地質調査研究報告
Online ISSN : 2186-490X
Print ISSN : 1346-4272
ISSN-L : 1346-4272
63 巻 , 11-12 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
論文
  • 川辺 禎久
    2012 年 63 巻 11-12 号 p. 283-289
    発行日: 2012/12/31
    公開日: 2013/03/21
    ジャーナル フリー
    伊豆大島火山新期大島層群のいくつかの部層について,加速器質量分析法による14C年代測定を行った.山頂カルデラを形成したと形成したと考えられているS2期年代は1780±50yBPの年代値を示し,これまで考えられていたより200年から300年古い年代値を示した.N4期も同様に200年から100年ほど古い値を示す.それより新しいN1期,Y6期,Y5期,Y4期,Y2期は,これまでの推定年代,歴史噴火記録と整合的な値が得られた.S2期,N4期の年代がより古くなったために,S期からN期にかけてのテフラ噴出量から見たマグマ噴出率は,これまでの推定より小さくなった.それでもY期噴出率の約2倍の噴出率である.
概報
  • −地質図幅作成地域の火山岩・深成岩 (平成23年度版) −
    松本 哲一, 中村 仁美, 廣田明成 , 星住 英夫, 高橋 浩 , 中野 俊, 中野 聰志
    2012 年 63 巻 11-12 号 p. 291-300
    発行日: 2012/12/31
    公開日: 2013/03/21
    ジャーナル フリー
    産業技術総合研究所の陸域地質図プロジェクトで作成される地質図幅の正確さを向上するため,平成20~23年度内に10 個の火成岩試料についてK-Ar年代測定を実施した.これらの年代測定試料のうち,5 個の火山岩試料については,結晶片を可能な限り除去した石基濃集フラクションを年代測定に用いた.一方,5 個の深成岩試料については,黒雲母及び普通角閃石を分離・精製したフラクションを用いた.K-Ar年代が得られた試料ごとに,岩石名と簡単な記載,産地,試料提供者,周辺の地質状況,K-Ar年代,分析データ,測定結果の地質学的意義を記述した.
  • 原 英俊, 原 康祐, 栗原 敏之
    2012 年 63 巻 11-12 号 p. 301-308
    発行日: 2012/12/31
    公開日: 2013/03/21
    ジャーナル フリー
    Cretaceous radiolarians were recovered from three mudstone samples within the Shimanto accretionary complex in the Kitagawa district, Tokushima Prefecture, Southwest Japan. Two of them, red mudstone and gray mudstone, in the Osodani Unit yield radiolarian faunas indicating the ages of late Albian to Cenomanian and late Cenomanian, respectively. Black mudstone within the Taniyama Unit includes a representative radiolarian fauna presenting a Turonian age. Based on the age determination by our present data together with the radiolarian evidences reported from surrounding area, the accretionary age of the Osodani Unit is constrained to be Turonian to early Coniacian, and those of the Taniyama Unit is reinterpreted as the age of Turonian to Santonian. New findings of radiolarian fossils in the Kitagawa district help establish the age constraint for the Cretaceous Shimanto accretionary complex in eastern Shikoku.
feedback
Top