全日本鍼灸学会雑誌
Online ISSN : 1882-661X
Print ISSN : 0285-9955
ISSN-L : 0285-9955
32 巻 , 4 号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
  • 高木 健太郎
    1983 年 32 巻 4 号 p. 251
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
  • 木下 晴都
    1983 年 32 巻 4 号 p. 252-256
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    Acupuncture-moxibustion is an accumulation of a long period of experience in direct treatment of the human body. Still today the same types of methods occupy the main stream of acupuncture-moxibustion therapy. In order to move toward more effective methods in therapy it is essential that the methods used be effective and objective and that comparative examination with other methods be conducted.
    I discovered that acupuncture administered to the area of muscle contracture at the nerve radix is remarkably effective and that in comparison with other acupuncture methods is highly effective. In order to examine these effects through animal experiments I administered tetanic stimulation to the gastrocnemius muscles to weaken the contraction strength and proved that acupuncture serves to accelerate the recovery action. As this function appeared even after the nerve was severed I considered the possibility that it might be an axon reflex. The effects vanished with the administration of an axon reflex suppressant but were observed even after denervation.
    It can be stated that little progress will occur unless in this manner acupuncture research is repeatedly conducted such that results are verified through a comparative examination followed by fundamental experiments in which similar pathological conditions are created in animals and the acupuncture effects and mechanism verified.
  • 芹澤 勝助
    1983 年 32 巻 4 号 p. 257-262
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
  • 山下 九三夫
    1983 年 32 巻 4 号 p. 263-267
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
  • 河上 邦治
    1983 年 32 巻 4 号 p. 268-269
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
  • 松本 勅, 篠原 昭二
    1983 年 32 巻 4 号 p. 271-275
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    In a previous paper, we reported that acupuncture on the equivalent loci to human CV-12, BI-12 and ST-36 inhibited rat's stomach ulcer induced by water immersing stress. In this paper, we report the influence of acupuncture on the equivalent loci to human BL-21 and ST-36.
    Method
    15 male Wister rats of about 200g in weight were divided into the test group (6 rats) and the control group (9 rats), and acupuncture was administered to the test group on the equivalent loci to human BL-21 and ST-36 every other day. The next day after the sixth acupuncture, they were immersed in the water of 23°C to their chests 7 hours and the stomachs were extirpated from them and the gastic glands were sliced and stained in hematoxylin-erosion. Making a microscopic examination of these slices, we evaluated the number of mucoclasis classified by strength, depth and width.
    Effect
    More than 90% of mucoclasis showed erosion of tissue. It was less than 2/4 in depth and less than 500μ in width.
    1. Erosion in each slice numbered 20.3±5.6:34.1±9.5 in average between the two groups and it showed significantly small number in the test group (p<0.01).
    2. The number of erosion in depth was much smaller in the test group (p<0.01, p<0.05).
    less than 1/4…19±4.2:28.1±6.1
    less than 2/4…1.3±1.5:5.3±4.0
    3. The number of erosion in width was also much smaller in the test group (p<0.05)
    10μ-500μ…10.3±4.7:19.8±9.4
    Conclusion
    It was showed that pre-acupuncture inhibited stress erosion.
