魚病研究
Online ISSN : 1881-7335
Print ISSN : 0388-788X
ISSN-L : 0388-788X
5 巻 , 1 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
  • 篠原 国一
    1970 年 5 巻 1 号 p. 1-3
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2010/02/10
    ジャーナル フリー
  • 中島 健次
    1970 年 5 巻 1 号 p. 4-11
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2010/02/10
    ジャーナル フリー
    This species was first reported by ISHII (1916) under the name of Filaria cyprini. Molphological studies were made on 16 mature female nematodes gathered form the subcutaneous tissue of two year old carp, Cyprinus carpio, in Shimane prefecture in April and May, 1970, and led to the following conclusion.
    This species should be combined with Philometroides based on the RASHEED opinion (1963) in respect of its cuticular condition and should be, morphologically and ecologically, separated from the other species of the genus Philometroides: P. anguillae (ISHII, 1916), P. maplestonei (TRAVASSOS, ARTIGAS and PEREIRA, 1929), P. masu (FUJITA, 1940), P. plectroplites (JOHNSTON and MAWSON, 1940), P. sanguinea (Run., 1819) and P. seriolae (ISHII, 1931), and some closly related species bearing cuticular bosses on the surface of body; that is Philometra carassii (ISHII, 1931) and P. nodulosa THOMAS, 1929.
    Description: Body slender and almost uniformly broad except at extremities, 9.012.2 cm long, 0.62.0.90 mm broad; cuticle with numerous minute, irregularly distributed lobelike structures. Head bluntly rounded with four cuticular thicknings, but without any cephalic papillae. Mouth triangular formed with three anterior swellings of esophagus (0.0760.082 mm broad); esophagus, 2.89 3.32 mm long, 0.026 0.039 mm broad, with greatly developed esophageal gland, 0.16 0.21 mm maximum broad, which beginning at about level of nerve ring, 0.210.26 mm from head end. Intestine, about 0.29mm broad, gradually tapered and finally become a solid cord attached to body wall at tail and. Uterus voluminous, occupding most of body cavity; a pair of ovary short and uncoiled, 0.3960 mm Iong, 0.100.18 mm broad. Vulva and anus atrophied. Tail bluntly pointed with two or three cuticular thicknings, or without any shield.
  • 中間宿主と推定されるcopepodsへの仔虫感染実験
    中島 健次, 江草 周三
    1970 年 5 巻 1 号 p. 12-15
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2010/02/10
    ジャーナル フリー
  • 室賀 清邦, 江草 周三
    1970 年 5 巻 1 号 p. 16-20
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2010/02/10
    ジャーナル フリー
     最近ROSSらは米国アリゾナの養殖場のニジマスの流行病からVibrio anguillarumを報告した。この報告は淡水域からV.anguillarumを報告した最初のものである。わが国では1957年HOSHINAがニジマスより一種のVibrioを分離しV. piscium var.japonicusとして報告した。以来本種はわが国で繰返えしニジマスより報告されてきた。1961年SMITHは保科の分離菌について検討した結果,その菌はV.anguillarumに同定さるべきことを述べた。先に著者の一人江草は既報のV.anguillarumの比較を試み,その中で淡水魚から分離されて本種と同定さるべき菌にふれたが,わが国では淡水魚からのVibrioをV.anguillarumとして報告した例はまだない。著者らは1968,1969,1970年と3年連続して滋賀県下の養殖アユから,また1969年長野県下の養殖アユからV.anguillarumと同定さるべき病原菌を分離したのでその性状を報告する。なお著者らが本菌を分離した材料は,すべて琵琶湖産の稚アユを種苗に用いた養殖池の病気アユであった。
  • 町田 昌昭
    1970 年 5 巻 1 号 p. 21-24
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2010/02/10
    ジャーナル フリー
    A large number of encapsuled, philometrid nematodes were obtained from the fin and operculum of a right-eyed flounder, Limanda yokohamae, which was collected in Otsuchi Bay, Iwate Prefecture, in August, 1966. The present specimens closely resemble Philometpra mariae LAYMAN;this species was detected from the fin of Protopsetta herzensteini and Limanda sehrenki and the ovary of Sebastodes schlegelii in Peter the Great Bay. LAYMAN's description and figures are not detailed, and the present specimens are generally larger than LAYMAN's ones (Table 1). In philometrid nematodes, however, the size of the same species varies so much that the size is of little classificatory importance. The two worms were collected from the fin of the same pleuronectid fishes in the neighboring seas. Consequently, the present specimens are considered to belong to Philometra mariae. On the other hand, this species also resembles Clavinema parasiluri YAMAGUTI, 1935, which was obtained from the operculum and submaxilla of the catfish, Parasilurus asolus, in Lake Ogura, Kyoto. RASHEED(1963) revised the genus Philometra and asserted the invalidity of the genus Clavinema;main reason was the immaturing of C.parasiluri. Classificatory discussion is postponed to another occasion, however, it is conceived that the genus Clavinema is valid and Philometra mariae is transferred to the genus Clavinema.
