日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
4 巻 , 2 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
  • Kenji FUJII, Yoshiaki NAKANO, Yasushi SANADA
    2004 年 4 巻 2 号 p. 1-20
    発行日: 2004年
    公開日: 2010/08/12
    ジャーナル フリー
    A simplified nonlinear analysis procedure to predict earthquake responses of single-story asymmetric buildings is presented and its applicability is discussed. In this procedure, their responses are predicted through a nonlinear static analysis of MDOF model and a nonlinear dynamic analysis of equivalent SDOF model, considering the change in the first mode shape at each nonlinear stage and the effect of the first and second mode contribution. The results show that the responses of torsionally stiff buildings can be satisfactorily predicted by the proposed procedure.
  • 香川 敬生
    2004 年 4 巻 2 号 p. 21-32
    発行日: 2004年
    公開日: 2010/08/12
    ジャーナル フリー
    ハイブリッド合成法による強震動予測に際して短周期地震動の計算に用いられる, 統計的グリーン関数法 (短周期帯域) をより長周期帯域に適用できるように拡張した. ハイブリッド合成法では, 観測地震動が確定量から統計量に推移する周期帯において, 確定的に評価される長周期地震動と統計的な表現による短周期地震動を合成することが理想である. しかし, 確定的手法でモデル化できる構造変化の波長 (計算周期に影響) に限界があることなどから, 実際の現象よりも長周期帯域でハイブリッド合成されていることが多い. 本研究では, 統計的グリーン関数法に長周期帯域でコヒーレントな震源時間関数を導入することで, 適用範囲の長周期化を図っている. また, 周波数依存型放射特性, 水平成層地盤構造による理論応答を導入することにより手法の高度化をおこなっている. このため, 露頭岩盤あるいは水平成層地盤構造を仮定できる震源近傍域については, 実用される広い周期帯域において, 統計的グリーン関数法のみで合理的な地震動評価が可能となっている.
feedback
Top