地質調査研究報告
Online ISSN : 2186-490X
Print ISSN : 1346-4272
ISSN-L : 1346-4272
最新号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
論文
  • 原 英俊
    原稿種別: 研究論文
    2020 年 71 巻 6 号 p. 509-516
    発行日: 2020/12/16
    公開日: 2020/12/19
    ジャーナル フリー

    関東山地東縁部に分布する下部白亜系高岡層の石灰質砂岩より,砕屑性ジルコンのU–Pb年代測定を行った.U–Pb年代の最若粒子年代及び最若ピーク年代は,109.7 ±0.8 Ma及び110.0 ± 1.0 Maが得られた.これらはともにアルビアン期前半を示し,高岡層がアルビアン期前半以降に堆積したことを示唆する.また高岡層の石灰質砂岩は,ペルム紀~三畳紀(276 ~ 240 Ma)のジルコンを多く含むことを特徴とする.砕屑性ジルコン年代及び砂岩の岩相より,高岡層の後背地には,ペルム紀~三畳紀の花崗岩類と秩父帯付加コンプレックスが分布していたと考えられる.堆積年代より高岡層は,山中白亜系の三山層に対比される.しかし両層は,ジルコンのピーク年代スペクトルの特徴に違いが認められ,異なる後背地によって特徴づけられる.

  • 山元 孝広, 中野 俊, 石塚 吉浩, 高田 亮
    原稿種別: 研究論文
    2020 年 71 巻 6 号 p. 517-580
    発行日: 2020/12/16
    公開日: 2020/12/19
    ジャーナル フリー

    1,500 cal BC以降の新期富士降下火砕物の再記載を行い,各堆積物の層厚分布から最小マグマ体積を見積もった.また,代表的露頭から採取した噴出物の全岩化学組成分析を行い,その特徴から降下火砕物の対比を行っている.その露頭は,東山麓を中心にした太郎坊(御殿場口),大日堂(東富士演習場),上高塚(東富士演習場),須走口五合目,幻の滝下,須走口馬返,すぎな沢(須走),大御神(新東名高速工事現場),滝沢(北富士演習場)である.1,500 cal BCから300 cal BCにはS-10 ~S-22降下火砕物が山頂・山腹から噴出したが,このうちS-10,大沢,大室山,S-13,S-18,S-22降下火砕物の規模が大きく,見積もられた最小体積は岩石換算体積で各々1×10-1 km3 前後である.300 cal BC頃は山腹割れ目噴火が卓越し,宝永噴火を除いて規模が小さく,鍵層として広範囲に分布する降下火砕物は堆積していない.そのため,山元ほか(2011)が東山腹のものに須走口馬返降下火砕物群と定義したように,北東山腹のものには吉田口降下火砕物群,南東山腹のものには御殿場口降下火砕物群として,地域毎に下位から順に数字を付け新称した.

概報
  • 小松原 純子
    原稿種別: 概報
    2020 年 71 巻 6 号 p. 581-586
    発行日: 2020/12/16
    公開日: 2020/12/19
    ジャーナル フリー

    九十九里平野で2015年度に行われたボーリング調査で得られた4本のコアについて,沖積層の粒度分析を行い,堆積環境との対応を検討した.陸棚おぼれ谷堆積物は細粒の泥層からなる.下部外浜堆積物へ上方粗粒化する.下部外浜堆積物の上部は淘汰の良い極細粒砂~細粒砂からなる.上部外浜堆積物では中粒砂以上の割合が増加する.前浜~後浜および砂丘堆積物は極細粒砂から細粒砂を主体とする.淘汰の良い砂質堆積物が卓越するのは周辺の更新統が再堆積したからと考えられる.

feedback
Top