音声言語医学
Online ISSN : 1884-3646
Print ISSN : 0030-2813
ISSN-L : 0030-2813
30 巻 , 3 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 平間 淳司, 垣田 有紀
    1989 年 30 巻 3 号 p. 225-230
    発行日: 1989/07/25
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
    本報告では聴覚心理的にRoughと評定された病的音声の1例を対象とし, 基本周波数F0と最大振幅Aの時系列について, ゆらぎのスペクトルに基づいて音声の特徴を調べた.マイクロコンピュータ上で開発した波形エディタを用いて, CRT上で視察によってRoughの音声の基本周波数と最大振幅の時系列を抽出した.次に, FFT処理を用いて, ゆらぎのパワースペクトルを求め, スペクトルのピークを調べた.
    以下の結果が得られた.
    (1) F0とAのゆらぎのいずれも3~4T0 (T0: 平均基本周期) の強い変動成分が存在した.
    (2) 上記 (1) に比べて弱い2T0の周期の変動成分が存在した.
    (3) ゆらぎの時系列上である一定の特徴的な変動パタン (高 (中) 低低高) が観測された.
    (4) 簡単な波形の合成実現によって上記 (3) のパタンの特徴は, 上記 (1) (2) の両方の成分を考慮してはじめて実現可能であることを示唆した.
    (5) 正常音声では, 上記 (1) ~ (3) の特徴は全くみられなかった.
  • 加藤 靖佳, 吉野 公喜
    1989 年 30 巻 3 号 p. 231-238
    発行日: 1989/07/25
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は高度・重度難聴者の音声の特徴を分析することであった.これは高度・重度難聴者のアクセントとイントネーションに関する研究の一考察である.検査語音は, 第1モーラまたは第2モーラのどちらかが高ピッチになる2モーラの語が用いられた.音響分析で用いたパラメータは, 基本周波数と音圧であった.これらのサンプルは, 実験1ではホノラリンゴグラフ, 実験2では, デジタルソナグラフを用いて分析された.結果は次のようであった.
    高度・重度難聴者のアクセントは, (1) 検査語音の第1モーラの音圧が大きくなる. (2) 検査語音の第2モーラの基本周波数が高くなることが認められた.健聴者のピッチ曲線の動きはダイナミックなパタンを示した.高度・重度難聴者に関しては健聴者と較べて動きが低かった.イントネーションに関しては, 発話の終わりのピッチの動きが調べられた.語尾のピッチ上昇は健聴者では認められたが, 高度・重度難聴者においてはみられなかった.
  • 竹田 契一, 山口 浩明, 里見 恵子
    1989 年 30 巻 3 号 p. 239-246
    発行日: 1989/07/25
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
    脳損傷児特に頭部外傷およびモヤモヤ病児の予後についてのアンケート調査を行った.従来子どもの脳損傷は成人のそれに比べ予後良好とされていたが, 運動言語, 学習, 情緒社会性, 社会適応といった教育的側面からの予後の検討では, 様々な問題を呈し, 長期的追跡と学習基礎力を中心とした系統的継続的指導の必要性があると思われた.また子どもの予後を見通した医療と教育・福祉および家族間の密接な連携と協力が今後一層望まれる.
  • 白瀧 貞昭
    1989 年 30 巻 3 号 p. 247-254
    発行日: 1989/07/25
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
    今日, 自閉症は幼児早期 (3歳頃までに) 発症し, 人との社会的関係の障害, コミュニケーションの障害 (単なる言語の障害ではない) , 常同的で固執的な興味や行動様式といった特徴を有する発達障害と定義される.その原因に関して, 脳の器質的障害が疑われているが, 現在のところその実体は不明である.自閉症のような発達期の障害が脳障害を原因として持つとしても, 両者の関係は決してストレートなものではない.自閉症行動から直ちに原因を明らかにできるほどわれわれの知識は十分でない.
    特に, 言語障害の内容に重点を置き, 現在までに明らかになっている自閉症の諸症状を整理し, それらの構造を示した.そして, 自閉症児の中でも数少ない, 高発達を示した年長自閉症者の1例を紹介した.最後に, 発達初期の母子関係の確立に焦点を当てた自閉症児への療育, あるいは, 社会性発達のための療育の理念を紹介した.
  • 笹沼 澄子, 正木 信夫, 辰巳 格
    1989 年 30 巻 3 号 p. 255-262
    発行日: 1989/07/25
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
  • 小寺 富子, 倉井 成子, 里村 愛子, 田中 真理, 佐竹 恒夫
    1989 年 30 巻 3 号 p. 263-276
    発行日: 1989/07/25
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
  • 岡崎 恵子, 相野田 紀子, 大平 章子, 加藤 正子, 田野口 二三子, 福田 登美子, 三浦 真弓, 澤島 政行
    1989 年 30 巻 3 号 p. 277-284
    発行日: 1989/07/25
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
  • 船山 美奈子, 阿部 雅子, 加藤 正子, 斉藤 佐和子, 竹下 圭子, 西村 弁作, 山下 真司, 山下 夕香里
    1989 年 30 巻 3 号 p. 285-292
    発行日: 1989/07/25
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
feedback
Top