脈管学
Online ISSN : 1880-8840
Print ISSN : 0387-1126
ISSN-L : 0387-1126
57 巻 , 11 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
総説
  • 北川 晃, 成田 晶子, 山本 貴浩, 池田 秀次, 泉 雄一郎, 萩原 真清, 太田 豊裕, 石口 恒男
    2017 年 57 巻 11 号 p. 163-168
    発行日: 2017/11/10
    公開日: 2017/11/10
    ジャーナル フリー

    四肢は動静脈奇形の好発部位であり,血管内治療の果たす役割は大きい。その理由として,表在(皮下)病変,深部(筋・骨)病変のいずれにも経動脈的,経静脈的あるいは直接穿刺によるアプローチが比較的容易であることがあげられる。また,硬化療法を併用する場合,硬化剤の中枢静脈への流出を防止し,標的血管内に長時間停滞させることがポイントとなるが,そのための血流コントロールを確実に行うことが可能である。病変の解剖,血流動態を正確に評価し,症例に応じた適切な治療方法を選択することが,治療効果の向上と合併症の予防に重要である。

症例報告
feedback
Top