体力科学
Online ISSN : 1881-4751
Print ISSN : 0039-906X
ISSN-L : 0039-906X
22 巻 , 2 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 小川 新吉, 古田 善伯, 山本 恵三, 永井 信雄
    1973 年 22 巻 2 号 p. 45-55
    発行日: 1973/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    巨大な体格, 豪力の持ち主であると考えられている現役上位力士) (関取) の形態, 機能の測定および調査を行ない, 種々なる検討を試みた。
    形態的な測定
    1.関取の平均身長は180.2cmと, 日本人としてはずばぬけて大柄な集団であるが, スポーツ選手の大型化を考えるとき, 特筆すべき特徴とは考えられない。
    2.体重は平均122.2kgと超重量級で, ローレル指数も平均210.5と異常に近い充実度を示し, この超肥満体に力士の特徴がみられる。身体の軟組織に富む周囲径, 特に腰囲は, 114.9cm, 臀囲は115.7cmと著しく大きく, 皮脂厚 (3部位の合計) も109.9mmと驚くべき肥厚を示し, 力士の体型の特徴は皮脂厚の異常なまでの発達にあることがわかる。
    機能の測定
    3.背筋力の平均は181kg, 握力左右平均47.9kgと予想したほど大きくなく, オリンピックの重量挙や投擲選手以下である。筋力の測定方法等に問題があるにしても, 筋力は形態に比べ予想外に発達していないと考えられる。
    5.垂直とび47.9cm, サイド・ステップ35.1回, 腕立屈伸21.4回と, 体重が負荷となるテストでは体重の影響が問題となり, スポーツ選手としては著しく小さい。
    6.しかし, 身体の柔軟性や全身反応時間等は肥満体にもかかわらず, さして劣っていない。
    7.被検力士の平均肺活量は4918.6mlで, 巨体の割には小さい。
    8.ステップ・テストの評点は平均49.4, 体重増が負担となり, 同年令成人より著しく劣っている。
    総体して, 形態の発達に比べて, 呼吸循環器系機能の発達が明らかにアンバランスになっていると考えられる。
    力士の発育・発連
    9.一部関取の形態につき, 過去4年間の測定結果を追跡調査した結果では, 身長の伸びはほとんどみられないが, 体重, 胸囲の発達は著しく, 特に体重では6~29kgの著明な増大がみられた。
    10.上位と下位の力士を比較すると, 上位力士は形態, 特に体重, 周囲径が優れており, 機能面では上位と下位の間にそれほど著明な差違は認められない。したがって, 相撲競技では, 形態の大小が勝負に大きく関与していると考えられる。
    11.以上の結果を総括してみると, 力士は形態の発達には著しい特徴が認められるが, 機能面では, 他種目の一流スポーツ選手と比較し, 伸びが著しく劣っている。
    これらについては, 伝統的な練習方法や稽古, 生活様式等に考慮すべき問題があると考えられる。
    謝辞: 本研究は文部省の特定科学研究費, IBP.HA班の研究助成金をえて実施されたことを銘記しておく。なお, 本研究について, 多大の理解と好意を賜った日本相撲協会の武蔵川理事長, 故秀の山監事, さらに直接御協力を願った各部屋の親方, 責任者, 関取衆に感謝の意を表するものである。
  • 小野 三嗣, 江口 修代, 山田 茂
    1973 年 22 巻 2 号 p. 56-62
    発行日: 1973/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    30才以上60才未満の関東地区男子住民962名の体格及び体力を調査すると共に, 40才台の男子の体格・体力の相関性を調査し次のような結果を得た。
    (1) 全国値と比較して身長は稍々大きいが体重の大きさが優勢であるためローレル指数が大となっている。
    (2) 各年令層とも運動能力が総体的に低いが30才台の劣勢が特に目立っている。
    (3) 5分走能力のすぐれている者はローレル指数・皮脂厚ともに他より大きく, 他の運動能力もすぐれた傾向を示す。
    (4) 皮脂厚の発達の悪いものは5分走能力だけでなく, 他の能力も低い。
    (5) 皮脂厚25~39mmの値を示すものの (体重に対する体脂肪が14~21%のもの) 5分走, 伏臥上体そらし, 垂直とびの成績が最もよかった。
    (6) 立位体前屈の体力医学的意味については再検討の要がある。
    (本研究は文部省科学研究費によるものである)
  • 小野 三嗣, 福山 芳江, 倉田 博
    1973 年 22 巻 2 号 p. 63-70
    発行日: 1973/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    51才から75才までの, 長距離走トレーニングの長期継続者7名の体力測定を行い次のような結果を得た。
    (1) 平均の体重あたり1分間最大酸素摂取量は43.7mlであった。
    (2) オールアウト走での平均最高心拍数は170, 最大呼吸数は56.4であった。
    (3) 分速120m歩行で, 最高心拍数はオールアウト走の約80%, 最大呼吸数は約64%, 酸素摂取量は約77%であった。
    (4) 心拍数200前後で約1時間のランニングが可能な例が認められた。
    (5) 歩行及びランニングにより収縮期血圧は上昇したが, 終了後5~10分以降は運動開始前より低下した。
    (6) 高年者に彼等の能力を合理的に発揮できるようにランニングを処方する場合は速度の調節が重要であり, 少くともスタート直後は充分に抑えておくべきである。
    (7) 男子の下腿囲は標準値より相当太く, 女子のそれは標準値にほぼひとしかった。
    (8) 皮脂厚は非常にうすかった。
    (9) 肺活量1秒率及び反復横とびは年令水準より良かったが, 握力, 垂直とび, 伏臥上体そらし, 立位体前屈, 静的脚筋持久力は必ずしも強いとは認められなかった。
    (10) 心臓は必ずしも大きくなく, 体位血圧反射も年令相応と認められた。
    (11) いわゆる運動鍛練性貧血が明らかに認められた。
  • 小野 三嗣, 柳本 昭人
    1973 年 22 巻 2 号 p. 71-75
    発行日: 1973/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    剣道競技において, その目的とする打撃に際して如何なる神経筋の調節機構が働いているかを調べると共に, その調節が長年に渡って人間の基礎的調節能力にどれほどの影響を及ぼしているかについて, 握力調節能力, 立幅跳調節能力の項目を選んで調査した。大要は次の通りである。
    1) 最大握力の1/2, 1/3, 菟に調節した握力を任意に発揮させた場合, 計算上発揮されるべき光, 1/3, 発の大きさとの差に, 熟練者, 未熟練者間の有意差は見られなかった。又, 各々の調節握力について, 10回反復握力発揮の標準偏差値も大きな違いはなかった。
    2) 立幅跳の最大跳躍値の1/3, 2/3の大きさを任意に跳躍させた場合, 剣道熟練者群が, ウェイトトレーニング群と比較して, より発揮されるべき跳躍値に近かったとは言えなかった。又, 30回反復跳躍の標準偏差値も差はなかった。
    3) 竹刀を持ち打撃した場合, 熟練者では打撃距離の変化に拘わらず, 打撃と踏み込み足着地とが一定のタイミングを示したが, 未熟練者では距離の変化に伴って, 打撃と踏み込みとのタイミングに大きな変化が見られた。
  • 1973 年 22 巻 2 号 p. 76-79
    発行日: 1973/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top