  • 杉本 昇, 米 康夫
    1970 年 5 巻 1 号 p. 25-30
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
     1.新ニトロフラン誘導体,MKM,1-methyl-1,4-dihydro-7-[1-methyl-2-(5-nitro-2-furyl)-vinyl]-4-oxo-1,8-naphthyridine-3-carboxylic acid-Kの各種魚病原因菌に対する抗菌力は,対比した各種薬剤のそれよりきわめて強かった。2.V.anguillariumおよび病原菌SP-1を筋肉内に注射接種したマダイに対するMKMの治療効果はP-7138のそれより劣った。3.MKMはその化学構造と, Mg, Al, Ca,などの存在で螢光を発することから金属キレート作用物質であると推測した。4.0.5および5ppmのMKMあるいはP-7138の海水溶液にマダイを2時間薬浴した場合,いずれの組織にもMKMは検出できなかったが, P-7138は血液,肝,腎臓および筋肉に相当多量検出された。5.両体測4カ所のウロコをとり,病原菌SP-1添加海水中で10時間游泳させ経皮感染したマダイに対し,MKMおよびP-7138は同程度の薬浴治療効果を示した。
  • 結節形成の機構
    窪田 三朗, 木村 正雄, 江草 周三
    1970 年 5 巻 1 号 p. 31-34
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2010/02/10
    ジャーナル フリー
     1) 細菌性類結節症における結節形成の機構を形態的,病理組織学的に追求した。2) 結節形成の過程で中心壊死部と菌および菌集落排除に類上皮層形成が関与している。3) 類結節症の結節と類肉腫との形質の比較およびノカルジア症における古い結節と類肉腫との比較を行ない,類結節症の結節が多くの点で類肉腫と一致することがわかった。
  • アマゴおよびビワマスの肝癌(1)
    窪田 三朗, 鎌田 淡紅郎, 木村 郁夫, 伊藤 洋平
    1970 年 5 巻 1 号 p. 35-42
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2010/06/17
    ジャーナル フリー
     滋賀県醒ヶ井養鱒試験場で1969年に発生したアマゴ・ビワマスの肝腫瘍を病理学的にしらべ原発多発性実質性肝癌と診断し,醒ヶ井1969年型肝癌と呼称することにした。本腫瘍は診断名の上では黒磯で発生したニジマスの肝癌と同じであるが,形態特にその基本的構築の上で異なった点が多いし,発癌がメスに限られているのも特徴の一つである。なお周囲組織中の実質細胞は肝癌に先行して巨核巨細胞が出現していた。
  • 江草 周三
    1970 年 5 巻 1 号 p. 43-44
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
  • 白木 建二, 田中 二良
    1970 年 5 巻 1 号 p. 45-47
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2010/02/10
    ジャーナル フリー
     ハマチ幼魚(モジャコ)を輸送する時の歩留り低下を防止すべく,抗菌剤投与による効果を判定した。ニフルプラジン(HB-115)を輸送水槽中に, 0.1ppm,0.3 ppm,1ppm,3ppmの濃度で投与して,対照区と輸送後の生存率を比較したところ,薬剤投与区は,対照区にくらべて成績が良く,3ppmの区は,特に有効であった。このことより,モジャコを輸送する時に,抗菌剤を適当な濃度で投与することにより,輸送後の斃死をくい止めることができるであろう。
  • 西尾 和民, 日置 勝山, 白石 嘉男
    1970 年 5 巻 1 号 p. 48-50
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
  • 併せて腹水病との比較
    江草 周三
    1970 年 5 巻 1 号 p. 51-66
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
  • 若林 久嗣
    1970 年 5 巻 1 号 p. 67-68
    発行日: 1970/09/30
    公開日: 2010/02/10
    ジャーナル フリー
  • 1970 年 5 巻 1 号 p. e1
    発行日: 1970年
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
feedback
Top