体力科学
Online ISSN : 1881-4751
Print ISSN : 0039-906X
ISSN-L : 0039-906X
26 巻 , 2 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 森本 茂, 大森 俊夫, 長谷川 豪志, 倉田 博, 増田 允
    1977 年 26 巻 2 号 p. 59-63
    発行日: 1977/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    単一運動単位のphasic-static特性に検索を加えるため, ヒトの内側広筋の活動を筋内埋入電極でとらえ膝関節伸展張力と同時記録し, 張力発揮勾配と弛緩勾配を同一にした場合および筋弛緩に入る前の収縮条件を変えた場合について, 相対的閾値Fthと収縮および弛緩勾配|G|との関係について検討を加えた。
    1) 収縮時および弛緩時においてFthはその時の張力勾配|G|によって変化し
    Fth (≡Tl・|G|=ρ|G|λ
    の関係が成り立った。
    2) 収縮および弛緩勾配を同一にした場合収縮
    時のλに比較し弛緩時のλがphasicな傾向がみられた。
    3) 弛緩に入る前の収縮条件を変えた場合λがほとんど変化しないunit, phasicな方向へ変化するUnitおよびStaticな方向へ変化するUnitがみられた。
    そこで各運動単位のphasic-static特性は固定しているのではなく条件の変化によって変動しうるものと推察した。
  • 坂口 明, 角田 興一
    1977 年 26 巻 2 号 p. 64-69
    発行日: 1977/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    As the static balancing ability of the body is physiologically so complicated, that it is not easy to appraise it objectively and quantitatively. The aim of this study is to asses the motion of the gravity center of the body, using the body-balance analyzer (MGC-O1A, TOSHIBA), and to evaluate the validity of its use in the physical testing system.
    The trace of the motion of the gravity center of 30 second duration, while the subject standing quietly on the sense-table with his eyes closed and his toes 60 degree opened, was drawn on the chart sheet and its length (L) was calculated electronically.
    Preliminarily, 14 healthy men and women, whose ages ranged from 21 to 48 years old, were subjected to the test six times every day for ten consecutive days. The L values of 60 time measurements of each subject showed a slightly eccentric distribution with the coefficient variation of 20% on the average, but the coefficient variations of logarithmic value of L were small and they were between 2.4 and 6.0%. There was no significant difference between the L in the morning and that in the afternoon. Well-trained subjects seemed to show the smaller L values than the not-trained, but the latter some-times had little values, which might perhaps tell the existance of some predispositional ability for body balancing. Half of the subjects showed a“training effect”; L became smaller as the experimental day went on.
    The L values of 2212 male and female subjects, age of those ranging from 19 to 83 years old, who performed the general physical testing, were then analyzed. The distribution of L was that of a “logarithmic normal”and it's geometric mean value was 210.8cm per 30 seconds, where the range of ± 1 S.D. was 149.0-298.3. It seemed that L increased with aging, only with a very low correlation coefficient (r : 0.14) . And there was no significant difference in L values between male and female. Although the multivariate analyses, in which L was set as the object variable, was performed, the correlation between L and the other physical abilities (muscular strength, power, agility, flexibility. and VO2max) was very low (r : lower than 0.12) .
