コンクリート工学
検索
OR
閲覧
検索
53 巻 , 11 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
巻頭言
TOPICS
解説
テクニカルレポート
  • コンクリート中の気泡の役割・制御に関する研究委員会
    53 巻 (2015) 11 号 p. 970-977
    公開日: 2016/11/01
    ジャーナル 認証あり
    本稿では,コンクリート中の気泡の役割や効果,制御・管理技術について,文献調査と実験的検討により総合的に整理することを目的として活動を行っている「コンクリート中の気泡の役割・制御に関する研究委員会」の中間報告の一部を示す。特に本稿では,コンクリートの使用材料や施工方法がフレッシュコンクリートおよび硬化コンクリートの気泡組織に及ぼす影響に関する既往の知見を整理して示す。また,コンクリートの空気量が運搬および振動締固めによってどのように変化するかを把握するために行った実験的検討について,フレッシュ性状の結果を示す。
    抄録全体を表示
  • 柳田 克巳, 中村 隆寛, 杉下 紗惠子, 福島 隆
    53 巻 (2015) 11 号 p. 978-985
    公開日: 2016/11/01
    ジャーナル 認証あり
    杭頭の余盛部分の解体はハンドブレーカーや重機ブレーカーによる斫り作業で行われることが一般的であり,長時間にわたる騒音・振動の発生や粉塵の発生による劣悪な作業環境が問題となっている。そこで,少量の爆薬・非火薬剤を使用し,コンクリートを瞬時に細かく破砕することができる微小発破技術を用いて杭頭処理を行う瞬間破砕型杭頭処理工法を開発した。本工法を用いて杭頭処理の試験体実験および現場適用を行い標準的な工法詳細を確立するとともに,装薬設計法を提案した。また,発破時に瞬間的に発生する騒音の大きさを把握し,問題ないレベルに留まることを明らかにした。
    抄録全体を表示
工事記録
講座
随筆
海外だより
国際情報
さろん
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top