節系の動作様式に検討を加えた。得られた結果は以下の通りである。
    1.熱産生は冬季, 夏季にかかわらず体温日周変動の各期ともほぼ一定値 (194~209w/m2) を示した。
    2.蒸発による熱放散は冬季, 夏季の場合とも体温最低期に最も小で, 体温上昇期, 下降期そして最高期と順次増人した。冬季と夏季との比較では各時刻とも冬季に比して夏季の方が14~29%高い値を示した。
    3.間接的に算出した輻射ならびに対流による熱放散は冬季 (130~139w/m2) , 夏季 (122~135w/m2) とも各時刻に差異は認められなかった。
    4.貯熱量は冬季, 夏季とも体温最低期に最も大で, 順次, 体温上昇期, 下降期そして最高期と減少し, 夏季に比して冬季の方が常に高い値を示した。
    5.直腸温に対する発汗量との関係では冬季, 夏季の場合とも体温日周変動の各期に発汗発現閾値直腸温の平行移動が認められた。
  • 笠井 達哉
    1982 年 31 巻 4 号 p. 266-268
    発行日: 1982/08/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
  • 1982 年 31 巻 4 号 p. 269-276
    発行日: 1982/08/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top