魚病研究
検索
OR
閲覧
検索
51 巻 , 1 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
Research Articles
  • 南 隆之, 岩田 一夫, 嶋原 佳子, 湯浅 啓
    51 巻 (2016) 1 号 p. 1-7
    公開日: 2016/03/25
    ジャーナル フリー
     市販のJ-O-3型ビブリオ病ワクチンを投与した養殖カンパチで頭部上皮組織の剥離,尾鰭の欠損,腹水貯留および眼球炎などビブリオ病に似た症状を呈する疾病が発生した。分離細菌は, V. harveyiに特異的な PCRに陽性を示した。また,topAmreBとの塩基配列を連結して系統樹を作成したところ,V. harveyiに同定された。分離細菌は感染試験により,カンパチに病原性が確認された。分離株を用いたホルマリン不活化菌体でカンパチを免疫して攻撃実験を行った結果,対照区と比べ免疫区は有意に死亡率が低かった。カンパチで確認されたV. harveyi感染症はホルマリン不活化菌体の免疫で予防できる可能性が示された。
    抄録全体を表示
  • 西槇 俊之, 勝村 啓史, 尾田 正二, 小賀 厚徳, 小川 元之, 太田 博樹
    51 巻 (2016) 1 号 p. 8-14
    公開日: 2016/03/25
    ジャーナル フリー
     ヒトにおいてみられる疾患と同様もしくは類似の疾患をモデル生物において探索し,その発症メカニズムを明らかにすることによってヒト疾患治療のための基礎研究となす試みが広く行われている。メダカはそのような疾患研究に活用されるモデル生物の一つであるが,メダカ自体の疾患に関する組織学的な報告例が限られているのが現状である。本研究では,ヒトにおいて頻繁にみられる嚢胞がメダカにおいても広くみられる疾患であるか検討した。メダカの体躯が小型であることを活かしてメダカ成魚の全身組織連続切片を作製し,全組織において病理組織学的に嚢胞の有無を探索した結果,嚢胞と考えられる組織病変をメダカ精巣および卵巣に高頻度に見出したのでここに報告する。
    抄録全体を表示
  • Zhenxing Liu, Le Hao, Yanping Ma, Zhiling Liang, Jiangyao Ma, Hao Ke
    51 巻 (2016) 1 号 p. 15-22
    公開日: 2016/03/25
    ジャーナル フリー
    Cyprinid herpesvirus 3 (CyHV-3), also named koi herpesvirus (KHV), is a lethal pathogen of koi and common carp Cyprinus carpio. In the present study, we described a procedure to generate monoclonal antibodies (mAbs) against the envelope protein pORF132 of CyHV-3 and application of the mAb. Three recombinant plasmids targeting the expression of one complete pORF132 and two truncated pORF132 were constructed, respectively. After induction, a truncated pORF132 was successfully expressed in a soluble form and the purified recombinant protein was used in the preparation of mAbs. Two hybridoma cell clones, 4E11 and 4B11, were obtained and mAb 4E11 reacted to CyHV-3 infected cells and not to CyHV-2 (goldfish hematopoietic necrosis virus) and IcHV-1 (channel catfish virus) infected cells. An antigen-capture ELISA based on the pair of mAb 4E11 and anti-CyHV-3 IgY was primarily constructed. This antigen-capture ELISA could distinguish between the CyHV-3 infected and uninfected fish samples.
    抄録全体を表示
  • Toyohiro Nishioka, Jun Satoh, Tohru Mekata, Koh-ichiro Mori, Kengo Oht ...
    51 巻 (2016) 1 号 p. 23-27
    公開日: 2016/03/25
    ジャーナル フリー
    Kudoa septempunctata infecting the muscle of the olive flounder Paralichthys olivaceus has been recently demonstrated to cause food poisoning in humans who eat the raw flesh of flounder. In the present study, we assessed the effective treatments of a water supply to prevent K. septempunctata infection in a flounder hatchery where the parasite was enzootic. The prevalence of infection in a positive control fish group exposed to unfiltered seawater was 33% at 3 months post-exposure, whereas no infection was observed in the treated fish groups exposed to sand-filtered seawater, sand- and cartridge (5 μm)-filtered seawater or sand-filtered seawater followed by ultraviolet (UV) irradiation at a dose of 46 mJ/cm2. Additionally, treatment with UV irradiation alone was effective for the prevention of K. septempunctata infection. To ensure complete protection from K. septempunctata infection, we recommend double treatments of a water supply with sand filtration and UV irradiation in olive flounder hatcheries.
    抄録全体を表示
Short Communications
  • Richard Mayrhofer, Johannes Pucher, Mona Saleh, Simon Menanteau-Ledoub ...
    51 巻 (2016) 1 号 p. 28-31
    公開日: 2016/03/25
    ジャーナル フリー
    Cyprinid herpesvirus 3 (CyHV-3) is the causative agent of koi herpesvirus disease and poses a significant threat to common and koi carp. Since its first description, the virus has spread worldwide. In 2010 and 2011, mass mortality of common carp was reported in a hatchery and several ponds in northern Vietnam. CyHV-3 was detected in infected tissues by PCR, confirmed by sequencing of the thymidine kinase gene. Duplex PCR demonstrated that the virus belonged to the genetic lineage (I++/II-) previously described in Indonesia. This suggests CyHV-3 as the causative agent of the disease outbreak and constitute the first report of CyHV-3 in Vietnam.
    抄録全体を表示
  • 松山 知正, 南 隆之, 福田 穣, 佐野 菜採, 坂井 貴光, 高野 倫一, 中易 千早
    51 巻 (2016) 1 号 p. 32-35
    公開日: 2016/03/25
    ジャーナル フリー
     マダイイリドウイルス(RSIV)病の感染防御における血清抗体の関与を検討するために,マダイ,ブリ,ヒラマサ,カンパチおよびイシダイについて受動免疫試験を行った。感染を耐過した個体群の血清を予め腹腔内に接種した試験区では,イシダイを除く全ての魚種で未感作な個体群の血清を接種した試験区と比較して有意に死亡率が低下した。ブリでは耐過魚血清から精製した抗体を接種した試験区でも有意に死亡率が低下した。ワクチンを投与した個体群の血清を接種した試験区では,ヒラマサとイシダイを除いて,有意に死亡率が低下あるいは生存時間が延長した。マダイとブリ類では, RSIV病に対する感染防御に血清抗体が関与する。
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top