  • 倉田 博, 長谷川 豪志, 森本 茂, 馬詰 良樹, 増田 允
    1977 年 26 巻 2 号 p. 70-77
    発行日: 1977/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    人の運動単位の収縮特性と放電パターン及び活動参加の特性等との問の関係について2, 3検討を行なった。m. extensor digitorumの単一運動単位の放電を筋内埋入電極でとらえた。徐々に第2指伸展張力を増減させて単発スパイクを発現させた時の張力曲線を加算平均し, 単一運動単位の単収縮張力曲線を求めて, その特性と放電間隔の規則性及び活動参加の特性等との問の関係について若干の検索を行なった。
    その結果, 人の同一筋内の運動単位において, 収縮時間はτ-S関係におけるτs値 (一定のS値における2値) との間に略比例関係がみられた。放電間隔の変動の少ないtonic NMUの方が収縮時間が大きく, slow contractionをする傾向があるので, 放電の規則性が筋の収縮時間に影響を及ぼすものと考えた。
    (この実験の要旨は第30回日本体力医学会総会において報告した。)
    擱筆に当り, 終始実験を勇気づけて下さった名取礼二学長に深甚の謝意を表する。また, 種々示唆を与えられた藤目講師及び実験に御助力下さった本杉道子夫人始め教室員の方々に深謝する。
  • 小野 三嗣, 谷嶋 二三男, 渡辺 雅之, 小川 芳徳, 谷 佳子, 松井 美智子, 平川 純子, 春日 規克
    1977 年 26 巻 2 号 p. 78-86
    発行日: 1977/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    健康な男子20~55才の14名と, 19~26才の女子9名に腕立て伏臥腕屈伸を行わせた結果概ね次のような所見が得られた。
    (1) exhaustion腕立て伏臥腕屈伸は心拍数を増大させ最大血圧を上昇させるが, 加令に従ってその程度が著しくなるようである。
    (2) exhaustion腕立て伏臥腕屈伸は最小血圧に対して若年層では低下傾向を示すものもあるが, 中年以降は不変か上昇させるようである。
    (3) exhaustion腕立て伏臥腕屈伸の身体に対する影響には性差がみられ, 最大血圧の上昇度及び心拍数の増加度共に男子の方が大きい。最小血圧に対しては男子でははじめから低下させられるが, 女子では始めに上昇し後に低下する。
    (4) exhaustion負荷時と2/3負荷時との循環機能に対する影響の差は高年者ほど大きく女子よりは男子の方が大きい。若年男子に見られたexhaustion時の最小血圧低下現象は2/3負荷時には見られない。
    (5) exhaustion腕立て伏臥腕屈伸のR.M.Rは概ね10ぐらいで, 比較的大きな酸素負債を持っていた。
  • 山崎 省一, 青木 純一郎
    1977 年 26 巻 2 号 p. 87-95
    発行日: 1977/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    (1) 持久的競技の成績におよぼす無酸素的エネルギー出力の意義を検討するために, 同一水準の最大酸素摂取量 (約70ml/kg・分) を有しながら, 5, 000m走記録が有意に異なる (p<O.01) 2群の長距離選手各6名を対象に, 無酸素的代謝閾値, 無酸素的パワー, 血中乳酸濃度, 最大酸素負債量ならびに非乳酸性および乳酸性酸素負債量を測定した
    (2) 5, 000m走記録と有意な相関のみられたパラメータは, 最大酸素負債量の絶対値 (p<0.01) , 体重1kg当りの最大酸素負債量ならびに非乳酸性および乳酸性酸素負債量の絶対値 (p<0.05) であった。
    (3) 高い競技成績を有する群の最大酸素負債重は, 低い競技成績を有する群のそれよりも統計的に有意に大きかった (p<0.05) 。その他の測定項目においては統計的な有意差は認められなかった。
    (4) 以上の結果から, 同一水準の最大酸素摂取量を有する長距離選手の競技成績に有意な差を与える要因は, 最人酸素負債量であると結論した。
  • 中野 昭一, 吉岡 利忠, 成澤 三雄, 永見 邦篤, 山並 義孝, 宮崎 康文
    1977 年 26 巻 2 号 p. 96-100
    発行日: 1977/06/01
    公開日: 2010/09/30
    ジャーナル フリー
    In the present studies it was examined to begin with, whether intentional fixed quantity of exercise in response to previously defined level of heart rate could be loaded by treadmill connected with“Heart Rate Controller” (Quinton Co., Ltd.) i.e. a series of patterns in running exercise of the normal adult males were analysed.
    The obtained results in short are in the following ;
    1) Running exercise in response to previously defined level of heart rate being carried out by use of the above“Heart Rate Controler”, speed of treadmill needed to be adjusted manually until heart rate reached the defined level and then controlled automatically.
    2) The relations between treadmill speed and heart rate defined at 130 Beats/min, 150 or 170 each, are as follows.
    a) Treadmill speed at heart rate, previously defined as 130 B/min was 80±5-12 meters/min, actual heart rate during above exercise was 130±3-8 B/min in record.
    b) Treadmill speed at heart rate, 150 B/min was 100±9-18 m/min, actual heart rate 150±6-8 B/min in record.
    c) Treadmill speed at heart rate, 170 B/min was 130±10-33 m/min, actual heart rate 170±3-9 B/min in record.
    As previously defined heart rate level was indreased, actual level in record deviated from the former within some extent and treadmill speed was also raised to maintain the defined heart rate level.
    Fluctuation width of treadmill speed varied remarkably by the individuals.
    Adjustment of treadmill speed was considered to be well under control by feedback mechanism of“Heart Rate Controller”.
feedback
Top