  • 須永 隆夫, 柴田 昭, 小林 庄一, 新島 旭
    1983 年 32 巻 4 号 p. 276-279
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    (1) 目的: ツボや経絡・針の作用について考えてみるために, ツボの針刺激が, 皮膚感覚点に及ぼす影響を観察した。(2) 方法: 成人男子について, 合谷の針刺激および足三里の針刺激に対する皮膚触点・痛点・温点の密度の変化をみた。又, 触点の二点弁別閾値 (二点間距離) への合谷刺針刺激の影響をみた。(3) 結果および結論: 針刺激と反対側の測定でも同側刺激と同様に感覚点の減少がみられた。温点の変化は円錐熱導子の温度を43℃~40℃として測定したが, 温点に対しても抑制効果 (感覚点数減少効果) を及ぼすと考えられた。触点の二点弁別閾値への合谷刺針刺激の影響は著明ではなかった。
  • 久住 真理, 芦澤 勝助
    1983 年 32 巻 4 号 p. 280-287
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    耳鳴りの原因は, 局所および全身疾患が考えられ, その治療方法も種々試みられているが, 慢性のものほど難治とされている。
    耳鳴り患者103例に鍼治療を行なった成績は, 著効・有効あわせて24.2%, やや有効26.2%, 無効49.5%であった。
    難聴の有無, 血圧の異常は治療効果に影響を及ぼさなかった。治療回数と鍼治療効果の関係は, 1クールを治療1~10回とした場合, 1クール継続治療で耳鳴りに対する鍼治療のめやすがつくことがわかった。
    また, 鍼治療の直後に効果が認められ, 特に頚・肩のこりや他の不定愁訴を持つ患者群に対しては, 古来よりの耳周囲の常用穴の治療とともに不定愁訴の改善をはかり, 全身調整のための治療を併療・継続することが有効であった。
  • 竹之内 診佐夫, 竹之内 三志
    1983 年 32 巻 4 号 p. 288-293
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    原穴・背部兪穴・募穴の圧痛量値を測定し, 治療前と治療後の変化を観察した。圧痛量測定には, 木下式圧痛計を使用した。施術は, 虚証には補法, 実証には瀉法を行なった。補法は, ステンレス鍼1寸1番で浅刺とし随置鍼術を, 瀉法は, ステンレス鍼1寸6分3番で深刺とし呼吸の瀉法, 強雀喙術とした。また, 圧痛量値の2kg以上左右差のあるものには, 低値の方に単刺術, 高値の方に強雀喙術を用いた。標本は無主訴4例, 有主訴5例であった。
    施術後の圧痛量値の変化はさまざまで, 圧痛量値の上昇したもの, 下降したものが約半数ずつあった。また, 背部兪穴と原穴の左右差は施術後0になるものはなく, より一層の増加と減少があらわれた。募穴は健康値に近似した。
  • 縄田 隆生, 松岡 憲二, 北出 利勝, 小田原 良誠, 篠原 昭二, 池内 隆治, 森川 和宥, 河内 明, 兵頭 正義
    1983 年 32 巻 4 号 p. 294-298
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    In China, for years they have been studying the PSC to investigate scientifically the substance of traditional meridians. As we had been to there, we learned how to investigate it. According to their method we did it in Japan.
    Objects were 340 healthy youths. The stimulated points were the well points in each meridian. The low frequency electroacupuncture (5-20Hz) was given to these points 30 minutes. Objects showed us their sensation or orally or by gesture.
    We divided the result into 4 stages according to the chinese method;
    salient…5 (1.5%)
    comparatively salient…3 (0.9%)
    slightly salient…7 (2.0%)
    Non-salient…325 (95.6%)
    In China, by the way, objects were 1, 000 people and it was 1.3%, 1.8%, 15.2% and 81.7%.
    In this study, though it showed a low incidence of about 4.4% (about 18% in China), it was found that there was a phenomenon of the PSC.
  • 川井 正久, 篠原 昭二, 芳野 温, 松本 勅, 小田原 良誠, 長谷川 汪
    1983 年 32 巻 4 号 p. 299-303
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
  • 林 茂美
    1983 年 32 巻 4 号 p. 304-307
    発行日: 1983/03/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    中国は古くから針灸と同じく導引 (気功) の効果を高く評価して来た。気功も針灸も生命エネルギーである気の流れをよくする面では一致している。大脳を休息させ, 内分泌活動を促進させ, 自律神経の平衡を司って, 体力, 精神力共に増強させる。いつでも, どこでも, たやすく行われるセルフコントロールの健康法であるのみならず, 神経症, 高血圧, 喘息, 胃腸障害などの疾病治療にも著しい効果がある。今後, 癌の予防に, 神, 気, 精 (精神力, 気力, 精力) の増強の為にもなお一層の研究がのぞましい。ここでは中日治療院の針灸と気功の初歩的な結合を紹介し, 今後「針灸と気功の結合」について理論的にも, 実践的にも一層の研究が進められることを期待する。
feedback
Top