表面科学
Online ISSN : 1881-4743
Print ISSN : 0388-5321
ISSN-L : 0388-5321
36 巻 , 7 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
巻頭言
第34回表面科学学術講演会特集号 [I]
連載企画
環境問題と表面科学
  • 竹内 義明
    2015 年 36 巻 7 号 p. 382-384
    発行日: 2015/07/10
    公開日: 2015/07/21
    ジャーナル フリー
    日本に甚大な被害をもたらした台風としてよく知られているのは1959年の伊勢湾台風で,死者・行方不明者5098人を記録している。台風被害は,強風被害,高潮被害,大雨による洪水・浸水および土砂災害,台風通過に伴う竜巻被害,塩風害,うねりや風浪による船舶被害などが特徴的である。先進国においては人的被害こそ減っているが,都市域での大規模水害による交通・通信等インフラの広域被害がしばしば起こっている。台風は将来にわたって社会的に影響の大きな気象現象であるため,世界中で活発に研究が行われている。本稿では,台風の発生から消滅までを概説したのち,進展著しい観測技術と研究の動向(特に,「表面」に関わる部分)についてその一端を紹介する。
談話室
海外研究体験記
表面科学技術者資格認定試験例題
先端追跡
feedback
Top