総合健診
Online ISSN : 1884-4103
Print ISSN : 1347-0086
ISSN-L : 1347-0086
42 巻 , 6 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
原著
  • 玉山 隆章, 井上 穣, 樫原 英俊, 大野 仁, 板垣 信生
    2015 年 42 巻 6 号 p. 615-622
    発行日: 2015年
    公開日: 2016/01/01
    ジャーナル オープンアクセス
    【目的】日本では近年もヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者と後天性免疫不全症候群(AIDS)患者数の新規報告は横這いが続き、HIV感染者数は増加し続けている。HIV感染者の総合健診での動向を調査し、HIV感染者への対応と早期発見のあり方を考察する。
    【対象と方法】対象は平成17年度以降に当センター総合健診で把握できたHIV感染者12例。把握時点のHIV感染症の病期、健診異常項目と既往歴、把握に至った経緯を調査した。
    【結果】症例は全例男性。年齢は30代6例、40代5例、20代1例。病期の内訳は、健診時に既に拠点病院通院中7例、診断確定後の通院中断中2例、未診断3例(急性HIV感染症1例、AIDS発症2例)であった。健診異常項目と既往歴は高頻度順に、硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)上昇(10例/12例中)、梅毒反応陽性(6例/9例実施中)、ALT上昇(6例/12例中)、肥満(5例/12例中)、脂肪肝(5例/12例中)、帯状疱疹の既往(4例/12例中)、以下血小板減少、急性B型肝炎の既往、胸部X線異常、上部消化管造影異常、他であった。ZTTが上昇していた10例中8例は、ZTTが20Kunkel単位以上の極めて高い値であった。9例は他院で既に確定診断されていたが、健診前の問診票にHIV感染症を自己申告したのは2例のみであり、他の7例は面接時に申告したか、面接医がHIV抗体検査を強く勧めた際に申告していた。当センターがHIV感染症を把握する以前に複数回の健診受診歴があったのは6例で、うち2例は過去の健診にてZTT高値以外に検査データの異常がないため経過観察と判定されており、その判定の影響を受けて拠点病院の通院自体を自己中断した可能性があった。平成25年度の当センター総合健診受診者でZTTが20Kunkel単位以上を呈した者のうち、40代までの男性に限ると5例/22例中(22.7%)にHIV感染症が含まれていた。
    【考察】自己申告がなかったとしても、ZTTが極めて高値の男性に対してはHIV感染症の可能性も考えるべきである。特に40代までの男性に対しては、他の性感染症の既往がある場合は勿論、ZTT高値しか異常がない場合でも面接医はHIV感染症を疑い、HIVスクリーニング検査を勧めるべきである。
  • 粟田 有紀, 川﨑 エミ, 大谷 美幸, 酒田 伴子, 新城 泰子, 長田 三枝, 大野 秀樹, 大橋 秀一
    2015 年 42 巻 6 号 p. 623-628
    発行日: 2015年
    公開日: 2016/01/01
    ジャーナル オープンアクセス
    【背景】血管迷走神経反応(vasovagal reaction: VVR)は、採血中や採血後に迷走神経興奮によって生じる諸症状を総称する。血圧低下、徐脈、吐き気などを示し、重症の場合には、意識消失、痙攣、失禁にいたる。不安や緊張によって起こりやすいと言われており、採血の副作用としては最も発生頻度が高いとされている。
    【目的】健保連大阪中央病院健康管理センターにおけるVVRの実態調査を行い、対応策を作成する。
    【方法】2012年11月から2013年10月までの1年間に、総受診者55,150名中VVRを発症した144名を対象として、発症率・性別・年齢・程度・採血体位・回復時間を調べた。程度の判定基準には厚生労働省の「血管迷走神経反応による症状群の程度別分類」を用いた。さらに看護師20名の意識調査を行い、これらを総合的に検討した。
    【結果】VVR発症率は0.26%、男女比では女性が、年齢別では若年層が高い傾向となった。程度別では最も軽いⅠ度が128名(88.9%)、Ⅱ度が9名(6.3%)、Ⅲ度が7名(4.9%)となった。採血体位ではベッド上採血が全てⅠ度にとどまり、重症化を防いでいる事が分かった。回復時間は106名(73.6%)が5分以内に回復し、離床上の有用な目安となった。また、看護師の意識調査からⅡ度以上は15分間のベッド上安静が適切であると判断した。
    【結語】健診での採血時VVRは高頻度ではないが特に若年者、女性に注意することが重要である。また離床上の目安としては5分毎のバイタルサイン測定を織り込んだ「採血によるVVR対応策」を作成することによって、一定の安全対策が確立できた。
  • 山中 麻希, 北川 元二, 斎藤 征夫, 高橋 玲
    2015 年 42 巻 6 号 p. 629-636
    発行日: 2015年
    公開日: 2016/01/01
    ジャーナル オープンアクセス
     本研究は、栄養摂取状況と脂肪肝の改善との関係を明らかにするために、2007年と2012年に生活習慣病健康診断と食物摂取頻度調査による栄養調査を実施できた男性420名を対象に、脂肪肝の有無、身体計測値、血液検査値、栄養摂取状況の経過について調査した。食事調査は食物摂取頻度調査(FFQ)により実施した。
     2007年に超音波検査により脂肪肝と診断された150名のうち、飲酒量および肝炎ウイルスマーカーから非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と診断された者は118名であった。このうち2012年に脂肪肝を認めなかったNAFLD改善群は33名、NAFLD不変群は85名であった。NAFLD改善群では体重は6.4%、BMIは6.2%、ウエスト周囲長は4.8%減少しており、いずれも有意な減少を認めた。血液検査では肝機能検査、脂質検査の改善を認めた。一方、NAFLD不変群では肥満や血液検査の改善は認めなかった。栄養摂取状況は、NAFLD改善群の総エネルギー摂取量は2007年33.8±8.5kcal/kg標準体重/日、2012年29.1±7.0kcal/kg標準体重/日と有意な減少を認めた。また、糖質摂取量が有意に減少していた。食品群では主食芋摂取量が有意に減少していた。NAFLD不変群では栄養摂取状況の大きな変化は認めなかった。また、NAFLD改善群では定期的に運動する者の頻度が増加していた。
     NAFLDの改善には内臓脂肪型肥満の改善が重要であり、栄養学的にはエネルギー摂取量、糖質摂取量の制限が関与すると考えられた。
総説
  • 髙林 健示, 髙橋 為生, 沖 島助, 長澤 亨, 日野原 茂雄
    2015 年 42 巻 6 号 p. 637-649
    発行日: 2015年
    公開日: 2016/01/01
    ジャーナル オープンアクセス
     「こころと身体の健康は、自分で守り、自分で創る」という理念をもとに「健康リテラシー支援システム(NavBEE:ナビー)」を開発した。一次予防を支援するツールであり、人間ドック健診・住民健診受診者、企業従業員及び家族が対象となる。生活習慣、検査結果、病歴・投薬、メンタルチェックで構成され、質問紙形式である。
    1.プロフィールは、氏名、生年月日、身長、体重、(BMI)、性格。
    2.生活習慣は、飲酒、喫煙習慣、運動習慣、睡眠、食習慣、行動変容ステージ、保健指導。
    3.検査結果は、メタボ判定、腹囲、BMI、血圧、空腹時血糖、HbA1c、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、尿酸、クレアチニン、ヘモグロビン、ヘマトクリット、尿糖、尿蛋白、便潜血。
    4.病歴・投薬は、脳卒中、心臓病、腎不全、貧血、高血圧、糖尿病、脂質異常症。
    5.メンタルチェックは、①こころの健康状態、②ストレス、③コーピングスタイル(ストレス対処法)、④サバイバル力である。
     回答結果を受検者と医療者の双方が理解し易いイラストでビジュアル表示したことで、こころと身体の健康状態を視覚的に捉えることになる。イラストによる「見える化」は、健康への認知を容易にし、行動変容を促進する。
     「こころの健康状態チェック」は独自に作成した。チェック時に気持ちが暗くならないように肯定的質問で構成されている。「うつ病自己評価尺度SDS」との相関があり、信頼性統計量Cronbachアルファ値は0.86である。
     病気ではない個人が健康を振り返る習慣を身につけることは難しい。したがって、職場などの個人が所属する組織が健康について取り組む必要がある。この際NavBEEの持つ履歴機能は、有効な保健指導を可能にする。受検者と医療者が結果画面を共有し、インタラクティブコンセントを作ることにより、健康への意識を高めることが実現できる。
     職場及び家庭における健康のバランスは重要であり、人間ドック健診では、こころと身体の健康を統合的に考えていく必要がある。
大会講演
feedback
Top